元気をもらった本の紹介
 
     

    『 育ててくれて、ありがとう 』

    ボク、ママにぜひ
    つたえたいことがあるんだ。

    ボクを そだててくれて ありがとう!

    ボクがここまでこれたのは、
    ママがいてくれたから。

    ママのこどもに
    うまれてきてよかった・・・・・・・。

    育ててくれて ありがとう

    ボクは ほかのこよりも、
    よけいにママのてを わずらわせてきたね。

    なんとかここまで、せいちょうできたのも、
    ママとパパのおかげさ。

    ボクは そのことを
    いつも かんしゃしてるんだよ。

    ボクは ひとしれぬ
    ママの くるしみや かなしみを
    じっと みまもってきた。

    ボクは いつだって、
    ちいさなカラダのおくで、
    ママにがんばれ!がんばれ!
    って さけんでたんだよ。

    ボクは しっている。
    いままで ママはなんども、なんども
    くじけそうになり、たびたび うちひしがれてたことを。

    そして、ひとりぼっちで、
    なみだも かれはててしまうほど、ないたってこともね。

    ママが なきつかれて、ねむっていたとき、
    ボクは カラダからぬけだし、
    ママを そっと だきしめて、
    なぐさめていたってこと、しってた?

    みんなは ボクのことを、
    いろいろと きづかってくれるけど、
    ボクは、ボク。 ほかのみんなと
    すこし ちがうところがある、
    ただそれだけさ。 それが ボクなんだ!

    ボクたちのことを、ハンディキャップをもった
    こどもって、ひとは よぶけれど、
    ハンディキャップというのは、ひとがそれぞれ
    もっている、さまざまな「じょうけん」のことなんだ。

    ボクが このせかいに やってきたのは、
    このカラダを つかって
    どれだけのことが できるか、
    じぶんのもっている ちからを、
    ためしてみるため だったんだよ。

    そのためにボクは、さまざまな「じょうけん」を
    じぶんじしんに あたえたんだ。

    みんなだって、よくみると、
    ひとりひとり、ずいぶん ちがうよ。
    すがたや、かおだちも。

    みんなが おなじだなんて、
    そんなのおかしいし、
    ひとと ちがうってことのほうが
    あたりまえで、しぜんなことだよね。

    カラダは、ひとが このよで いきていくための
    うつわのようなものなんだ。

    そして、どのようなカラダであれ、
    それをつかって、どんなじんせいをつくるか、
    どんなことができるか、だれもが
    チャレンジして いるんだよ。

    ボクのなかまは たくさんいる。
    じぶんでは いきができないこ、うごけないこ、
    しゃべれないこ、ゆびさきや、まぶただけしか
    うごかせないこ。
    たつことも、あるくこともできないこ。
    しんぞうがよわく、めやみみが、ふじゆうなこもいる。

    とつぜん こえをあげたり、じぶんを おさえきれず、
    あばれてしまうこも いるよ。

    でも、いろんな、こんなんを のりこえて、
    みんな いっしょうけんめい、いきている。
    かぞくのみんなも、いっしょに がんばっているんだ!

    ボクらは くるしみにまけないし、
    こわがったり、めげたりもしない。

    つらいことは、えいえんに つづかないし、
    ボクたちは そのくるしみを のりこえる
    ちからをもって うまれてきたって、しっているから。

    「じょうけん」は、カラダのことだけじゃないよ。

    せいかくや、かんじかたや、そうしたすべてが
    「じょうけん」として、それぞれの「かだい」として
    あたえられている。

    そう、ひとはみな、それぞれの
    じんせいのチャレンジャーなんだ!

    ボクが あえていまのカラダを えらんだのは、
    こんなじんせいに チャレンジする
    ゆうきとちからが、あったからだってことを
    りかいして もらいたいんだ。

    それはママだって、おなじ!
    ボクをそだてるという、たいへんな じんせいに
    チャレンジしているんだよ。

    ハンディキャップって
    じつは なにかにチャレンジするための
    チャンスといってもいい。

    おおきなハンディキャップを
    かかえているひとや、そのかぞくは、
    チャレンジせいしんに あふれてる、
    すばらしい ひとたちだ。

    ひとが、マラソンで ながいきょりを はしったり、
    けわしく、たかいやまに のぼろうと
    してみたりするのは、なぜだろうね。

    ひとが それぞれの「じょうけん」のなかで
    チャレンジするのも、それとおなじなんだよ。
    じつをいうと、ひとのじんせいって、
    1かい こっきりのもんじゃないんだよ。

    だれもが、いままで なんども、なんども
    このよにうまれ、そして、さまざまな じんせいに
    チャレンジしてきたんだ。

    そして、そのとき そのときの じんせいを
    ともにすごす かぞくや、まわりのひとたちにも、
    それぞれの はたすべき「やくわり」が
    あたえられていて、みんなでともに
    せいちょうしようと しているんだよ。

    ボクは このせかいでは、
    ふじゆうのように みえるけど、
    ボクのほんとうのすがたを しったら、
    きっと ママもパパも おどろくよ。

    ボクのたましいは かんぺきさ!

    その ちからづよさと、かがやきを
    かんじてほしいな!

    ボクが このカラダを えらんで
    このせかいに うまれたってことは、
    すごいことなんだ!

    そして、きょうまで やってこれたのは
    きせきかもしれない。

    ママとパパと みんなが
    こころを よせてくれたおかげさ。

    これから、ボクが どういきていくか、
    たしかにそれは たいへんかも しれないけど、
    ボクには、なかまがいるし、てだすけしてくれる
    ひとたちも たくさんいる。

    しゃかいも、すこしずつだけど、ボクたちのような
    チャレンジャーに、りかいをふかめつつある。
    そのためにも、ボクたちは がんばっているんだよ。

    いろんな ひとが
    いろんな じんせいを おくっているけれど
    どんなに くるしいじんせいだって
    だれもが かならず、のりこえられる!

    だって、そのじんせいは、もともと
    それぞれのこころの おくふかいところで
    けいかく したんだから。

    ボクが、ママのこどもに うまれたのは
    ママにあいたかったから。
    ママのあいを、だれよりも ひつようとしたから。

    そして、ボクがパパのこどもに うまれたのは、
    パパのゆうきを、だれよりも ひつようとしたからなんだ。

    ママに そだててもらえて、
    ボク、ほんとうに しあわせだよ!
    ママ、パパ、ありがとう。

    ボクをたいせつに そだててくれて、
    ありがとう!

    これから、なんど うまれかわっても
    ボクは ママたちといっしょだよ。

    おたがい がんばって、それぞれの
    じんせいのチャンピオンに なろうね!

書籍名:『育ててくれて、ありがとう』
著者名:葉 祥明
出版社:サンマ−ク出版

BGM は楽音工房さんの『ハート』です。

戻る

 

1