トップイメージ

腹部の超音波検査(腹部エコー)について

腹部エコー(腹部超音波検査)とは、腹部に超音波を入射して腹腔内の臓器や組織から返ってくる反射波を受信、受信信号をもとに腹腔内の臓器や組織を画像化して診断する検査です。腹部エコーは検査時に痛みもなく、X線撮影のような被爆の危険もないため「安全な検査」とされています。

何がわかるの?

臓器の不調は目に見えないため、体調不良などによって不安を感じている患者さんは多いものです。腹部エコー(腹部超音波検査)では、肝臓や胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などのいわゆる上腹部臓器や消化管、そして膀胱、前立腺、子宮、卵巣などの下腹部臓器の検査も行えます。ただし、肺や消化管などの気体がある部分や、骨は超音波を通しにくいことから、このような部分は苦手となります。

腹部エコーでわかる病気

腹部への超音波検査によって発見が可能になる病気として、以下のものが挙げられます。
・肝硬変
・脂肪肝
・胆石
・腎結石
・がん etc・・・

Copyright (C) 2007 超音波検査!. All Rights Reserved.