靴ジャーナリスト大谷知子アンオフィシャルホームページです!
本文へスキップ

大谷知子事務所 仕事の流儀CONCEPT

私は 靴環境がライフスタイルを更新していく という信念があります!



仕事履歴

2016年
大谷知子靴ジャーナリスト 流儀継続中ー
2011年
活動リセット、フリーランスとして再始動。
1997年
『シューフィル』創刊。靴好きの消費者、業界人の注目を集める。「シューフィル」の主筆として、海外を含め、取材・執筆活動を行う。また、靴業界以外の専門誌などにも執筆、講演活動も行う。
1996年
靴ジャーナリストとして単行本『子供靴はこんなに怖い』を宙(おおぞら)出版から発行。これは靴業界誌記者時代から問題意識を持っていたテーマをまとめたもので、子供の足を健康に育てるのに重要な役割を果たすにもかかわらず、日本では軽視されている子供靴の重要性をアピールしたもの。マスコミが子供靴を取り上げる契機となった。
続いて、靴文化をアピールする靴専門誌『シューフィル(“靴愛好家”の意)』の創刊に参加。
1993年
「ぜんしん」退社。靴業界誌の他、アパレル業界紙・誌、ビジネス誌に、靴をテーマにした記事を執筆。
1978年
靴業界誌『フットウエア・プレス』他、靴・皮革製品関連の出版物を編集・発行する「ぜんしん」入社。
<著書>「子供靴はこんなに怖い」(宙出版)、「百靴事典」(シューフィル)

バナースペース

大谷知子事務所
〒361-0067
埼玉県行田市下池守483-1

TEL. 0485-53-3275
FAX. 0485-53-3275