HIVウィルス 性感染症 種類 症状 潜伏期間 検査時期


HIVウィルス

HIVウィルスとは

HIVウィルス(ヒト免疫不全ウイルス)はエイズの原因となるウィルスで、その名の通り免疫力を低下させるウィルスです。

HIVウィルスに感染すると免疫力が低下していき、やがてエイズを発症します。早めの検査・治療でエイズの発症を遅らせることが大切です。

HIVウィルスの初期症状(男女共通)

● 風邪のような症状
● 高熱
● 首周りのリンパの腫れ
● 脇の下のリンパの腫れ
● 股の付根のリンパの腫れ

HIVウィルスの感染経路

口やアナルを含むあらゆる性交渉

HIVウィルスの原因菌(ウィルス)

ヒト免疫不全ウィルス(HIVウィルス)

HIVウィルスの潜伏期間

初期症状の発症時期 : 2~8週間

HIVウィルスの検査可能時期

8~12週間以降
(血液検査でHIVウィルスの抗体の有無を確認します。正確な結果を求めるのであれば12週間後の検査が必要となります。)

HIVウィルスが進行すると・・・

エイズになります。


HIVについての詳しい解説はこちら。