梅毒 性感染症 種類 症状 潜伏期間 検査時期


梅毒

梅毒とは

治療薬が発見される前は不治の性感染症でしたが現在では完治します。 症状が自然と消えるのが特徴ですが完治はしていません。必ず治療を受けましょう。

男女共通の初期症状

第1期

性器にしこりができ股や太股のリンパが腫れます。 これらの症状は自然に2~3週間で消えます。

第2期

全身に小さな赤い斑点や、赤茶色の盛り上がった湿疹が出来ます。 脱毛症になることもありますが、これらの症状は2週間~2ヶ月で自然に消えます。

第3期

皮下組織に大きいしこりが出来ます。しこりは自然と消えるが跡が残ります。
(※ 現在はほとんど感染者はいません。)

第4期

心臓や血管、脳、目に重度の障害を発症します。
(※ 現在はほとんど感染者はいません。)

梅毒の感染経路

キス、口やアナルを含むあらゆる性交渉

梅毒の原因菌

梅毒トレポネーマ

梅毒の潜伏期間

● 第1期 : 半月~3ヶ月
● 第2期 : 3ヶ月~3年
● 第3期 : 3年以上経過
● 第4期 : 10年以上経過

梅毒の検査可能時期

約1ヶ月以降

梅毒が進行すると・・・

第4期に至ると重度の障害になります。