元気をもらった本の紹介
 
     

    『 生んでくれて、ありがとう 』

    だいすきなママへ

    ボクは このことを どう つたえたらいいか
    ずっと かんがえてきた。

    これからボクは ママのこころに
    とてもたいせつなことを かたりかけるよ。

    ボクを うんでくれたママに
    ボクのこと もっとしってほしいから・・・。

    ママ ボクがうまれたとき
    ボクのカラダのことをしって
    おどろいたでしょう。

    ごめんね。
    ボクが みんなとすこしちがっているんで
    しんぱいしたんだね?

    でも ボク ちいさいけれど
    ほら こんなにやわらかくて あったかい

    そして いっしょうけんめいに
    いきようとしている。

    ボクのカラダは
    けっしてまちがいや ぐうぜんで
    こうなったんじゃないんだ。

    もちろん、なにかのつぐないなんかでもない。

    ボクが ほかのことちがうのには
     ふかいわけが あるんだ。

    なんだかボク 
    おかしなことを いってるみたいに おもうかもしれないけど
    このカラダそのものが ボクのすべてではなく
    そのおくにいて カラダをいかし うごかしているのが
    ほんとうのボクなんだ。

    ボクは しっていた。
    ママのおなかのなかで このカラダが できるまえから・・・
    ボクが どんなふうにうまれるかを。

    それだけじゃなく これからさき
    ボクが どんなせいかつをし
    どんなじんせいを おくることになるのかも
    ぜんぶわかって いたんだよ。

    すべて わかったうえで
    ボクは ママをえらんだんだ

    なぜって こんどのじんせいで
    ボクが チャレンジしようとしていることに
    もっとも ふさわしいカラダのボクを うけいれる
    おおきな おおきなあいが ママにあったからだよ。

    ママもこころのどこかで そうかんじていなかった?

    そう これはボクにとって たいせつなチャレンジなんだ!

    このせかいで
    ハンディキャップをもっていきることが 
    どんなものであるかを けいけんするための・・・

    このカラダで ボクは じぶんが
     どこまでがんばれるかを ためすつもりさ。

    うまく いえないけど
    このカラダは ボクじしんが のぞんだものなんだよ。

    だから ママは もうじぶんを せめたりしないでね。

    むしろボクは ありがとうって いいたい!

    こんなふうに うんでくれたママに
    こころから ありがとうって・・・。

    ボクにとって たいせつなのは
    じんせいの そのとき そのときを
    いかに いきるかなんだ。

    ふつうのじんせいを おくり
    あたりまえの せいかつをするには
    ひといちばいの どりょくが ひつようだけど・・・

    でも これは ボクにとって
    とても やりがいのあることなんだ。

    たしかにボクは いろんなこと
    ほかのこと おなじようには できないかもしれない。

    でも よおくみて!
    ボクは まいにち すこしずつ すこしずつ
    せいちょうしてるよ!

    ママは わかるでしょ。

    あたりまえのことでも ボクが このカラダで
    はじめてやれたときの よろこびは
    なにものにも かえがたいものだよね!

    ボクが せいいっぱい いきることで
    みんなに つたえられることがいっぱい あるとおもうんだ。

    いきること あいすること
     いのちのすばらしさ ふしぎさ・・・。

    それを ママやパパや きょうだいたち
    まわりのひとに かんじてもらえたら
    ボクは とてもうれしい!

    それから みんなのたすけが ひつような
    ボクのようなにんげんが このせかいには
    たくさんいるんだということを
    おおくのひとに しってもらうことも
    こんどのボクのじんせいの
    たいせつなもくてきの ひとつなんだ。

    でも じつをいうと だれもがなにかの
    ハンディキャップを かかえていきている。

    あかんぼうも わかものも おとなも おとしよりも
    せいかくだって かおつきだって たちばだってさまざま
    かんぜんなひとなんていないんだよ。

    そうなんだ ひとはみんな
    なにかしらのハンディキャップが あるからこそ
    おたがいにきずき まなべることが たくさんあるんだ!

    ママ ボクをみて!
    これがボク ありのままのボク

    だけど ママ これからさきのことを かんがえて
    おそれないで!あきらめないで!

    なにがあっても だいじょうぶ。

    このよにおこることは すべていみがあり
    むいみなことなんか なにもないんだ

    おおきな おおきな みえないちからをしんじて
    あんしんして このことをうけいれればいいんだよ。

    つらいときには そこからすこし はなれてごらん。
    そうすると みえなかったものがみえてくるよ。

    くるしみのなかにも よろこびや やすらぎもあり
    うつくしさだって すくいだってあるよ。

    しんぱいしないで
    すべては なるようになっていくからね。

    もちろん ボクだって これからさき
    うなったり おこったり はがゆいおもいをするかもしれない。

    でも そんなボクを こころのふかいところで
    じっと みまもっている もうひとりのボクがいる。

    ママも そうだよ。

    なやんだり かなしいおもいをしているママを
    ふかいところではげましたり なぐさめたり
    やさしく みまもっている そんざいがある。

    だから ママは けっして ひとりぼっちじゃない。

    じぶんひとりで くるしみをぜんぶ
    ひきうけなくてもいいんだよ。

    ボクは ママをしんじてる。

    はじめは たいへんだし つらいだろうけど
    そのうち ママはボクのためにも つよく
    たくましくなっていき
    もう どんなことにも なきごとをいわなくなる。

    むしろ ボクのようなこどもをもったことで
    ほんとうのあいや いのちのすばらしさをしり
    おもいやりの ふかいひとになるだろって。

    ボクにとっても ママにとっても
    まわりのみんなにとっても
    このいっけん ふこうにみえることも
    じつは、そうぞうもつかないほどの
     すばらしく かんどうてきなドラマだって
    いずれは おもうはずなんだ!

    ボクのねがいは、
    ママが だれにもひけめをかんじることなく
    むしろほこりをもって いきてほしいってこと。

    きそいあったり くらべたりするせいかつとはちがう
    おだやかで おもいやりにみちた やさしいせかいなんだ。

    ママも みんなも すこしずつ
    そのことが わかってくるはずさ!

    たいせつなのは ボクもママも
    いま いきているってこと。

    すぎたことを くよくよかんがえたり
    さきのしんぱいなんか しなくてもいいんだよ。

    ボクといっしょに このいちにち いちにち
    いっしゅん いっしゅんを
    ひたむきにいきようよ!

    ママ ほんとうに ボクをうんでくれて ありがとう!

    パパ ボクをうけいれてくれて ありがとう!

    みんなで とくべつの とびきりのじんせいを
    あゆんでいこうね!

 書籍名:『生んでくれて、ありがとう』
             著者名:葉 祥明
             出版社:サンマ−ク出版

BGM は楽音工房さんの『夕陽』です。

戻る

 

1