MLM・マルチレベルマーケティング、グリオとは キトサンの力で健康に 連鎖販売取引ビジネス 被害を与えないためにはマークパンサーmlm

グリオとは

ネットワークビジネス グリオとは
革新的な連鎖販売取引・MLMを採用  

  

GLIO MLM ネットワークビジネス 


グリオを聞いたことがあるでしょうか?新時代の革新的なビジネスであるMLM(マルチレベルマーケティング)を採用した画期的な会社の名称です。

マルチと言うとねずみ講というイメージがありますが、実のところこれほどに合理的なビジネスはないでしょう。商品を流通させることによって利益を生む仕組みですが、それが個人でできるのです。会社を立ち上げることなく流通業に携わることができるビジネスなのです。

グリオの商品ですが、カニ由来の「α-キトサン」とイカ由来の「β-キトサン」2種類のキトサンを効果的に配合し、キトサンの絶大なるパワーを実感できるものです。キトサンは数年前から注目されているもので他の栄養素とバランスよく摂ることによりその効果を実感できるでしょう。

グリオはMLMで良い商品を広めるという志のもと全国に散らばる会員が誠実な活動を続けています。このMLM、どのようなビジネススタイルかと言うと簡単に言えば口コミビジネスです。そのためグリオビジネスでは登録料等を払えば誰でも会員になることができますが、ビジネス的に結果を残すためには商品に対する知識、体験等が大きくものを言います。

近年MLMは浸透してきましたが、特に無限連鎖販売取引、いわゆるねずみ講と混同されることがあります。しかしねずみ講は言うまでもなく明らかに違法となっています。グリオの連鎖販売取引とは取り扱う法律も違う事から別のものであると言えます。

MLM企業情報 関連書籍  グリオ会社概要






    

 
 ■株式会社グリオ

 設立 平成4年10月  /   資本金 3000万円

 本社所在地 〒108-0023 東京都港区芝浦3-19-19 辻田ビル5F

 名古屋支店 札幌支店 大阪支店 福岡支店 京都支店 

グリオ ビジネス、ねずみ講(無限連鎖講)とMLM(連鎖販売取引)


グリオの採用しているMLMとはマルチレベルマーケティングの略です。一般的にネットワークビジネス、マルチ商法とも呼ばれています。MLMと言う呼び名は日本名、連鎖販売取引のアメリカでの呼び方です。マルチレベルマーケティング(MLM)と言う呼び名はネットワークビジネスの会社もしくはその販売員(ディストリビューター)が特に好んで使っています。マルチレベルマーケティング(MLM)はアメリカが発端のビジネススタイルでありその独特のビジネススタイルから現代の社会ではグリオビジネスが問題になることがよくあります。

連鎖販売取引は日本では「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第33条で定義されています。特定商取引法などに記された厳格な法律を遵守した活動をした場合に違法にならず活動ができると言う事になります。この内容を知らずにビジネスを活動をし結果的に違法活動をしているケースが多く問題になります。

このことは業界団体である日本訪問販売協会の連鎖販売取引の自主行動基準にも明記されています。詳しくMLMとの違いですが大きな違いは商品やサービスが介在するかしないかと言う事です。金銭のやり取りだけで組織を作っていくものをねずみ講と言います。

<PR> 健康産業界でのネットワークビジネスの落とし穴

グリオ ダイレクトセリングとシステム


現在日本にはグリオをはじめ数千社のMLM・ネットワークマーケティング企業があると言われています。その取り扱う商品も以前よりある化粧品や健康食品からサービス、投資にいたるまで多岐に渡っています。

しかしグリオのように何年も残っていく企業はわずかであり大抵は気づいたら会社がなくなっていたと言うケースもあとをたちません。雑誌やインターネットのWebサイトでMLMランキングと称しMLM企業の紹介をしているものも見受けられますが、会社、企業もしくはディストリビューターが意図的に書いているものもありあまり参考にはならないでしょう。 グリオビジネスのような MLMの利点はなんと言っても一般のビジネスと比べ全てが合理的だと言う店です。従業員なし、店舗オフィスを構える必要なし、配達、集金、在庫管理なしのダイレクトセリング、多額の資本金・保証金なし。金持ち父さん、貧乏父さんの著者、ロバート・キヨサキ氏もその著書の中で薦めています。

法律を尊守しその偏見に打ち勝ちこのパワーある画期的なビジネスを活用する事ができれば経済的に自立しよき仲間にめぐりあい"人生の成功"を手に入れる事も可能でしょう。
グリオの企業理念である予防生活のすすめはまさにこれからの時代に必要とされるものであり大きなビジネスチャンスがあると言えるでしょう。

Copyright (C) グリオ とは All Rights Reserved.