(毎週)           (毎週)

タキソテール+ハーセプチン

 

 ☆.。.:*・☆ 闘病記録 ☆.。.:*・☆

 

                                  ≪タキソテールってどんな薬?≫

                                      一般名・・・ドセタキセル

                                      西洋イチイという植物の樹皮から単離合成された抗がん剤。

                 細胞の分裂にかかわっている微小管というものの働きを阻害することによって、がん

                 細胞の増殖を抑制します。

 

        ≪ハーセプチンってどんな薬?≫

                                    ★HER2タンパクってなに?

                 通常の乳がん細胞はゆっくりですが、中には増殖のスピードが速い細胞があります。

                 細胞の表面に「増殖に必要なえさを取り込むための手(受容体)」を持っているものが

                 あることがわかりました。この手を持っている細胞は、持っていない細胞にくらべ、えさ

                 をたくさん取り込むことができるので、活発に増殖すると考えられています。

                 このえさを取り込むための手は、「HER2タンパク」と呼ばれています。

                 ★HER2タンパク  

                 0 … ほとんどない人  1+ … あまりない人  2+ … かなりある人  

                 3+ … たくさんある人      〔−・0   1+   2+   3+〕

                 強陽性の3+の人とあるいは、HER2遺伝子の量が多い人はハーセプチンの治療の

                 対象になります。2+の人も遺伝子の量が多い場合には、治療の対象となります。

                 ★ハーセプチンの役割

                 「ハーセプチン」は、この手を抑える「手錠」のような働きをする薬です。

                 細胞は、手に手錠をかけられるため、増殖に必要なえさを取り込むことができなくなり、

                 兵糧責めにあう形で抑えられることになります。

                 「分子標的薬」と言われる新タイプの抗がん剤です。

 

        ≪薬の投与順番≫

         点滴 .織ソテールによるアレルギー症状を予防します。(投与時間:約10分)

                     デカドロン・・・アレルギー症状を予防。また、吐き気やむくみを抑える作用もある

                     ポララミン・・・アレルギー症状を予防。

                     ザンタック・・・アレルギー症状を予防。胃酸の分泌を抑え、胃の症状を和らげる

                              また、デカドロンによる胃腸障害を予防する作用もある

    

                点滴◆々海ん剤による吐き気を抑えます。(投与時間:約30分)

                                          カイトリル・・・抗がん剤による吐き気を抑える。

 

                点滴 抗がん剤 (投与時間:約1時間)

                      タキソテール 40

                                  

                点滴ぁ々海ん剤 (投与時間:約1時間30分)

                      ハーセプチン 初回・・・160咫 。臆麑椣聞漾ΑΑΓ牽悪

 

                ≪血液の正常値は…。≫ 

                                      WBC (白血球):3500〜9100  RBC (赤血球):376〜500  HB (血色素):11.3〜15.2

                                       HT (ヘマトクリット):33.4〜44.9   PLT (血小板):13.0〜36.9  赤印は正常値より低い 

 

                                    ≪副作用の主な目安≫

                                     ★タキソテール

                 必ず起こる ・・・ 脱毛・白血球数低下

                                     ときに起こる ・・・ 疲労感・関節痛・筋肉痛・口内炎・味覚の変化・爪の変化・便秘・めまい

                              しびれ・肝臓機能異常

                             むくみ(点滴の回数が増えるにつれて現れてくることが多い)

                 まれ ・・・ 軽い吐き気・食欲不振・血圧低下・不整脈・間質性肺炎

                 極めてまれ ・・・ 強いアレルギー症状

                 その他 ・・・ 軽いアレルギー症状(息苦しさ・胸の苦しさ・発疹・かゆみ・顔のほてり)

                                      

                 ★ハーセプチン

                 インフュージョン・リアクション ・・・ 発熱・悪寒等(投与後24時間以内に現れる一連の症状)

                                      38度以上の発熱(10人中4〜5人)

                                      悪寒・全身の倦怠感・熱感・ふるえ・吐き気・嘔吐・

                                      食欲低下・頻脈・ときどき感(10人中1〜2人)

                                      これらの症状は初回投与時のみで、2回目以降は症状

                                      が軽くなるか現れないことが殆どです。

                 まれ ・・・ 心不全

                 極めてまれ ・・・ ショック・呼吸不全・肝不全・白血球低下・腎障害・昏睡・敗血症

 

                 ≪投与・カウントの仕方≫    

 

1日(初回)

1回目

8日目(二週間目)

2回目

15日目(三週間目)

3回目

29日目(四週間目)

4回目

タキテソール

投与

投与

投与

お休み

ハーセプチン

投与

投与

投与

投与

                               四週間(4回投与)で1クールとカウントする。

 

                                    ≪投与期間・全4クール≫

                                      1クール目 H18(2006)    

                   1回目   8月23日   2回目    9月1日    3回目    9月15日     4回目   9月22日

                                      2クール目 H18(2006)    

                   1回目 10月6日    2回目 10月13日   3回目 10月20日    4回目 10月27日

                                     3クール目 H18(2006)    

                   1回目 11月9日    2回目 11月16日   3回目 12月 1日    4回目 12月 8日    

                                      4クール目 H18・19(2006・2007)               

                   1回目 12月15日   2回目 12月22日   3回目  1月 5日    4回目  1月12日 

    

 

      投与詳細