足の向き

興味がないと自然に出口側に向きがちです。