「パパの涙で子は育つ」  テレビディレクター 込山正徳のページ

 ようこそ!いらっしゃいませ。

 子育てのこと、映像制作のこと、音楽のこと・・・、などなど・・・。

 雑多な話題で構成していきます。お暇な時にのぞいてください。

 このホームページは 2007年5月24日から始めました。

→  E-mail  メールどうぞ
 

 

 

kutu.jpg 

 

 

 

PICT1510.JPG 

 

 


 








 

 




    →パパの涙    →映像制作    →音楽    →映画評論  →日々のぼやき  →日々の写真  

 

 

 「日々のぼやきブログ」を

 

 

またまた、ほかのアドレスに

 

 

立ち上げました 。 以下です。

 

 

http://papanamida.exblog.jp/

 

 

何度も変更すいません。

 

今度は、写真が大きく載せられますので。

 

 

 福島原発の歌を、作詞し歌ってみました。

 <iframe width="640" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/cWLWIUsd2jI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

「日々のぼやき」No108からブログにお引越ししました。

 No107までは、以前のままです。以下のアドレスをお願いいたします。

http://blog.goo.ne.jp/papanamida/

 

 

sarunau.JPG

 

 

 

 

 

 

ムミちゃんです。2歳です。

 

 

ちょっとおバカです。

 

 

 

mumi2.JPG mumi1.JPG

 

 

 

「パパ、カナヘビ、カワイイヨ!!!」

 

庭で、カナヘビをとっ捕まえて、

 

ペットにするナユタ。

 

 

kanahebi.JPG

 


 

作詞・込山冴 作曲・込山正徳の曲 「友だち」が、

希望ヶ丘小学校ハーモニークラブの合唱にて、披露されました。

 

その音源を手に入れました。ユーチューブにUPしましたので、是非聴いてみてください。

子どもたちのハーモニーが素敵ですよ。以下アドレスです。

http://www.youtube.com/watch?v=Z5pa2LeZmGY&feature=channel_page

 

 

私、昨日「生」で聴いてきました。

希望ヶ丘小学校のハーモニークラブの皆さんが、歌ってくださいました。

これが素晴らしい!!!

編曲と伴奏は、私の同級生の秋岸寛久さん。

この方は、プロの作曲家で、邦楽の作曲などで有名な方なのです。

指導・指揮されていたのは、高木先生。明るく生徒さんを

引っ張っています。

ビデオも回してきました。これからダビングして関係者の皆さんに

プレゼントしようと思います。

 

 

 

 

以前、ドラマ「パパの涙で子は育つ」のラスト近くで、

 

自閉症の子が書いた詩「友だち」が描かれました。

 

あの詩は、実のところ、娘・冴が実際に小学校の授業で

 

書いたものなのです。

 

その後、あの詩が、いろいろなところで取り上げられる

 

経緯がありました。そして、そして、なぜか無謀にも、

 

私があの詩に曲をつけまして、作曲家・秋岸先生が編曲

 

してくださいました。

 

小学校のPTAの方、校長先生、音楽の先生、

 

色々な方の御尽力により、2/15に大勢のお客さんの前で、

 

歌われました。

 

その数日前には神奈川新聞で記事にしてくださいました。

 

以下のぞいてください。

 

http://www.kanaloco.jp/serial/entry/entryivjfeb090215/

 

 

残念ながら私は地方に取材中にて、その発表を

 

聴くことができませんでした。

 

すごく、よかったそうで、涙を流した人もチラホラ

 

いたそうな・・・

 

娘の詩に、父親がメロディーをつけ合唱団が

 

歌ってくださるなんて、なかなか凄いことですよね。

 

ぜひ、多くの方に聴いて戴きたいので、方法考えますね。

 

 

みなさんありがとうございました。

 

 

 

 yokohama.jpg

 

  

「パパの涙で子は育つ」 ドラマ放送しました。

 みなさま応援ありがとうございました。

    フジテレビの以下のページにドラマ「パパの涙で子は育つ」について詳細があります。

 http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/07-135.html

 

SANY0117.JPG         

 

  

      

プロフィール  込山正徳(こみやままさのり)

 1962年横浜生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業後、

アジア貧乏旅行を経てフリーのディレクターに。

90年頃から主にドキュメンタリー番組を手がける。

「春想い、初めての出稼ぎ」(フジテレビ)でギャラクシー選奨受賞。

「生きてます16歳、500gで生まれた全盲の少女」(フジテレビ)でATP総務大臣賞受賞。

「めっちゃ!生きてるで、パパは無敵の障害者」(フジテレビ)はギャラクシー賞受賞また、

翻訳され世界50ヶ国の図書館に置かれる。

「われら百姓家族」(フジテレビ)は、シリーズ化され計6本放送、話題になる。

「天国で逢おう 〜末期がんウインドサーファーの家族、その愛〜」(フジテレビ)ほか

多数の番組演出に携わる。

2003年2月、11年間連れ添ったタイ人の妻が子ども2人を置いてタイに帰国。

子育て中心のシングルファーザーの生活を余儀なくされる。2003年12月正式離婚。

自由気ままに取材へ出られなくなってしまったウップンを晴らすため文章を書き始める。

「パパの涙で子は育つ(ポプラ社刊)で出版。

その間、必死の嫁探しを遂行し再婚にこぎつける。

現在は、3人の子供の父親として、仕事と家庭の両立に(一応?)努力している。

2007年6月15日「金曜プレステージ」(フジテレビ)で「パパの涙で子は育つ」

主演:江口洋介・薬師丸ひろ子でドラマ放送。

 


Counter