さがまちコンソーシアム      森林整備体験学校
「森林整備体験学校」
11/3(日)に小津久地区にて”さがまちカレッジ「森林整備体験学校」”が開催されました。 相模原、町田地区から二十数人が参加、当NPO”森林隊”が「枝打ち、間伐」の指導を行いました。 「県政総合 センター」の相沢さんによる”森林の役割と森林整備”と題した講義の後、 山の中に移動し「枝打ち、間伐」の体験していただきました。 「枝打ち」では説明の後、実際に”枝打ち”を体験してもらい、「間伐」では木の伐採方法などを 説明した後、”森林隊”によるロープウィンチを使った間伐を見ていただきました。
教室開講のあいさつとスケジュール説明です。
「県政総合センター」の相沢さんによる講義です。  皆さん、熱心に聞いていました。
みんなで山の中へ移動です。
木登り器、ハシゴを使った枝打ちの紹介です。
リモコン操作の「枝打ち機」の紹介です。
実際に道具を使い、枝打ちを体験です。
チェーンソウの使い方などを説明
ロープウィンチを使った伐採を紹介。 木が倒れる瞬間は、やはり迫力があります。
みなさん、あつかれさまでした!!