教会紹介

静岡梅屋町キリスト教会のあゆみ

静岡梅屋町キリスト教会は、静岡の人々を心から愛し、この町の人々に福音を、という願いを持って始まったプロテスタントの教会です。当教会は1960年に渡辺忍、和子牧師を迎え、静岡市常磐町2-8で「静岡伝道センター」として活動が開始されました。その後1979年に現在の梅屋町4-6へ移転し、名称を「静岡梅屋町キリスト教会」に変更しました。そして2001年に渡辺義也牧師が引継ぎ現在に至っています。

教会スタッフ紹介

牧師

渡辺 義也(わたなべよしや)

1961年 静岡県静岡市生まれ 東洋大学を卒業後、地元で学習塾を開く。その後、東京のマケティングリサーチ会社に入社したが、当時バブル最盛期であった社会のあり方に矛盾を感じ、30歳で牧師になるため退職し神学校(東京聖書学院)に入学。卒業後、1995年に出身地の静岡の梅屋町キリスト教会牧師に就任し現在に至る。目下、教会の牧師業同様、3人の男の子の父親業にも忙しい毎日を送っている。

 

牧師
渡辺 忍(わたなべしのぶ)
1936年 千葉県の霞ヶ浦のほとりに生まれる
戦前、戦後の幼少時、茨城・千葉・静岡と10箇所を転居、最後に静岡市に落ち着く。お茶屋の次男坊。高校1年の時クリスチャンとなり、静岡商業高校から神学校へ進む。愛媛県の今治で2年間副牧師を務め、1960年松崎和子と結婚と同時に静岡で教会の開拓に取り組む。2001年に義也牧師に後任を託す。2010年2月よりふじえだチャペル担当牧師。
少年時代、家庭内暴力児であった経験から少年院の篤志面接委員を志し、1961年から39年間、少年の更生に協力。今も院生は心の友。

牧師
渡辺 和子(わたなべかずこ)
1937年 埼玉県寄居町生まれ
1958年東京聖書学院卒業後日本ホーリネス教団、上野ホーリネス教会に任命。1960年渡辺忍と結婚し、同年4月から静岡伝道センターにて開拓伝道に従事。二男二女の母。