アクセスカウンター

ASOBO-SHIMON
「SHIMONの手作り工房 端材を使った木工品」&「制作のための手作り治具」 

老後の一日も楽しまずして、
 空しく過ごすはおしむべし。
 老後の一日、千金にあたるべし。     <貝原益軒>

 
こんにちは、わたしのホームぺージにようこそです。
『木工品』 『ショートストーリー』 『絵手紙』 『油彩』 『短歌と俳句』 の各部屋へどうぞ。 

HOME(木工品)へ

ショートストーリーの部屋へ

絵手紙の部屋へ

油彩の部屋へ

短歌の部屋へ




(ベンチ、踏み台、玄関アーチ、棚、ボックス、3坪のテラス。などなど)

   

 

踏み台です。 2000
(H240*W300*300)

)

≪ごあいさつとして≫
最近の私はワガママになっています。
いや、ここは強調しておきたいのですが決して高齢になったせいではありません。
意識的にやっている…つもりです。
高齢になってから意識的にやっているというべきかもしれません。
もともとの出不精でもあり、出かけるのも気が向いたところか、必要を感じなければ出かけることはありません。
義理の付き合いや人ごみには原則、足を向けないことにしているのです。
おかげで他人から見れば引きこもり状態であるかもしれません。
理由はただ一つ、後味の悪い思いをするような事態に遭遇するのが煩わしいのというか面倒くさいと言うのか。
また、どちらかと言えば群れるのが苦手で、他人とのかかわり方が下手なこともあるのでしょう。
それらを引きずりたくない。自己分析をすれば小心者で横着者なのでしょう。
さして孤独が苦手でもないことも起因しているかもしれません。
一言でいえば面倒くさい私なのです。
まことに勝手ながら思いの通じる方などとのお話は望むところで、それを承知でご連絡いただけるならば誠心誠意の対応は、高齢者と呼ばれるオトナとしての常識は持っているつもりです。
ご覧いただきましてありがとうございました。    
2017年5月23日

未熟な人は感謝することを知らない。 ほめる能力が欠けていることはそういう判断をする能力にも欠けているということである。
(他人をほめる人とけなす人:フランチェスコ・アルベローニ著、大久保昭男訳)
今回の作品と上記の言葉とは関係はありません。自分の最も気を付けなければならないと戒めていることを書いておきました。

ところでこの小さな椅子兼踏み台は直径8センチほどの丸太があったのでフッと思いついて作ってみました。
まず台座に脚を傾斜をつけて取り付けてから、台座に丸太を厚さ10ミリの厚みにカットしてボンドで貼り付けてあります。
その隙間に合わせて丸太を加工して嵌めこみました。いっぺんにボンド付けはできませんので気が短い私にしてはタイヘンな根気がいる作業でした。
背部、背もたれの部分は取っ手として使えるように切り込みを入れてネジ釘で止めそこを隠してあります。
5000円の値札をつけてみましたが高いでしょうか?
(座板までの高さ25センチ前後左右25センチほどの立方体です)20180720



(280×250)

≪お別れを申し上げます。
「遊びをせんとや生まれけん、戯れせんとや生まれけん」(梁塵秘抄)
そこで私の短歌を
「遊びをせんとや生まれけん 今日からの日をゲームと思を」  
かなり以前よりすべての出来事、喜怒哀楽をゲームととらえて過ごしています。
そこはそれゲームですから他人様に迷惑を掛けたり、家族を不幸に引きずり込んでは野暮になります。遊びはすべて粋にやらねばなりません。からして実はこれが難しい。
品性や品格は「遊び」に現れます。一緒に呑みに行ったり、マージャンをやっても無意識に顕れてしまいますから油断はなりません。勢いひとり遊びが多くなり他人様から見れば引きこもり状態にも見られることでしょう。
ま それはともかく生きている限りまだ私の遊びは続きますが、このHPはYAHOOの報せによりますとこの3月を以て閉鎖されることになるそうです。
以前のカウンターを足して延べ約4千人の方に見ていただきました。
大して面白くもない自己満足のこのホームページをご覧いただきましてありがとうございました。
心からお礼申し上げます。
またどこかでお目に掛れるかも知れません。お元気でお過ごしくださいますようにお祈り申し上げております。
ありがとうございました。