amazon

ベビー用品
マタニティ

アクセスカウンター

ASOBO-SHIMON
「SHIMONの手作り工房 端材を使った木工品」&「制作のための手作り治具」 

老後の一日も楽しまずして、
 空しく過ごすはおしむべし。
 老後の一日、千金にあたるべし。     <貝原益軒>

  こんにちは、わたしのホームぺージにようこそです。
『木工品』 『ショートストーリー』 『絵手紙』 『油彩』 『短歌と俳句』 の各部屋へどうぞ。 

HOME(木工品)へ

ショートストーリーの部屋へ

絵手紙の部屋へ

油彩の部屋へ

短歌の部屋へ




(ベンチ、踏み台、玄関アーチ、棚、ボックス、3坪のテラス。などなど)

   

 

踏み台です。 2000
(H240*W300*300)

)

≪ごあいさつとして≫
最近の私はワガママになっています。
いや、ここは強調しておきたいのですが決して高齢になったせいではありません。
意識的にやっている…つもりです。
高齢になってから意識的にやっているというべきかもしれません。
もともとの出不精でもあり、出かけるのも気が向いたところか、必要を感じなければ出かけることはありません。
義理の付き合いや人ごみには原則、足を向けないことにしているのです。
おかげで他人から見れば引きこもり状態であるかもしれません。
理由はただ一つ、後味の悪い思いをするような事態に遭遇するのが煩わしいのというか面倒くさいと言うのか。
また、どちらかと言えば群れるのが苦手で、他人とのかかわり方が下手なこともあるのでしょう。
それらを引きずりたくない。自己分析をすれば小心者で横着者なのでしょう。
さして孤独が苦手でもないことも起因しているかもしれません。
一言でいえば面倒くさい私なのです。
まことに勝手ながら思いの通じる方などとのお話は望むところで、それを承知でご連絡いただけるならば誠心誠意の対応は、高齢者と呼ばれるオトナとしての常識は持っているつもりです。
ご覧いただきましてありがとうございました。    
2017年5月23日

≪このHPをご覧いただいている方へ≫
何度見ても変わり映えがしないと思われているのではないでしょうか。 たしかに・・変化が見えにくい。
本当は少しづつ各ページの作品などは増えてはいるのですがなかなか分かりにくいです。
そこで新作品をここにご紹介します。

自分では凝った足台だと思っているのですが?これで見る限りありきたりの足台です。
説明させていただくと、脚は少し外側に傾斜が付いていて、強度を高めるために台座の裏には格子に組み合わせた脚受けが、ダボとねじ釘で固定されています。
この棚受けの間隔が狭くて電動ドライバーが使えませんので脚を組み立ててから台座に固定しました。釘は埋めて隠しました。頑丈です。
(300×250×450)

なべ敷き。合板の端材を厚さ12ミリに合わせて小さく切って並べてボンドで留めてあります。他に小端でブロックを作り薄く6ミリにスライスして貼り付けたものなど、かなり手間のかかる仕事なのです。(他に5点ほどあります。)
(300×250)

≪新しい治具(補助用具)≫
トリマ・・と言ってもご存じでない方もいらっしゃるでしょう。
太さの違うビットを使い板などに切り込みを入れる。又は表面を整える道具ですが、本体だけでは使いこなせなくて細かい作業をするときは治具が必要になります。


どちらが使いやすいかこれから試してみる必要があります。
左は本体を深く沈ませることができるために刃先がよく見えて、例えば字を彫刻するなど細かい作業は楽だと思います。下段の部品には滑り止めに切り抜いた輪の内側にゴムを張りました。二段の部品をクランプで留めて固定します。
右は四角い切込みに本体のプラスチックの枠をはめ込み上から蝶ねじで固定します。こちらは刃先が約20ミリしか出せません。表面を一律に撫でて整えるにはいいと思い作ってみました。
(w300×h120×200)