長寿祝いの由来と人気のプレゼント、金額、表書

長寿祝いの表書、金額について

長寿祝い,由来,プレゼント,賀寿祝,表書,風習,人気,金額,食事,年齢

長寿大国である日本には多種多様な長寿のお祝いが有る。
お祝い品を贈る事も少なくないかとおもうが、お祝い品を贈る時は「のし紙」を付けよう。「のし」とは、祝儀袋等の右上についた紅白の折方の事である。
のしは元々「のしアワビ」の事を意味していた。アワビを干してのばしたものを、のしアワビと呼び、昔はお祝い事に成ると贈答品に添えてよく使用されていたのである。
其の後、アワビの代わりに昆布や紙が使用されるようになり、現代ではのしが印刷された袋をのし袋、紙はのし紙と呼称されるように成った。
以前はのし紙に贈り物の内容や数、金額、自身の名前もしくは名称を記述しておくのが一般的だったが、現状では内容や金額まで記述するのはやっぱり抵抗があるため、そこまで記述する事はなく成った。
のしに記す言葉は「表書き」と呼ばれ、長寿祝いのケースの場合は「長寿御祝」「寿福」「祝★★」「★★御祝」等の言葉(★★には還暦や米寿等の言葉が入る)と名前もしくは名称を記述する。自身の好みの表書きを選定してほしいね。
のし紙には、水引も印刷されている。
水引とは本来贈り物を包む和紙で出きたリボンの事であるが、のし紙やのし袋には、あらかじめ印刷されている。
水引の結び方には2種類あり、何回も結びなおす事が出きる「蝶結び」と、1度結べばほどく事が出きない「結びきり」が有る。
「蝶結び」は、2度とおきてはいけない事、例を挙げるとお悔やみごとや結婚に使い、「結びきり」は、何回もくりかえして欲しい、と云う願いを込めてお祝い事に使用する。
長寿祝いのケースの場合、以下の長寿祝いも行いたい、との願いを込めて、白赤、もしくは金銀の蝶結びの水引を使用する。


スポンサードリンク

賀寿、還暦、喜寿の長寿祝いについて

長寿祝い,由来,プレゼント,賀寿祝,表書,風習,人気,金額,食事,年齢

今や日本では人生80年と云われており、長生きをする人がおおく成った。
このような中、「長寿祝い」を実践する機会もおおくなってきたのじゃないだろうか。
長寿祝いは「敬老祝い」「賀寿」「算賀」とも呼称されていて、以前は数え年の誕生日に実践する事が一般的だった。であるが近頃では満年齢で実践する人もいたり、誕生日に限らず、年の初めや敬老の日等に行ったりと、人おのおの多種多様な時期に行っている。
お祝いをする日にはこだわらず、本人の健康状態に合わせたり、家族や親戚が集まりやすい時期を優先させたりして実践する方が良い、と云う事であるね。
長寿祝いは古くから実行されていたが、はるか昔、平安時代では「五八の賀」と呼称される長寿祝いが実行されていた。この長寿祝い、なんと40才のお祝いだった。現代の40才と云えば、まだまだ人生これから!と云う働き盛りであるよね。
其の後、50才、60才と10年ごとにお祝いされていたと云われている。
これらの年を考慮してみると、厄年にあたる。
長寿祝いの由来は厄払いをするためであった、とも云われているのである。
室町時代に成ると五八の賀を祝う習慣は薄れ、60才の「還暦」、77才の「喜寿」、88才の「米寿」のお祝いの習慣が一般的となり、其れから何種類かの時代を経て現代まで定着していると云うわけである。
であるが現代では60才と云うとまだまだ元気一杯、現役の年であるよね。
還暦のお祝いは控えめに行い、本格的な長寿祝いは70才の「古希」や喜寿をむかえてからの方が良いかも知れないね。


長寿祝いの由来について

一言で「長寿祝い」と云っても、段階に拠って多種多様なお祝いが有る。
おのおののお祝いには、キッチリとした由来が有るよ。

 

還暦

長寿祝いと云えば、このお祝いを思い浮かべる人も少なくないのじゃないだろうか。
近頃では満年齢で実践する事がおおくなってきている長寿祝いのであるが、還暦だけは昔と同じように数え年で実践する人がおおく為っている。数え年61才で実践するお祝いのである。
誕生した年の干支に「還る」と云う意味から「還暦」と呼称されるように成った。

 

古希(こき)

70才で実行されるお祝いのである。
中国の唐の時代の詩人である杜甫(とほ)の詩の中の一節、「人生七十古来稀也」と云う言葉に由来している。
現代では人生80年と云われているので、古希を本格的な長寿のお祝いと考慮する人もおおく為っている。

 

喜寿(きじゅ)

77才で実行されるお祝いのである。「喜」と云う漢字をくずして記述してみると、縦書きで「七十七」と詠めるところから、77才の年のお祝いは「喜寿」と呼称されるように成った。
人生80年と云われる現代では、本格的な長寿のお祝いは喜寿から、と考慮している人が少なくないようである。

 

傘寿(さんじゅ)

80才で実行されるお祝いのである。「傘」と云う漢字をくずして記述してみると、縦書きで「八十」とみえるところから、80才のお祝いは「傘寿」と呼称されるように成った。
近頃では長生きする人も少なくないのであるが、やっぱり80代をむかえる事は喜ばしい事であるよね。傘寿と呼称される事から、傘を贈る人もいるそうであるよ。

長寿祝いの風習と還暦のお祝い品について

長寿祝いと云えば、「赤いちゃんちゃんこ」を想像する人は少なくないのであるよね。
長寿祝いの中でも殊更に還暦と云えば、本人が赤色の頭巾をかぶり、赤いちゃんちゃんこを身に付けて座布団に座ってお祝いを実践するのが一般的だった。
これは、本来「還暦」に「赤ちゃんに還る」と云う意味がある事から開始した事であるためす。赤ちゃんから赤いちゃんちゃんこになり、また赤には魔除けの意味もある事から、このような風習が誕生したのである。
この還暦の赤いちゃんちゃんこの風習から、古希には紫色のちゃんちゃんこ、米寿には黄色のちゃんちゃんこ・・と云った風習も誕生した。
であるが近頃では、ちゃんちゃんこを身に付けると云う儀式は少なくなってきている。
殊更に還暦の長寿祝いでは、まだあまり年寄り扱いされたくない、と考慮する人が少なくないため、大げさに実践しない風潮に有る。
であるが、お祝いする側からすると、いくら若々しくても何か感謝の気持ちは伝達しておきたいものであるよね。
近頃の還暦のお祝い品としては、どのようなものが少なくないのだろう。
赤いちゃんちゃんこは贈らないとしても、やっぱり縁起物であるため、赤色を取り入れた品がおおく為っている。
例を挙げると、財布等の小物類、スポーツをする人ならスポーツウェア等、真っ赤ではなく、ワンポイントに赤色が使用されていたり、少し渋めのワインレッドのような色の物であったりと、お洒落な品を選定している人が少なくないようである。
女性なら、口紅やアクセサリー等も良いのであるね。
これからも若々しく、人生をエンジョイしてほしい、と云うような、感謝の気持ちが伝達される品が良いだろう。

長寿祝いの人気プレゼントについて

長寿祝いには還暦や米寿等、多種多様なお祝いが有るが、肝心なお祝いに贈るプレゼントは何にしようか、考慮してしまうよね。
以前は、赤や紫のちゃんちゃんこ、と云うのが一般的だったが、近頃ではちゃんちゃんこを贈る、と云う人は少なくなってきているようである。
実用的な長寿祝いとしては、衣類が人気のあるプレゼントと為っているが、これ以外には毎日使用する「食器」なんてどうだろう。
人気のプレゼントである衣類は相手の好みをよく気付いていないとむずかしいのであるが、食器なら気楽に選定する事が出きるよね。
毎日よく使用するお茶碗やお椀、また箸や湯のみ、グラス等も良いのであるね。
お祝いの記念に成るように、名前もしくは名称やメッセージ等を入れてくれる店も有るよ。
使用するたびに、喜ばしくなるよね。
長寿祝いとして食器を選定する時に注意するポイントは、使い勝手の良いものを選定すると云う事である。
デザインも肝心であるが、やっぱり年配の方が使用するものであるため、扱いやすいものが1番である。
お洒落なものをプレゼントしたい、と云う人は、花束や花瓶、またお酒等はどうだろう。お洒落なお酒と云えばワインであるが、誕生した年のワインを贈れば、相手に喜んでもらえる事間ちがいなしであるし、途方もなくお洒落なプレゼントとなるよね。
これ以外に、お祝い事のプレゼントの定番とも云える写真たてや、年配の方に喜ばれる美しい風呂敷等、考慮してみると多種多様なプレゼントが有るよ。
どれにしようか、本当に戸惑ってしまうが、1番肝心な事は、自身の気持ちである。
相手の事を想って選定したプレゼントなら、どのような物でもたぶん喜ばれる事だろう。相手の事をよく考慮してみて、雰囲気に合ったものを選定してみてほしいね。

長寿祝いと金額について

お祝い事は喜ばしい事であるが、気に成るのはお祝い金額の相場であるよね。
長寿祝いのケースの場合、お祝いの相場はいくらくらいのであるためしょう。
長寿のお祝いには、還暦や米寿等、多種多様なお祝いが有るが、基本的にどのお祝いでもお祝い金額は同じである。
結婚式のような決定した相場はなく、全体の平均額は5千円~3万円と一杯ものと為っている。
長寿祝いのお祝い金額は贈る相手に拠ってちがう。
水準としては、両親に贈るケースの場合は2-3万円、祖父や祖母に贈るケースの場合は1-3万円、叔父や叔母等に贈るケースの場合は5千円-1万円レベルと為っている。であるが地域に拠ってもちがいるし、各家庭の中であらかじめ取り決めがあるかも知れない。
同じ立場の人と話し合い、金額を合わせておくと安心であるね。
また「子供達一同」「孫一同」等と称して、皆で同じ額ずつ出し合って、合わせて高価なものを贈ると云うのも良い方法である。
近頃では、食事をしながらのお祝い会も少なくないようである。このケースの場合、お祝い金や品物の他に、食事代も必要に成るよね。
お家でオープンするケースの場合は仕出し料理等を活用する事に成るとおもうが、そのケースの場合の料理代は5千円レベルが一般的である。
ホテルや料亭でのお祝い会のケースの場合は、1万円レベルのコース料理が一般的なようである。
お酒やジュース等の飲み物代は含有されていないので、別途必要に成る。
長寿祝いされる本人夫婦は招待とするケースの場合が少なくないので、食事代をどうするか、事前に決定させておく必要が有るね。
金額の事はなかなかどうしてむずかしいのであるが、お祝い会をオープンする前に、キッチリと話し合って、ガッツリ決定させておこう。

長寿祝いと食事について

長寿大国の日本では、還暦や米寿等、多種多様な長寿祝いが各地で実行されている。
年齢に拠ってお祝いの呼び名がちがい、地域や人おのおの、お祝いの仕方がちがう。
昔はお祝いされる本人が主催者となってお祝い会をオープンするのが一般的で、現状もこのような形でお祝いを行っている人もいるが、現代では本人の家族や身近な人が主催する事がおおく為っているね。
子供が主催者となるケースの場合、子供達と孫、本人夫婦だけでお祝い会を実践すると云う形がおおくみられる。
身内だけのお祝い会であるため形式にとらわれる事なく、皆で楽しい時間を過ごす事が出きれば良いだろう。
日にちや場所選びは本人の熱望を取り入れよう。皆が集まりやすい日を選び、食事会を実践するケースの場合は本人の好みに合わせた食事を選ぼう。
長寿祝いと云うと、和食と云うイメージであるが、それもこだわる必要はないのだ。
洋食や中華でも良いのであるし、キッチリとした雰囲気の店でなくても、皆でゆったりくつろぐ事が出きる馴染みの店でも良い。
可能であれば、子供と孫だけでなく本人の兄弟も招待しても良いのであるね。
遠くに居住しているケースの場合はなかなかどうしてむずかしいかも知れないが、普段はなかなかどうしてゆっくり談じる時間のとれない兄弟達を招待すれば、本人もたぶん喜ばしくおもう事だろう。
お祝い事で良い機会であるので、是が非でも声をかけてみてほしい。
長寿祝いについて、本人には内緒にしておき、サプライズで、なんていうのも楽しいかも知れないね。

 

 

 

 

 


【関連リンク】

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%95%B7%E5%AF%BF&tbm=blg&output=rss&num=50






SEO
loading
世渡りに使える知恵袋

新規ホスト