診療時間
1) 噛む力を自ら負担する

歯が無くなると、それを補う方法が3つあります。まず食事の後は取り外して洗う必要がある「入れ歯」。
これは隣の歯にバネをかけてはずれにくくするので、隣の歯に若干の迷惑をかけますがさほどではありません。
ただし異物感が強く、神経質な人はなかなか慣れません。

2番目が「ブリッジ」。これは両隣の歯を大きく削って被せもの(クラウン)をつくり、これを橋桁にして無くなった歯を補うもので、噛む力は回復し異物感もありませんが、橋桁になった歯には大きな犠牲を強いる事になります。

3番目が「インプラント」ですが、無くなった歯のところにネジ型のインプラントを打ち込むわけですから、隣の歯には全く迷惑をかけません。あたかも歯が人工的に再生したわけで、インプラントならではの素晴らしいメリットです。

 
2) 噛む感覚が天然歯に近い

「入れ歯」は顎骨をおおっている歯肉の上にのっかっているので、噛む力は入れ歯が歯肉を押しつぶして感じるわけで、かなり鈍感になります。海苔をたべる時のパリパリとした食感などのような微妙な感覚を味わうのは難しくなります。

「ブリッジ」は両隣の歯を大きく削って被せもの(クラウン)をつくり、これを橋桁にして無くなった歯を補うもので、噛む力は回復し異物感もありませんが、両隣の橋桁になった歯には大きな負担がかり、犠牲を強いる事になります。さらに橋の部分には食べ物がはさまりやすく、磨きにくくなります。ひいては橋桁になる両隣の歯がムシ歯になったり、歯周病になりやすくなります。

「インプラント」は直接骨に感覚が伝わるので、ほとんど天然歯と同じに感じられます。

3)発音が障害されない

入れ歯をいれると舌がよくまわらず、相手に自分の言葉が正確に伝わっているか不安に思う方が多いようです。これは入れ歯の床の部分やバネの部分が気になるためで、インプラントではありえないことです。

 

4.インプラントを成功させる条件

ホームへ
診察室
院長紹介
治療方針
インプラント
地 図

≪インプラント≫

1)適応の診断

インプラントを埋め込むのには健康な骨質と十分な骨の幅径と高径が必要です。インプラントする部位の骨の状態を、レントゲンやCTで診断します。
全身的には、重度の循環器疾患、重度の糖尿病、骨粗鬆症などが問題になりますが、内科の主治医と相談し、その全身状態の評価に応じて、適応か否か診断します。
重度の喫煙は歯周組織の血液循環を悪化させ、粘膜の抵抗力も弱めますので、状態によっては禁忌となります。


2)メインテナンス

インプラントの歯は天然の歯とほとんど同じです。金属の歯根なので、ムシ歯にはなりえませんが、天然の歯と同じように歯周病になる可能性はあります。インプラントを支える骨が、歯周病で吸収してしまえば、抜去せざるえをえなくなることもありえます。
天然の歯と同じように、3~6ヶ月おきに定期的に健診し、クリーニングすることが必要です。


3)患者さんの理解
患者さん自身がインプラントについてよく理解し、診断、治療、メインテナンスに協力してもらえることが、成功の最大のポイントになります。



≪当院の平成24年2月までの実績≫

≪おおまかな手術の流れ≫

≪術後に大事なこと≫

3.インプラントの短所

体の中に人工物をいれることは珍しいことではありません。
整形外科の人工関節、循環器のペースメーカー、眼科の眼内レンズ、美容外科のプロテーゼなど枚挙にいとまがないほどです。
歯科のインプラントとこれらとの決定的な違いは体の内にしっかりと包み込まれているか否かという点にあります。

人工関節にしろペースメーカーにしろ体の内に固定され、丈夫な皮膚に被われていますが、歯科のインプラントは顎の骨に固定されてはいますが、歯肉を突き破って口腔内に露出しています。
露出する境目(上皮付着部)はどうなっているのでしょうか。そこはいわば傷口が常に開いた状態なのです。
したがって歯科のインプラントは医学的に無理があり、大学での研究対象にはなりえませんでした。

しかも大学の口腔外科には開業医でいれたインプラントの失敗例が多く訪れ、その後始末におわれたこともあり、
大学の口腔外科医はインプラントに否定的な印象をもっていました。
現に私も在籍中(東京医科歯科大学第2口腔外科、昭和50年〜63年)は批判的な考え方でした。

 昭和50年から60年頃のインプラントは、インプラントの素材が様々であり、サファイアピン(セラミック)や、バイタリウムと称する合金や、サンゴまでつかわれる状態で、必ずしも骨としっかりと結合せず、感染して失敗するケースがかなりありました。
一方、ヨーロッパでもインプラントの研究が盛んに行なわれ、スウェーデンのブローネマルクがチタンのインプラントを開発し、
画期的に成功率をあげました。
もともと医学実験につかっていたチタンが、骨に強固に統合(osseointegration=オッセオインテグレーション)することを発見し、
ねじ型のインプラントを開発したのが成功のポイントでした。

骨への統合が確立すると、感染さえしなければ上皮付着部も上皮とチタンが接して安定することが確認されました(完全な解決にはなっていませんが)。
それと類似のチタン製のインプラントをスイスのITI,ドイツのIMZなどが提供するようになり、チタン製のインプラントの開発が盛んになりました。

 ブローネマルクが日本に上陸するにあたって私達の医局に来て(60年頃)、失敗したくないので口腔外科の先生達にまず使って欲しいと言ってきたように、インプラントを提供する会社も慎重になり、手術する歯科医を選別するようになりました。
会社が主催する研修会に参加しないとインプラントは販売されないようになり、術式もマニュアル化され、より安全性がたかまりました。
 
このような時代の流れから、大学にもインプラント科が新設され、研究がおこなわれてくるとともに、骨への統合力が向上したインプラントが次々に開発され、治療成績の向上とともにインプラントが高い評価を得るようになってきました



2.インプラントの長所

1) 適応症例が限られる

インプラントは骨の中にチタン製のネジクギを打ち込むので、十分な骨の幅と高さが必要です。レントゲンやCTで骨の状態をよく調べますが、十分な大きさが確保できないと、手術はできません。

また、重度の循環器疾患、糖尿病、骨粗鬆症などの全身状態によっては、手術ができないこともありますので、主治医との連携が必要です。過度の喫煙も、抹消血管の循環を低下させ、粘膜の抵抗力も減弱させるので、のぞましくありません。


2) 手術が必要

症例、うつ本数によって異なりますが、1〜2時間の手術(局所麻酔)が必要で、患者さんの全身状態も問題になる場合があります。


3) 高価

口腔癌で顎を一部切除したような特別な場合以外は、保険は適応されず、自費治療になります。

一般的なインプラントの1歯あたりの費用は、症例の難しさで使う材料や器具が異なるので、一概には言えませんが、インプラント植立手術で20万円から25万円、さらに上部構造が10万円から15万円程度かかります。

 
院長より
訪問診療

1.インプラントとは