トップイメージ

超音波検査(エコー検査)とは?

超音波検査(エコー検査)は、人に聞こえない数MHz〜十数MHzの高い周波数の音波を使い、身体の中の状態を調べる検査です。
超音波検査は、肝臓・胆道・膵臓・腎臓といったお腹の中の臓器全般から、心臓や血管・乳腺・甲状腺など、肺や気体のある部分と骨の奥以外の検査が可能です。
超音波検査(エコー検査)は、X線やCTのように放射線の被曝もなく、とても安全な検査なので産婦人科の診察でお腹の中の赤ちゃんの発育具合を検査するのに使われていることは誰もがご存知だと思います。
また超音波検査(エコー検査)はMRIのように大型である必要もないことから、ベッドサイドでの検査も可能ですし、スペースの少ない個人医院(診療所やクリニック)から、大学病院など大きな規模の病院まで幅広くの医療の場で活用されています。

超音波検査の目的は?

超音波装置は小型で移動性にも優れています。 また、1回の検査で非常に多くの情報を得ることができます。 短時間で効率的に病気の状態を知ることができますので、いわゆる健康診断などのスクリーニング検査から、より精密な検査、そして緊急検査にも対応できます。
さらに超音波検査(エコー検査)は人間ドックや企業での集団検診でも大活躍しおり、最近は腹部だけでなく乳がん検診に用いられることも多くなってきています。

超音波検査の問題点?

超音波検査(エコー検査)は非常に優れた超音波検査ですが、いくつかの問題点もあります。まず一つは、骨や空気を超音波が透過できないことです。超音波検査(エコー検査)は反射波を使って検査を行ないますので、超音波が透過できない部分の検査は出来ないのです。
そしてもう一つの問題点は、検査結果が実施する「技術者の手腕に左右されてしまう」ということ。検査を実施する技術者のレベルアップがどこの医療施設でも頭を悩ます部分です。

Copyright (C) 2007 超音波検査!. All Rights Reserved.
[PR] トイザラス オンラインショップ ヒップアップ 超音波の基礎原理 ベビーマッサージ検索