LSC関西『一万人の第九』潜入レポート
                                                                                2010.12.5
 はい、現場です。今年も『一万人の第九』の季節がやって来ました。

今回で28回目という歴史あるイベント『サントリー一万人の第九』

その会場に潜入して、一万人の第九とはどんなイベントなのかお伝えして参ります。

まずは、LSCの有志の皆さんが、第九を歌いきった後の晴れやかな表情をご覧いただきましょう。
               
 ご覧の様に、今年は12名のLSC会員が参加されました。

毎年、12月の第一日曜日に本番が行われます。この本番までが、遠く永い道のりでした。

さかのぼる事、半年前の6月に『一万人の第九』へ参加するために申し込みをしなければなりません。ここで、抽選に漏れると残念ながら参加は叶いません。

めでたく当選となれば8月から大阪や京都・神戸・和歌山それに東京などの14の会場で歌唱指導(レッスン)が行われます。

慣れないドイツ語で、しかも最終的には暗譜しなければならず、悪戦苦闘の数ヶ月を過ごすのです。12回のレッスンは2回までなら欠席できますが、3回休むと本番への出場資格が無くなります。レポーターは学生時代に『代返』で授業をサボっていましたが、一万人の第九はサボる訳には行かないのです。また、レッスンそのものが楽しいからサボる気も起こりません。

経験者は6回のレッスンを選択する事もできます。レポーターは、4回連続の参加ですが、毎回12回コースを受けています
さて、本番当日は午前9時集合です
     
 次々と会場の大阪城ホールへ集まる参加者の皆さん。時計の針は9時になろうとしています。
 残念ながら、会場内での写真撮影は禁止されているためにホール内の様子をお伝えする事が出来ません。
                              
 9時半になると入り口のドアは閉められ、遅れての入場は出来ません。

まずは、欠席者の席を埋めるために一万人が右へ左へ、あるいは前へと大移動が始まります。単純な席の移動ですが、一万人ともなると随分と時間が掛かります。

ようやく席が決まってリハーサルが始まるのは11時半を過ぎてからです。

さらにオーケストラを入れてのリハーサル、舞台転換をして今年のゲスト平原綾香のリハーサルと続きます。

リハーサルが終わると、いよいよ会場にお客さんが入って来ますが、なにしろ客より出演者の方が人数が多いのですから不思議なコンサート会場の雰囲気です。


そして、いよいよ午後3時、本番が始まりました。

オープニングは、『THE JAPANESE SOCCER ANTHEM』

日本サッカーの応援ソングとして、1994年に坂本龍一が書き下ろしたものです。

府立淀川工科高等学校吹奏楽部による勇壮なファンファーレが響きわたります。

そして、平原綾香さんのステージです。

1984年生まれで、祖父はジャズトランペッター、父はサックス奏者という音楽一家に育ち2003年ホルストの組曲『惑星』のうちの第4楽章『木星』に日本語詩を付けた『Jupiter』でデビューし、その歌唱力には定評があります。

          
 ます1曲目は、デビュー曲の『Jyupiter』

淀高吹奏楽部に、一万人の第九ではお馴染みのスーパーキッズオーケストラが加わり我々、一万人がコーラスを付けます。平原綾香と一万人のコラボレーションです。

2曲目は『威風堂々』

たった一人の自分を力強く生きていくこと『恐れず夢を持つこと』をテーマにした平原綾香からの人生の応援ソングです

3曲目は『LOVE STORY』

これは、今回『一万人の第九』へのゲスト出演が決まって、佐渡裕さんから『第九』の

『第3楽章』にオリジナルの日本語詩を書いて欲しいと依頼されたもので、この日が

初公開になります。

第九の第3楽章は『愛』の章、ゆったりとした美しいメロディーが展開します。

隣同士の音階で連なっていくメロディラインで、平原綾香さんは『LOVE STOY』というタイトルを付けました。

4曲目は『Joyful,Joyful』

『第九』のゴスペルヴァージョンで、映画『天使にラブソングを2』が有名ですが、平原さん自身が高校の学園祭でこの曲を歌ったのが切っ掛けで、音楽プロデューサーに見初められたという縁のある曲です。1万人の第九ゴスペルクワイヤと共に、一万人の合唱団も手拍子を打ち『Yeah you know me』と声を合わせてノリノリの会場となりました。

30分の休憩の後、第2部いよいよ『一万人の第九』・・・・・・我々の出番です。

   
 第九』は第1楽章から第4楽章まで通すと70分ほどあります。

その第4楽章は『歓喜の歌』がテーマです。

数ヶ月間、ドイツ語と取っ組み合いをして来て今日が集大成です。

ひとりひとりの力は微力でも、一万人が集まるとこんなに力強い音になるのです。

そして歌い終わると誰もが『ブラボー!!』と叫びたくなるのです。まさに『歓喜』です。

そして、大阪城ホール内に無数のペンライトの光が揺れる中、『蛍の光』のメロディーを

口づさみます。『また来年もここで歌いましょう!』と、初めて逢った隣りの方々と握手をして再会を誓うのです。

ポーターは、今年で連続4回目の参加になります。

去年から、『LSC一万人の第九を歌う会』に入れていただきました。初めて参加した4年前、感動の涙を流し感動に胸を打ち震わせました。その次の年も、やはり感動に包まれたのですが、熱い感動を抱えながら一人寂しく帰りの電車に揺られるのは何とも侘しいものでした

熱い感動の後には、同じ感動を共有した仲間達と一献傾けたいのが人情です。

LSCに入って、お蔭様でその至福の時を過ごす事が出来るのです。

LSC一万人の第九を歌う会は、終演後全員揃ってホテル京阪内のレストラン『ロレーヌ』での打ち上げで『第2章』を向かえます

 廣田夫人の乾杯で、第2楽章『打ち上げ』の始まりです  世話人の井藤さんは、第九は22回目のベテランです
   
 去年に続いて東京から参加の井森さん  有元さんは初参加
   
 焼酎・ウイスキー・ワインの飲み放題です  生ビールは、自動サーバーです
   
 岡本さん  井藤夫人
   
LSC第九の会では、最高齢の末兼さん  平山さん
   
 天野さんは、今年で4年連続の参加  村上さんは、去年初参加ですっかり虜に・・・
   
 いつもニコヤカな廣田さん  何故だか打ち上げだけ参加の杉田さん
   
 レポーターは仕事を忘れて酔っ払っています  時間を忘れる程、盛り上がる反省会
   
   
 

9時に大阪城ホールに集合し、打ち上げが終わったのは夜の9時でした。

12時間に渡り、皆様お疲れ様でした。

長い一日でしたが、皆さんの表情から達成感と満足感とが伝わって来ます。

来年は、まだ未体験の皆さんも是非この仲間に入って感動を共有してみませんか?

レポーターは、久し振りに心地よい酔いに最寄駅を2つばかり乗り過ごしてしまい、自宅への到着は日付変更線ギリギリになってしまいました。

以上、現場からのレポート・・本村がお伝えしました。

なお、当日の模様は地上波では、12月23日(木・祝)の 15:55〜16:53に放送の予定です。 関西地区は毎日放送、関東はTBS、北海道はHBC、名古屋はCBC、九州はRKBで。

BS放送では12月26日(日) 22:00〜22:54の放送予定です。(地上波とBSは内容が変わります)