←ケージ紹介はこちら
みんなでご飯はおいしいでつね♪
      
 凶暴な顔
凶暴な顔

☆寿命

 6年〜7年が主流です。
ただ、これは飼い主さんの愛情によって変わると思います。

我が家では8歳4ヶ月が最長年齢です。みんな長生きできるといいですね。

☆運動

 普段はケージに入れておいたとしても時間のあるときには外に出してたくさん遊んであげましょう。
我が家では5〜6時間は放牧しています。また完全放牧制にしたい場合は
危険の無い専用の部屋を用意してあげましょう。
齧ったり食べてしまうような小物を手の届くところに置かない、登れるようなものは作らない、家具の隙間を作らないこと
(冷蔵庫の裏側の熱い部分や洗濯機の下のローターなどは非常に危険です)などが注意点です。

☆トイレ

 フェレットは肉食獣であり、消化器官が短いので食べたものは3時間程でうんちょすになります。
うんちょすは非常に回数が多く、一日7回〜10回ほどうんちょすをします。

健康なものは、茶色でキメ細やかで艶があり、10
cmほど出る場合があります。

形状としては歯磨き粉のチューブから出るにゅるにゅるという感じです。結構リアルです。
トイレは覚えますが掃除を怠ると腹いせに全く違う場所で粗相してしまったり
怒った時(耳掃除をした、向こうの部屋に行きたいのに行かせてくれなかった)など抗議の意味で
トイレ以外の場所にする時が良くあります。
その時はむやみに怒らずになぜ違う場所にしてしまうのか理由を考えてあげましょう。

☆食べ物

 フェレット専用フードが売られています。緊急代用品として仔猫用のものでも大丈夫。
個体の健康状態によって切り替えると良いでしょう。
ただ、好き嫌いが激しく、フードの切替には注意を要します。
同じフードでも開封したてのものしか食べない子、逆に風味が飛んだものしか食べない子、
「食」に
厳しい子達がいます。
おやつですが、原則的に植物性のものは与えてはいけません。
消化できずに腸に詰まって死亡してしまう例もあります。
フェレットの腸は直径5ミリほどしかありません。

あまり大きな植物性のものは与えないようにしましょう。


犬や猫と同じように乳糖をとると下痢しますので牛乳や生クリームも
NGです。
本イタチ的には大好きらしいのですが…。好きなもの=健康にいい ではありませんので

長く一緒に暮らしたいのであればそれらは与えない方が賢明です。

もちろん新鮮なお水も用意してあげてください。
ただしミネラルウォーターは人間にはよいかもしれませんが動物にとってもそうであるとは限りません。
ミネラルが逆に結石などを
作ってしまう場合があります。水道水で十分です。
我が家では塩素が気になるため、一度沸騰させて冷ましたものを用意しています。

特徴


体重700g〜2000gまで。体長は30cm〜50cm前後です。
それぞれ個体差があります。
肉食獣なので凶暴そうな顔つきをしていますが人間に慣れます。

短い足に長い胴。ハイテンションで遊ぶ姿はかわいらしいです。

嬉しい時は鶏のように「くくく」「ここここ」と言いますが、いつもはあまり鳴きません。

 都会のマンションでも適応できます。もちろんトイレも覚えますよ。
ただ独特の動物臭があります。マニアにはこれがたまらないのですけれど。

病気になりやすいので最初の購入価格より何倍も治療費がかかります。
なので
貯金は絶対必要です。

習性は狭いところが大好きで隙間を見つけると潜り込んでいきます。
トンネルのおもちゃなどは皆大好きです。
そして何故か寝る時は当たり前のようにハンモック。何故なんだろう??

☆フェレットってなぁに?

 フェレットとはイタチの仲間でヨーロッパケナガイタチを家畜化したもの。
人間との付き合いは長く2千年以上になります。彼らは狩猟の立役者として

獲物を穴から追いだしてくれる仕事をしていました。

現在では地中のパイプを走り抜け、配線工事のお手伝いをしています。
彼らにとっては
ケーブルを通したりパイプのメンテナンスはお手の物。
ネズミに困っていた会社で、猫の代わりにフェレットを派遣して一匹残らず退治した、

なんて話も耳にします。かわいいだけじゃない、頼りになる子達なんです。