■がんの血管内治療の奥野哲治 - Clinica E.T. -

がんの血管内治療の奥野哲治は,カテーテルの技術を駆使して,多くの末期がん患者を救って来た『クリニカ ET』,横浜市の都築区のニュータウン,その街のホテル『 ATLAS 』( 〒224-0032 都筑区茅ケ崎中央36-6 2F ) の中にあるクリニックの医師で,そのクリニックで血管内治療という治療法で難病に悩む人たちを救っているが,その治療法と効果を聞いて,世界中から末期がんに悩む人たちがクリニックを訪れている。

クリニカ E.T.の ET は,『 Endovascular Therapy 』の略称で,その治療行為はTVでも紹介され,現在は,『 こちら 』の状態のようである。

奥野哲治医師のプロフィールは,1978年に京都府立医科大学を卒業,長野県の佐久総合病院で内科医として勤務。27歳のときに血管内治療という方法を発見し,慶応義塾大学医学部で放射線治療を研究した後,足利赤十字病院放射線科に勤務。

1996年に奥野神経放射線クリニックを埼玉県熊谷市に設立。ここでの研究により血管内治療の奥野哲治として知られるようになり,2000年11月13日,がん・リウマチの血管内治療専門施設『クリニカ E.T.』を横浜市都筑区に開院。

異常な血管新生を特徴とする『がんやリウマチ』などの難病に対し,血管内治療は身体的負担を極力小さくし,最大の効果を得ることを目標として,各患者の症状生活史に合った,オーダーメイド医療の実践を可能にしている。

■クリニカ E.T.の沿革

2000年11月13日,横浜市都筑区に,がんとリウマチの血管内治療クリニック,Clinica E.T. ( Endovascular therapy 血管内治療の略 ) を開院。以降,日本各地や海外から多数の患者を治療し,前身の奥野神経放射線クリニックから通算すると治療患者数は,数年前に1万人を軽く超えている。

がんやリウマチなど異常な血管新生を特徴とする難病に対し,血管内治療は,身体の負担を極力抑え最大の効果を得ることを目標とし,患者の一人ひとりの症状や生活史を第一に考え,日帰りで行なわれる血管内治療を通して幅広い治療の選択が可能となり,オーダーメイドの医療を実践している。

2003年11月からは,体外式集束超音波HIFU治療装置 ( High Intensity Focused Ultrasound ) を中国重慶から導入し,血管内治療により縮小したがん組織を一点に集めた超音波のエネルギーで熱凝固し完全壊死させる治療です。この2つの治療法により,身体を傷つける事なく切らずにがんを治すことが可能となり,乳癌など多くの患者に外来治療として行なっている。

「他に治療が無い」と告げられた患者にも,希望のもてる治療を見い出す努力を惜しまず,できる限り日常生活の中で治療が進められるよう技術的な努力研究を続け,患者の痛みを和らげるためのペインクリニックの実施と『クリニカET』がホテルの中にあることから,遠方からの患者も付き添いの家族もリラックスしてこれらの治療に臨める。

経済不安,社会不安のなか,将来を見据えた確かな視点が試されている時代,医療の世界においても同様で,国をこえ,多くの人々から$望まれる医療とはなにかを常に考え,それをめざし厳しい自己変革,再生の努力,研究を続けている。


Copyright © 2008 がん 血管内治療

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。