ロックマンシリーズ、ファミリーコンピューター、エミュレーターになり現在でも根強い人気を誇る世界のゲーム

ロックマン シリーズ


悪の天才Dr.ワイリーを倒せ
ゲーム文化を創った伝説のアクション

  
 

ロックマン攻略


ロックマンはカプコンより発売された家庭用ゲーム、ファミリーコンピューター向けのゲームソフト。個性的なキャラクターがうけ大ヒットしました。主人公のロボットロックマンの人気もさることながら各ステージに配置された敵ボスキャラの人気が高かったことも大ヒットシリーズになったひとつの要因としてあげられます。

ロックマンシリーズの第1作は、カプコンから1987年12月17日に発売されたファミリーコンピュータ専用のアクションゲーム。200X年。人々と、科学の進歩によって生み出された工業用の人型ロボが共存する時代。ある日のこと、工業用ロボット製作の第一人者であるライト博士のところへ、博士自身が開発したロボット達が次々に暴れだしたという情報が入った。

ロボットが人間を支配しようとする。これを悪の天才ワイリーの仕業にちがいないと考えたライト博士は、いつも自分の息子のように可愛がっている家庭用ロボット“ロック”を呼んだ。そして、暴走を始めた博士のロボットを回収させるべく、ロックを戦闘用ロボット“ロックマン”として改造したのである。こうして、戦闘用ロボットとなったロックマンは、自身の兄弟である6体のロボットを回収し、ワイリー博士のロボット大工場を破壊すべく、戦いへと向かっていった。

6体の敵ボスキャラを倒せばそのボスキャラの使っていた特殊武器を装備し使用することができる。この画期的なアイディアがそれまでのゲームには見られなく、その後のロックマンシリーズにも受け継がれ愛されました。

 ロックマンシリーズ                            

 

ロックマン(FC)(PS)(iアプリ)(EZアプリ)(S!アプリ)
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎(FC)(PS)(iアプリ)(EZアプリ)(S!アプリ)
ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?(FC)(PS)(iアプリ)(EZアプリ)(S!アプリ)
ロックマン4 新たなる野望!!(FC)(PS)(iアプリ)(EZアプリ)(S!アプリ)
ロックマン5 ブルースの罠!?(FC)(PS)(EZアプリ)(iアプリ)
ロックマン6 史上最大の戦い!! (FC)(PS)(iアプリ)
ロックマン7 宿命の対決! (SFC ※ニンテンドウパワーもあり)
ロックマン8 メタルヒーローズ (PS)(SS)
ロックマン&フォルテ (SFC)(GBA)
ロックマンロックマン(PSP)

ロックマンワールド(GB)
ロックマンワールド2(GB)
ロックマンワールド3(GB)
ロックマンワールド4(GB)
ロックマンワールド5(GB)

ロックマンメガワールド(メガドライブ)
ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者(WS)
ワイリー&ライトのロックボード〜ザッツ・パラダイス〜(FC)

ロックマンズサッカー(SFC)
ロックマン バトル&チェイス(PS)
スーパーアドベンチャーロックマン(PS)


日本のサブカルチャー・TVゲーム ファミコン 


ファミリーコンピュータは1980年代に爆発的にヒットした家庭用ゲーム機です。それまでインベーターゲームなどアーケードなどに限られていたゲームを家の中で好きな時間にできるようになったことで一気にゲーム人口が増えるきっかけを作ったハード機。

現在のゲームに比べ映像も音声も極めて簡素であったが内容的には奥の深いゲームや、いわゆる傑作と呼ばれるものがあり現在のゲームにはない独特の地位を築いている。またソフトによってはバグがおこる事があり裏技本なるものも発売されゲームを楽しむ要素になっていた。また当時、高橋名人なるハドソンの社員がメディアに露出、その指から繰り出される16連写は当時の子供達の憧れのまとだった。高橋名人の使うコントローラーに強化されたスプリングやバネなどが入っていると噂されたがその真相は定かではない。

本人をモデルとしたゲームソフトも出されていた。そんな爆発的な人気をほこったファミリーコンピュータだが、更にその人気に火を付けたのが人気ソフトの発売だ。俗に言うおばけソフトと呼ばれる。ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジーシリーズなどはその代表作と言える。ドラゴンクエストVに至っては発売日に徹夜組の行列ができ会社や学校を休んでまで買いに走るものまで現れ社会現象化した。生産中止までに延べ本のゲームが市場に出された。中にはくそゲーと呼ばれるものもあり千差万別だったがファミリーコンピュータが日本のゲームの創世記を担った功績は大きい。

TVゲームと日本の文化


日本は世界的なサブカルチャー王国と言っても過言ではありません。日本のサブカルチャーは今や全世界で愛用されておりその影響は多大なるものがあります。今や日本で馴染みのあるTVゲームキャラクターが、世界の国々の至るところで見かける事ができます。TVゲーム文化は経済的にも多大な影響を与えているのです。

元々サブカルチャーの定義とは絵画や純文学、クラシックなどのハイカルチャーに対し、娯楽を主目的とする趣味的文化を指しこう呼びます。趣味的なものが高じ独自の信条などからより専門的になったものを言います。元来日本にはアイドルや特撮、アニメなどの文化が昔よりありそれが社会の中で根ざしており主流な文化とも見なされています。ファミコンなどのTVゲームサブカルチャーはメインカルチャーに比べ下位文化と約す事ができますが、その影響力はメインカルチャーを時に上回るものであるためその区分けが曖昧になってきています。

特に現代日本でのファミコン及びTVゲームサブカルチャーはメディア、雑誌、本、ゲームなどがそれぞれに連動しあっていてそれぞれ個々にサブカルチャー集団ができていた一昔前とは異なり、このような文化を熱狂的に愛好する人達に対しひとくくりにおたくと呼ばれる事が多い。ちなみに海外にもおたく文化なるものが存在するが日本のそれとは比較にならない。まさに日本が世界にほこる文化がおたく文化なのである。

<PR>冊子版◆毎週更新◆人気ソフト『バンブラDX』プレイ可◆ニンテンドーDSでゲームが遊び放題・完全無料◆ゲームROM900本以上!◆ファミコン等のレトロゲームも遊べる◆R4DS等各種マジコン使用者必見!

 Copyright (C) 2009 ロックマン シリーズ All Rights Reserved. プライバシーポリシー  <PR>DS Lite  サブカルチャー情報
 セカンドライフ ドラクエ ファミコン マリオストア ネット問屋 くにおくん DVD 懐メロ プロフ 香港 通販生活 ディズニーランド


 
1