前立腺炎は10代後半からあらゆる年代に起こりうる病気です。

前立腺炎は飲酒、過労、緊張、冷え、長期の座位(車の運転)、刺激物の多量摂取、射精不足、熱い風呂などが原因となる場合があります。
しかし、これらは意識的に回避する事で自覚症状はかなり改善していきます。
前立腺炎が再発を繰り返すと慢性化してしまい、治りにくくなりますが決して命に関わる心配はありません。
心身ともにリラックスして治療を続けていきましょう。





前立腺炎の症状に
男性下着
睾丸をしっかりホールドアップ!


前立腺炎の原因

 

前立腺炎の原因は、はっきりと特定できない事も多いですが、大腸菌などの細菌が尿道から侵入する事が最も多い原因です。

 

また、尿道炎や精巣上体炎を放置していたり、不完全な治療が原因となる場合もあります。

 

クラミジアや弱毒性の細菌に感染した人は、細菌が潜伏を続けることで慢性的に炎症が続く慢性前立腺炎となる事が多いようです。

 

前立腺炎になると、排尿痛、頻尿、射精通などの症状が見られ、感染した細菌が全身にまわることで高い発熱を起こす事もあります。

 

前立腺炎の治療には、抗生物質の点滴によって回復まで約1習慣程度かかります。

 

しかし、前立腺には抗生物質の以降が悪いため、症状の安定後もしばらくは抗生物質の服用が必要となります。

日頃から下着は通気性が良く蒸れない下着で陰部を常に清潔に保つようにしましょう。

前立腺炎の診断方法は、まず指を肛門に挿入して、肛門の直上で腹側に位置している前立腺を触診します。
前立腺に圧痛や陣痛がないかを調べます。また、前立腺のまわりにある外括約筋の緊張度合いも調べます。
これらの所見が認められる時には前立腺炎が強く疑われます。