頭寒足熱は、頭を冷やして足を暖める健康法の事です。

人間の体温は、上半身の温度が高く、下半身の温度が低くなりがちです。これはサーモグラフィの画像を見ても一目瞭然です。
上半身は、心臓からも近いため、比較的体温が高く維持されていますが、心臓から最も遠い下半身は普段から冷えやすいため、血液を全身へ送り出す心臓への負担や自律神経失調症を起こすなど、様々な心身の不調の原因になります。




【おすすめサイト】
冷え性や花粉症対策、美容と健康にも!

漢方座浴よもぎ蒸し

頭寒足熱健康法とは

 

人間の体で最も温度が低く冷たい場所は足先だと言われています。

 

これは、心臓から最も遠くにあるため、血の巡りが滞りやすく冷えが起こりやすいためです。

 

このような体の冷え(冷え性)に悩んでいる女性は非常に多いと言われていますが、最近では男性も冷え性で悩んでいる人が増えていると言われています。

 

どんなに重ね着をしても、体の外側から温めても、下半身が冷えていれば、体の中から生じている冷えを解消する事はできません。

 

そのため、冷えやすい足先を温める事で、全身の血液の循環を整える頭寒足熱健康法は、下半身の冷え性の改善以外にも、様々な体の不調に有効だと考えられています。

 

冷え症・生理痛・生理不順・不妊症・更年期障害に効果 よもぎ蒸し
頭寒足熱健康法は、毎日実行する事で体本来が持つ自然治癒力が高まり、体内に溜まった毒素を排出する働きが活発になるため、自然に病気になりにくい体質にする事で、病気の治療や健康維持を図る健康法として注目されています。