新宿区余丁町「住環境を考える会」公式ホームページ

   WELCOME TO THE OFFICIAL SITE OF THE YOCHOMACHI CITIZENS' LIVING ENVIRONMENT STUDY GROUP

ホーム
  建設反対の理由
  経過説明
  問題物件の詳細
  無謀な工事計画
  スケジュール
  皆様のご意見コーナー
  ネット署名運動 終了

ブログ(お知らせ)

リンク集
ENGLISH PAGE
KOREAN PAGE

会代表へ
メール

サイト管理人へメール

Yahoo!ジオシティーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余丁町住環境

 

崩壊の

 

グラウンドゼロ

 

を造るな!

 

 

 

           緊急報告

 

      東急不動産の「新宿余丁町計画」の違法性が認められた

 

2007年10月11日(木)、「新宿余丁町計画」の違法性を指摘し、建築審査会に同計画の認可取り消しを求めてきた近隣住民グループから報告があった。それは建築審査会が住民側の主張をほぼ全面的に認め、2006年に財団法人日本建築センターが下した認可を取り消すという内容であった。その決定に伴い、東急建設は翌日の12日から現場を一時撤退し始めた。東急側は今後、この決定によって浮き彫りになった問題点を改善した計画を提出し、再度認可を貰う必要が有る。今まで数え切れないほど計画の「合法性」を主張し、それを盾に強気の交渉を進めてきた東急不動産に対する不信感が高まる中で、同じく企画の「合法性」を前提に交渉の席に着いていた市民グループ「余丁町計画近隣住民の会」の間でも、「東急に騙された」という感情が広まっている。今度こそはギリギリの合法ではなく、近隣住民も納得できるような企画が求められている。 一気に静かになった建設現場では、途中まで進んでいた近隣建物との境界線工事がそのまま放置されている。南側には東急が掘り込んで出来た壮大な「崖」があり、補強対策はあくまで簡易的なものである。西側にも同様なことが言える。これらをどの位の期間放置するかによっては安全面で重大な問題に発展する可能性を秘めている。そして、強度が不十分にも係わらず、7トン車以上の建設車両を多く通してきた結果、道は凸凹に。余丁町に登場した時もそうであったが、東急の引き際も近隣住民の感情を逆なでするものである。

なお、この件に関して「余丁町計画近隣住民の会」より発信される情報は新ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/yochojukankyo/

にてご覧になれますのでよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------

[[[過去のNEWS]]]

 

住民運動終結へ

近日中に東急不動産と余丁町計画近隣住民の会との間で、ある種の合意に達する見込みです。これは住民側が東急の計画を喜んで受け入れるというものではなく、今まで東急から勝ち取った譲歩を確実に守ってもらう為に必要な手続きとして行うものです。とはいえ、合意は合意... やむを得ない大人の選択です。背景的な要素としては住民側の皆が心身ともに疲れきっていることと、区の紛争調整課からの「近々方向性を住民側が受け入れないと話し合いは決裂し、調整会議もできなくなるでしょう」という一言もありました。当初8月着工予定だった余丁町計画を年明けまでストップさせ、ワンルームを減らし(-30)ファミリータイプを増やす(+15)ことができたことは評価できるのではないかと思うが、ビルの縮小を得られなかったことは残念である。体力負けだ。しかし、東急不動産も認可が下りているので住民側との話し合いに応じる「義務」は無いところで忍耐強く交渉の席についていただいたことには感謝もしている。もちろん、住民の別グループで起こした認定取り消し要求が認められれば(何らか違法性が認められた場合)、東急は速やかにその問題を直す必要がありますが、合法であるという認識で進めてきた「余丁町計画近隣住民の会」交渉団の論点はゴミ問題、騒音、迷惑駐輪等の各論や工事協定に向けた交渉へと移っている。東急の余丁町計画がこの町にどのような影響を及ぼし、反対運動がどの程度意味有るものだったのかは、5年、10年先の余丁町を見てみないと結論は出せないだろう。

 

 

ワンルーム等

ファミリータイプ

総住戸数

当初計画案

101

11

112

11月21日住民側要望

45

39

84

11月21日東急回答

75

24

99

11月28日東急最終回答

71

26

97

 

 

「住環境を考える会」って何?

 

「住環境を考える会」はワンルームマンション全面廃止を掲げる思想団体ではありません私たちの主張は、都市部において「環境」というのは「山」や「川」といった大自然ではなく、そこに存在する住環境を意味するということです。そして、その住環境は生態系のように微妙かつ絶妙なバランスの上に成り立っている。開発業者は新しい建物を建設する際に、法令順守はもちろんのこと、住環境に十分考慮することも企業の社会的責任(CSR)であると信じています。「住環境を考える会」は、東急不動産・建設の「新宿余丁町計画」をきっかけに、もっと自分達の住む余丁町エリアについて意見交換し、かけがいのない住環境を守ると同時に「人」にやさしい街づくりに貢献することを念頭に発足した市民団体です。

 

yochomammoth2.jpg

 

東急さん、ちょっと待った!

 

東急不動産が地元住民の反対をよそに、この町に強引に建設しようとしている巨大地下室ワンルームマンション。十分な調査も説明も無く、近隣住民の声にも聞く耳を持たず、意味ある企画見直しは一切拒否。法の抜け穴により、容積率は上限の160%をはるかに超え、この地域では本来ありえない240%。最低でも112人が住むであろう巨大マンションに駐車場は1台分だけ。バイク駐車スペースも無し。常駐可能な管理人室も無し。そして建て終ったら転売し、東急不動産はその後の責任を負わないつもりだ。このマンションは抜本的な企画変更無しに建設されれば、近隣物件の資産価値を下げるだけでなく、騒音や治安面でも必ず我々の住環境そのものを脅かす存在となるでしょう。

「ワンルームマンションの何が悪い?」という声もあるが、その意見は今回の問題を十分に把握していない現れです。もちろん、ワンルームマンションこそが理想的な住居になりうる環境も世の中には存在するし、余丁町でも小規模のワンルームマンションは現に存在します。しかし、今回の決定的な違いは、ワンルームが112戸も一箇所に密集することにより色々な問題が起きる可能性が増幅してしまうことにあります。そこでワンルームとファミリータイプ住戸を半々にする等の改善により、この町の「生態系」に合ったマンション造りをしてほしいとお願いをしているわけです。地域のニーズで考えれば、この土地は建設が予定されている環状4号線(地図はこちらからご覧になれます)の影響で行き場を失っている住民の方々用に新宿区か東京都で買い取っていただけたら一番良かったと思うのです。そのほうがよほど巨大地下室ワンルームマンションよりも必要なのです、余丁町には。ですが、残念ながら土地所有権は東急不動産の手にありますので、彼らが「自分の土地」に何かを建てる権利は認めざるを得ません。東急不動産は、自分たちの建物の影響の大きさを十分に認識し、この近辺では既にワンルームマンションが過剰供給ぎみだという現実と向き合い、今後新しいマンションに入居する人たちの為にも、より良い建物を造り、住環境を守る役割を担ってほしいと思います。 余丁町の住環境崩壊のグラウンドゼロを造らないでください。



東急さん、我々は本気です!

 

企画の抜本的見直しを!

 

 

連絡先: 今 明  TEL: 03-3359-4954

会代表: 医学博士・日本医学会認定産業医 長谷 充康

著作権について:当サイトの著作権は「住環境を考える会」にありますが、自由にリンク・配布していただいて結構です。

Counter