飯坂慶一君のスクラップブック

                                                                 ライン 猫

2016在京白亜36会配布資料 

 

 


 

From: Keiichi Iizaka

To: thakua36tokyo.com
Date: 2014/4/21, Mon 11:37
Subject:                    
情報その他。飯坂。

 皆さんへ 

 ご存じかも知れませんが、練馬区長選挙(4月20日投票))に菊池紘氏が立候補し、

結果は残念でしたがその志は伝わったと思います。

 19年前にも立候補しましたが、今回は現在の政権に対する危機感を募らせ、

人権派弁護士としての長年の実績を踏まえ区民に訴えたと思います。

今は、ネットで立会演説会や街頭演説なども映像をまじえて見ることができ、

菊池氏の活動の一端も知ることができました。

 彼の活動ぶりはネットで見れますので関心のある方はどうぞ!

それにしても彼の知力、気力、体力、行動力には感服します。

 趣味の登山では北アルプスや剱岳にも登頂しています。

 

 千葉在住の小林さん、藤島さんらのグループでの「岩手の歴史」研究は

どんなテーマでどのように進められているのでしょうか。

基本文献は何を使用していますか。

小生は、盛岡の歴史もよく知らないので、購読している「岩手日報」や

「街もりおか」「北の文学」「盛岡タイムス」などで郷土史の記事が出るたびに基本書にあたっています。

帰省時に「もりおか歴史文化館」(いい施設ができました)などにも寄ります。

2月には、例の黒田官兵衛の兜が公開され、今は全国を巡回しています。

兜が盛岡に伝わった背景には、栗山大膳が関わっています。

官兵衛は生前家臣の利安に与え、栗山家の家宝となった。

そして黒田藩のお家騒動で1632年、利安の子で家老だった栗山大膳と官兵衛の孫の藩主忠之とが対立。

幕府の裁きで、大膳は翌年、盛岡藩南部家へお預けとなった。

兜はこのときに大膳が盛岡に持参し、後に子孫が藩に献上した。(タイムス)

 

 間瀬さん、安井さん横浜散策の情報、写真拝見しました。

今回は所用があり参加できませんでしたが、詳細な報告もあり参考になりました。

 地元での文学散歩の会(読書会、月2回)は11年目に入り、

横浜は、中区在住の顧問の先生の案内で歩きました。

メンバーに郷土史に詳しい人がおり、青葉区は縄文時代からの史蹟もありこの面からアプローチしています。

ところで、最近の新聞記事で「横浜税関資料展示室」や「象の鼻」の紹介記事がありました。

また、購読している『横浜』(季刊、神奈川新聞社)の最新号は「ハマの建物巡り」で参考になります。

 瀬川さん、佐藤さん。このほど町田市内の三輪にある石楠花寺で有名な「高蔵寺」散策しました。

白秋の碑もありました。

町田市内散策の企画をまたよろしくお願いします。

 

 3月帰省した時、会合で一高の現状を聞きました。

今や男女半々でそのうち女子高になるよ!との冗談もでました。

話題の花巻東高校は135人の大所帯。

「雄星世代」の主将がコーチになっています。

盛岡地区も激戦が続いていますが何と言っても一高野球部の活躍がないと寂しいですね。

 

 まだいろいろありますが今日はこの辺で。4月21日 <飯坂>

 

 

 

1310IK1.jpg

1310IK2.jpg

 

131000IK2.jpg

 131000IK3.jpg

 131000IK4.jpg

 

141000IK4.jpg

 131000IK5.jpg

 

 

 131000IK6.jpg

131000IK7.jpg

131000IK8.jpg

131000IK9.jpg

131000IK11.jpg

131000IK11.jpg

i131000IK12.jpg

 

 

 

131000IK13.jpg

131000IK14.jpg


 

 

 

131000IK15.jpg

131000IK16.jpg

 131000IK17.jpg

 131000IK18.jpg

 131000IK19.jpg

 i131000IK20.jpg

 

 

 

 

 

 

2013/3/3  Sun  

120302IK1.jpg

130302IK2.jpg

 

130302IK3.jpg

1303024.jpg

 

130302IK5.jpg130302IK6.jpg

 

 

2012/11/22 Thu         11/17 入稿-2

                                     

          

 

         

 

2012/11/21  Wed        11/17 入稿 -1      

  

 

 

 

2012/10/9 The

10/3入稿分

石川啄木没後100周年 PDFファイルをダウンロード。

松本竣介生誕100周年 PDFファイルをダウンロードしてください。

紺屋町     PDFファイルをダウンロード。

盛岡暮色散歩 PDFファイルをダウンロード。

2012/10/2  Tue

121001IKimg1.jpg

 

        

 

 

 

Date:2012/6/1, Fri 14:31
Subject:                                                                     早いもので6月。





小畑さん、お元気で活動されていることと思います。

HP「白亜36会」での小生の情報の編集ありがとうございます。

友人から「見たよ!」との反応もありました。

 

       

         

                             

                                          

 

 先月、帰省し早速「岩手県美術館」で開催の「生誕百年松本竣介展」を鑑賞しました。

在職中から「竣介の絵」を求めて、大原美術館、福岡市美術館など各地の美術館巡りをして、

大川美術館(桐生市)には三度足を運びそれを文章にして『詩都』に掲載しました。

各地の美術館から作品が集められており、その膨大な作品に改めて竣介の色彩、独特の“線”に魅了されました。

たまたま、大川美術館へ行った友人から、竣介の作品がなかったとの連絡をもらいました。

 豪華なカタログを買ってしまいました。

Y市の橋(横浜の月見橋周辺)の絵(四枚)と詳細な解説にまた新しいことを教えられました。

絵を見るのもつかれますね。

前述の大川美術館長の故大川栄二さんは、「三時間かけて見るのが理想と」言っていましたが…。

 掲載頂いた「竣介」の新聞記事もうまくまとめていました。

 

 岩手(盛岡)の五月は最高と多くの人が指摘していますが同感です。

晴天で「マリオス」からの展望もいいが、下で見る、雪を抱いた岩手山と新緑の対比はいつ見てもいいですね。

 「もりおか啄木・賢治青春記念館」での「啄木と盛岡」を見て、「もりおかてがみ館」では「政治家たちのてがみ展」に感嘆!

県立図書館では復興の先覚者 後藤新平展」をのぞきました。

 翌日は、花巻の実家で二人の妹と雑作業に汗を流しました。

倒れた小屋の解体なども。

久しぶりに、バリ、元能、なたを使いましたよ。

両親亡きあと、家二軒、畑など土地は二人の妹に託し、維持管理の雑務があるので時々帰省しています。

  最後になってしまいましたが、今回の情報はスポーツです。

箱根での同期会の旅行組は、阿部君の案内で、箱根駅伝ゴール地点での説明を聞きました。

  実は、小生平塚在住時、30年間中継地点で駅伝を見続けました。

その時の作品「東京箱根大学駅伝と駅伝詩人勝承夫」(断片詩) を郵送します。

 今年の県高校総体(陸上)で母校が36年ぶりに優勝という快挙!

現在の応援風景とその記録(岩手日報記事)をともにA4版で郵送しますのでよろしくお願いします。 

 次の機会まで。 <飯坂>

 

 

2012/5/14 Mon

 

2012/6/6 Wed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             

 

 

 

 2012/5/1Wed

 

120421MT.jpg

 

 

 

 2012/5/1Wed

 

 

 

                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2012/5/1Wed 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「俳優座立花一男の楽屋噺」 収録分