非クラミジア性非淋菌性尿道炎 性感染症 種類 症状 潜伏期間 検査時期


非クラミジア性非淋菌性尿道炎

非クラミジア性非淋菌性尿道炎とは

ブドウ球菌やマイコプラズマなどといった、クラミジアや淋病(淋菌)以外の細菌が原因で発症する尿道炎です。 国内での感染者数は多く、自覚症状が出にくく気付きにくい性感染症です。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の初期症状(男性)

● 排尿時の痛み
● 尿道から白っぽい膿が出る
● 尿道のかゆみや不快感

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の初期症状(女性)

● 尿道の不快感
● 排尿時の痛み
● 「おりもの」が増える

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の感染経路

口やアナルを含む全ての性交渉、タオルの共用、温泉、サウナ、プール、便器
(性交渉の経験がなくても感染することがあります。)

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の原因菌

ブドウ球菌やマイコプラズマなど様々

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の潜伏期間

1~5週間

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の検査可能時期

自覚症状があるとき

非クラミジア性非淋菌性尿道炎が進行すると・・・

● 男性の場合:尿道炎、精巣上体炎、前立腺炎になります。
● 女性の場合:子宮頸管炎、膀胱炎になります。