金小札緋威大鎧
 

金小札緋威大鎧

<お値段は、お問い合わせください。> 江戸時代後期に制作された豪華絢爛な大鎧。 平安時代、騎射戦での防御機能と美しさを追求し、小札を糸や革紐で威して構成する日本甲冑独自の手法が完成した。なかでも大鎧は上級武士が着用したとされる最高級の優美な甲冑形式である。江戸時代になると戦闘で着用する機会がなくなった甲冑は武家の格式を示す象徴的な役割を担う様になった。そのため当世具足以前の古式が尊重され、大藩の藩主が交代する時には、大鎧も面頬、喉輪、篭手、脛当、佩楯、貫を完備した形式で造られるようになった。これらの甲冑は所有者の家格を表すだけに威儀を備えるための工夫が随所になされ、当時の工芸技術の粋がつくされた。  本作は上記のごとく復古調で造られた大鎧であるが、各所にちりばめられた金銅製金具や蒔絵の仕立てから相当に上位の家格を持った武家の注文によるものと思われ、蒔絵に菊紋を用いていることから宮家と関係を持った家柄かもしれない。いずれにせよここまで豪華絢爛につくられた大鎧は過去に慧眼した記憶がないく大名品である。

詳しくはこちら

  ↓↓  ↓↓  

金小札緋威大鎧

 


 
 

日本をロゼ紹介サイトメニュー