ホーム  >  目次  >  歳時記目次  >  3月歳時記  >  イースター(復活祭)


イースター(復活祭)


今日はイースターですね。クリスチャンではない私には縁がないですが、改めてどんないわれの日か調べてみました。

イースター 春分の日以降、最初の満月の次の日曜日がイースター。

イースターは日本ではあまりなじみがあるものではありませんが、キリスト教では大切な復活祭の日です。
Easter(復活祭)はイエスキリストの復活を祝うキリスト教の最も重要な祭日です。復活祭は春の自然の蘇りを祝う日でもあります。
シンボルは多産のうさぎ「イースターバニー」と生命のはじまりを意味する「卵」です。
"Easter"の語源はアングロ・サクソンの朝日の女神にちなむと言われており、その女神の祭りは春分の日に行われていました。また"Easter"は東や日の出との意味もあります。紀元325年以来復活祭は春分の後の最初の満月のすぐ後の日曜日に祝われています。
イースターは毎年、日にちが違います。その計算方法はまず、春分を計算の基点にし、その春分の後の最初の満月を探し、そしてその満月の後の最初の日曜日が復活祭となるのです。
イースターは家族が集いご馳走を食べます。子供にとって最も楽しいのは卵狩り(エッグハント)と卵ころがし(エッグ ロール)です。子ども達は競って隠された美しく染められたゆで卵を探したり、殻を割らずに坂の上からころがしたりして遊びます。
アメリカのイースターのパレードで最も有名なのはニューヨーク市のパレードで、テレビで全米に放映されます。奇抜な服装や最新のファッションが見ものです。
越前屋・くらしのミニ知識より
http://www.echizenya.co.jp/mini/mini.html

復活祭

復活祭はキリスト教の典礼暦における最も重要な祝い日で、十字架につけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する。典礼暦においては復活祭からペンテコステ(聖霊降臨)にいたる二ヶ月間は「復活節」と呼ばれる。「復活の主日」、あるいは「イースター」とも言われる。復活祭そのものは移動祝日といわれるもので、その年によって日付が変わるが、基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われている

名称と起源

英語とドイツ語以外のヨーロッパ諸言語における「復活祭」という言葉は、すべてギリシャ語の「パスカ(Π?σχα)」に由来しており、その言葉も元をたどればユダヤ教の「過越(すぎこし)の祭り」を表す「ペサー」(Pesach)という言葉から出ている。これはキリスト教の復活祭がユダヤ教の「過越の祭り」から生まれた祝い日であることを示している。ちなみに復活祭を表す英語「Easter」およびドイツ語「Ostern」はゲルマン神話の春の女神「エオストレ(Eostre)」の名前、あるいはゲルマン人の用いた春の月名「エオストレモナト(Eostremonat)」に由来しているといわれる。8世紀の教会史家ベーダ・ヴェネラビリスはゲルマン人が「エオストレモナト」に春の到来を祝う祭りをおこなっていたことを記録している。実際、復活祭の習慣の中には、このゲルマン人の祭りに由来すると思われるものもある。たとえば、復活祭に色をつけた卵を配る「イースターエッグ」や多産の象徴であるうさぎが復活祭のシンボルとされていることがそうであると考えられる。

典礼暦における位置づけ

カトリック教会やプロテスタント教会では、復活祭の前に40日の四旬節が置かれる。ただし、この40日には日曜日を含めないので、四旬節は灰の水曜日に始まり、復活祭の日に終わる。特に復活祭前の一週間は「聖週間」と呼ばれ、典礼の中で非常に重要な位置を占めている。まず復活祭前の日曜日はパーム・サンデー(日本語では枝の主日、復活前主日、棕櫚の主日、受難の主日など)と呼ばれる。この週の木曜日から土曜日までは特に、聖木曜日(洗足木曜日)、聖金曜日(Good Friday、受難日、受苦日)と呼ばれ、特別の儀式が行われる。多くの教派では復活祭の祝いが始まるのは(ユダヤ暦が日没を一日の始まりとすることから)土曜日の夜からであり、これを復活徹夜祭などと呼ぶ。特に「聖なる過越の三日間」と呼ばれる木曜日の日没から日曜日の日没までは、受難と死と復活という主の過越の出来事を忠実に再現し祝っている。

復活祭から始まる季節が「復活節」であり、ペンテコステ(聖霊降臨)の日まで7週間続く。

復活祭に関する習俗
イースター・エッグ

復活祭にかかわる習俗としてもっとも有名なものにイースター・エッグ(Easter egg)がある。これは復活祭に殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す習慣である。国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれる。近年では卵だけでなく、卵をかたどったチョコレートも広く用いられている。これはもともとヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことを結びつけたものといわれている。

イースターエッグに関連して、王侯貴族などが作成させた金銀宝石で飾られた高級美術品としてのイースター・エッグもある。特にロシア帝国ロマノフ朝のニコライ2世が母や妻に贈るために作らせたものが有名。

上記のイースターエッグの探し物遊びにちなんで、ソフトウェアの中に開発者がまぎれこませたメッセージ(開発チームスタッフへの謝辞やスタッフロール)のことも「イースターエッグ」と呼ばれる。通常の操作の範囲内では明らかになることはないが、通常は公開されない特殊な操作を行うと起動するようになっている文言や画像のことが多い。いわゆる「隠しコマンド」で、バグではなくユーモアの範囲と見なされる。
ウィキペディアより

イースターのすべて Everything you wanted to know about Easter

日本ではあまりなじみがないものの、キリスト教でもっとも重要な行事は、クリスマスではなく実は「イースター」だ。日本語では「復活祭」とも言われるイースターについて、その起源や行事などを詳しく特集。毎年日付けが変わるイースターを知るにつれ、日本とは異なる時のくぎりを持つキリスト教の世界が見えてくる。

イースターを一言で説明すると?What is Easter in one sentence?

キリスト教で、イエスの復活を祝う祭りで、キリスト教最古の儀式。

Easter is a Christian festival celebrating the Resurrection of Jesus Christ, which is said to be the oldest and the most principal Christian observance of the year.

(キリスト教では、十字架に架けられたイエス・キリストが、数日後に復活したとされている)

イースターっていつ?When is Easter?

毎年、日付けが変わる移動祝祭日で、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と決められている。具体的には3月21日から4月24日の間。

2008年は3月23日、2009年は4月12日、2010年は4月4日。

イ−スタ−当日は日曜日の1日だけだが、注意したいのは、イースター前後の期間。春に旅行やビジネスでの渡航を計画する際には、お店や役所などが休みになるところもあるので、確認してから行ったほうがよい。

ところで、西洋のキリスト教会(Western churches)では、上記の方法によってイースターの日付けが決まるが、東方正教会(Eastern Orthodox churches)では、別の計算方法を用いるため、イースターが西洋とは4〜5週間ずれることもある。

 Vocabulary
・ イエスの復活 :the Resurrection of Jesus Christ
:the Resurrection of the Lord
:the Resurrection

・ 行事・儀式 :observance
・ 重要な・主体の :principal

イースターという名前の由来は? What is the origin of the word "Easter"?

現在、説明としてよりどころとされているのが、8世紀のBedeという神父が唱えた説で、北方神話の春の女神「Eostre」に由来すると言うもの。本来はキリスト教とは関係のない異教徒の春の祭りだったが、キリスト教の布教の際に、意味を変え、普及したと言われている。寒さ厳しい暗い冬から、草木が芽吹き動物たちが繁殖する春へと移り変わる様が、十字架で処刑された後に復活したとされるイエス・キリストのイメージと重なり、統合されていったと見られている。

イースターは、古典英語では「Pasch」「Pascha」とも表す。ユダヤ教の「過ぎ越しの祭(Passover)」と「復活祭(Easter)」の二つの意味がある。

 Vocabulary
・ 異教徒・多神教の :pagan
・ 女神 :goddess
・ 神話 :myth / mythology

イースターには何をする?What do people do on Easter day?

■ イースターといえば思い浮かぶ2つのシンボル
クリスマスと言えばクリスマスツリーだが、イースターと言えば「イースターエッグ」。伝統的に、生命や復活を象徴するものとして、卵が使われてきたのではないかと言われている。卵は、「イースターうさぎ」(Easter hare/Easter rabbit)が運んできたとされ、子だくさんのうさぎは、古代より、繁栄・多産(fertility)のシンボルだ。(イギリスでは、野ウサギに「hare」という単語を使うのがふつう。アメリカでは「rabbit」や「bunny」という言い方が定着している)

■ 「たまご」を使ったイースターの風物詩
カラフルな紙や布やペイントで卵を彩って家に飾ったり、子どものいる家庭では、庭に卵を隠して子どもに探させる「エッグハント」(egg hunt)や、ホワイトハウスでも毎年行われることで有名な、丘の上から卵を転がす「エッグロール」(egg roll)、卵をスプーンにのせ、落として割らないように気をつけながら、誰が一番にゴールにつけるかを競うレース「エッグレース」(Easter Egg Spoon Race)も人気だ。イギリスでは古代演劇「ペース・エッグ」(Pace Egg)が行われる地域も。家族でゆで卵を食べたり、家族や友人など親しい人とタマゴやウサギの形のチョコレートや、中にプレゼントを入れたチョコレート卵を交換し合ったりする風習がある。

■ イースターの風物詩:パレード・カード・食べ物
「たまご」を使った様々なイベントの他に、有名なニューヨークのイースター・パレードのように、にぎやかなパレードを行ったり、生命や再生の象徴として生まれたばかりのヒナやうさぎのイラストが描かれたイースター・カードを送ったりする。

たまご以外の、イースターにまつわる食べものとしては、レーズンやスパイスを焼き込んで十字の印をつけたホットクロスバン(Hot Cross Buns)などがある。

■ 日本起源のイースターの風物詩、イースター・リリー

「イースター・リリー(Easter Lily)」と呼ばれる大きく白いゆりの花がある。いかにも古くから西洋に自生していたかのような名前だが、実は、日本起源。沖縄の「テッポウユリ」が欧米にもたらされたものだ。

白ゆりは、純潔のシンボルとして、聖母マリアを象徴する花として伝統的に親しまれてきた。よく宗教画には、聖母マリアとともにユリの花が描かれている。「マドンナ・リリー」と呼ばれるユリが一般的だったが、日本の「テッポウユリ」の凛として大きく美しい姿は、人々を魅了し、圧倒的な人気を得ることになった。

「イースター島」は、何かイースターと関係が? Does Easter Island have anything to do with Easter?

ポリネシア諸島の最東部にあるチリ領の島、イースター島は、現地の人には「ラパヌイ(Rapa Nui=偉大なラパ)」と呼ばれている。1722年に、初めてこの地を訪れたオランダ人のヤコブ・ロッゲフェーン(Jacob Roggeveen)が、自分達がイースターサンデーにこの島に到着したことを記念して「イースター島」と名付けた。

「イースターエッグ」は何かコンピューターと関係ある? Do Easter Eggs have anything to do with computers?

英語のサーチエンジンを使って「Easter Egg」というキーワードで検索すると、検索結果に何やらよくわからないコンピュータ関連サイトが並んでいて驚くかもしれない。実は、「Easter Egg」はコンピュータ業界では、ソフトウェアやホームページに、開発者が名前やメッセージなどを一見わからないように隠した「ちょっとしたお楽しみ」を意味する。イースター・エッグハントを楽しむ子供たちのように、隠された「Easter Egg」を探すのが、コンピュータ・マニアの愉しみのひとつというわけだ。

この「イースターエッグ」、普通は使わないようなキー入力の組み合わせなどで呼び出すことができ、内容は、開発チームの名前から、面白い画像や音楽、そして凝ったものでは、ソフトの中にまったく別のゲームをプログラミングしたものもあり、マイクロソフトの表計算ソフトExcel 97には、なんとフライトシュミレーションゲームが埋め込まれていた。イースターエッグ探しに凝るマニアが、自分のホームページなどでその戦果を披露している。

このようなお宝探し精神は、コンピュータの世界のみならず、音楽や映画の世界でも発揮され、それらを総称して「Easter Egg」と呼ぶことも。ビートルズの歌の歌詞カードに書かれていない部分の歌詞や、映画『2001年宇宙の旅』に出てくるスーパーコンピュータ「HAL」に込められた意味など、「Easter Egg」を集めて紹介しているサイトもある。
http://www.eigotown.com/culture/special/easter/index.shtml より



↑トップへ    2006年5月7日作成   2009年3月23日追加


ホーム  >  目次  >  歳時記目次  >  3月歳時記  >  イースター(復活祭)