トップイメージ

乳腺(乳腺エコー)の超音波検査について

「乳腺エコー」とは、乳腺用の超音波診断装置を使用して乳房にあるしこりが良性か悪性かを調べたり、触知されない乳がんを発見することができる検査で、主に外科・婦人科・乳腺外科などで行われています。乳腺に超音波をあて、その反射波によって腫瘍が画像化され、その形状やエコー像によって診断します。乳腺エコーによって、良性の乳腺症や腫瘍、早期の乳がんも発見することが可能です。

若年者の乳がん発見に最適

近年、若年者の乳がんの発症が増加しています。若年者の乳腺は発達しているため、乳腺超音波検査はマンモグラフィー(乳房X線撮影)に比べて正確に検査できると近年いわれはじめてきました。乳腺超音波検査は痛みもなく、X線検査のような被爆の危険はありません。妊娠中の女性でも安心して検査を受けることができるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

乳腺エコーでわかる病気

乳腺への超音波検査によって、さまざまな病気を発見することができます。主に発見できるものとしては以下の病気が挙げられます。
・乳がん
・乳腺症
・良性腫瘍 etc・・・

Copyright (C) 2007 超音波検査!. All Rights Reserved.