南勢地域緩和ケアネットワーク 沿革と主な活動


トップページ

沿革と主な活動

緩和ケアとは

リンク集

 

 

 

 

緩和ケアネットワーク規約

 

 

ケア・カフェいせ

 

 

*****

 

 

南勢地域緩和ネットワークと南勢緩和ケア連絡協議会


平成25年4月17日
【設立の趣意】
  近年のがん医療における緩和ケア領域のニーズの高まりに応えるには、地域の医療者が知識やスキルを向上させていくために、 地域の医療スタッフが連携を図り情報交換する場として、定期的な協議や研修会を開催する組織を設立することが必要と考えました。 そして、平成16年5月に県立志摩病院廣津がん専門看護師の呼びかけに応える形で、山田赤十字病院(当時の名称)、 市立伊勢総合病院の3病院の緩和ケアに携わる医療従事者が連携して運営を始めました。

【現在の活動状況】
  ・年2回の定例会(事例検討会)の開催
  ・年1回の特別講演会の開催
  ・南勢地域で開催される緩和ケア講演会の後援
  ・不定期な情報交換会   など

【今後の活動】
  近年のがん医療における緩和ケア領域のニーズの高まりに応えるには、地域の医療・介護・福祉の関係機関が緩和ケアの知識やスキルを向上させることや、 連携を構築していかなければなりません。そのために定期的な協議や研修会を開催する組織を強化し、地域の関連機関ならびに関係者が情報交換し連携を図る場が 必要と考えました。 前年度まで主に県立志摩病院、山田赤十字病院、市立伊勢総合病院の緩和ケアチームのメンバーを中心として今まで活動を行ってきました。 23年度中には、新病院として伊勢赤十字病院、緩和ケア病棟稼働、県立志摩病院の緩和ケア部門の縮小などがあり、今年度は新しい地域での緩和ケアの連携を 考えるべき時期となりました。今後も、南勢地域に該当する医療・介護・福祉の機関や施設に属している緩和ケアに従事する方、あるいは緩和ケアに関心のある方に 集まっていただき、より広く南勢地域緩和ケア連絡協議会を開催していきたいと考えています。 皆様ともに積極的な活動をしていきたいと考えていますので、ぜひともご理解とご賛同をいただきますようお願い申し上げます。


■南勢地域緩和ネットワークの活動

平成30年度
議題・テーマ
・平成30年6月1日(金) 19:00~21:00 於 伊勢赤十字病院
  第11回 ケア・カフェいせ
  テーマ  「対応に困ったこと」
  参加者28名


**********

平成29年度
議題・テーマ
・平成30年3月16日(金) 19:00~21:00 於 伊勢赤十字病院
  第10回 ケア・カフェいせ
  テーマ  「お宝」
  参加者13名

・平成29年11月26日(日) 13:30~16:30 於 三重県教育文化会館
  第9回三重緩和医療研究会 当番幹事 南勢地域緩和ケアネットワーク
  第1部 一般演題3題
  演題1「在宅緩和ケア10年間を振り返って」
  坂倉ペインクリニック在宅診療所 院長 坂倉 究先生

  演題2「ハイブリッド緩和ケア病床における緩和医療、
            -特に、緩和的化学療法を施行した乳癌症例を中心に」
  藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座 准教授 伊藤 彰博先生

  演題3「がん終末期の親を持つ子どもへのチームサポート」
  訪問看護ステーションほたるいせ 訪問看護認定看護師 岡田 まり先生

  第2部 ケア・カフェ in 三重緩和医療研究会
  テーマ  「連携」
  参加者73名
(医師24名、看護師20名、薬剤師6名、MSW4名、臨床心理士2名、作業療法士2名、
理学療法士1名、管理栄養士1名、歯科衛生士1名、ケアマネージャー1名、保健師1名、
事務1名、ボランティア1名、不明8名)

・平成29年8月25日(金) 19:00~21:00 於 伊勢赤十字病院
  第9回 ケア・カフェいせ
  テーマ  「発見」
  参加者12名

・平成29年6月2日(金) 19:00~21:00 於 伊勢赤十字病院
  第8回 ケア・カフェいせ
  テーマ  「忘れられない出来事」
  参加者37名





*****
*****
平成28年度の活動
平成27年度の活動
平成26年度の活動
平成25年度の活動
平成24年度の活動
平成23年度の活動
平成22年度の活動
平成21年度の活動
平成20年度の活動
平成19年度の活動
平成18年度の活動
平成17年度の活動
平成16年度の活動