ヨーロピアンチャイナペインティングとは
ポーセリンペインティングともいい、
マイセンから始まり主にヨーロッパ大陸で発達した
磁器(英語でchina)上絵付けの描写法の総称です
丸筆を用い、きりりとしたアクセントラインを効かせて
主に様式化された植物や文様を白磁に描きます 
その描いたものを炉で焼成すれば完成です
マイセンやヘレンド・KPMなど
各地の窯場で独自の発展を遂げたスタイルは
それぞれに魅力的で日本ではどのスタイルも
大変人気があリます
カップ&ソーサーやポット・お皿などの食器はもちろん
ランプやプレートなど
白磁であればどんなもにもペイントできます
自分で描いたものでいただく
お食事・ティータイムはとても優雅な気分・・・
当教室では初歩から上級者まで丁寧に指導させていただきます。
絵が苦手な方でも下絵があるので大丈夫!
筆使いにある程度慣れていけばご自分の描きたいものも描けるようになります
お問い合わせはこちらまで