野津町には何があるんかえ?

野津町の位置

野津町は大分県臼杵市にある農山村です。東は豊後水道に面した臼杵湾を臨み、南西部に山間部が広がっています。豊かな自然が広がる温暖な地域です。

豊の国 吉四六の里

野津町 は 大分県 の民話の代表格「野津の吉四六さん」で有名な町です。「吉四六さん」は実在した人物で、本名を廣田吉右衛門と言います。廣田家は、代々小庄屋を務め苗字帯刀を許された由緒ある家柄でした。

江戸時代初期に、現在の 野津町野津市 で生まれ 88 歳で亡くなったといわれていますが、廣田吉右衛門の名は代々世襲されており実に 11 代まで続いています。とんち・奇才で有名な「吉四六さん」は初代廣田吉右衛門(1628年~1715年)がモデルと言われています。

古くからそのとんち物語が語りつがれ今なお人気のすたれることを知らない「吉四六さん」は、その当時から年貢のとりたてに苦しむ庶民の味方になったり、つらく厳しい時代であっても、庶民の相談役となり持ち前のとんち・奇才で人々の難儀を救ったと言われています。

 

 

野津町の見どころ!

風連鍾乳洞

風連鍾乳洞は大正15年に発見された国指定の天然記念物!外気の侵入が少ない鍾乳洞のため日本一美しいとも言われる程鍾乳石に光沢があります。

  風連鍾乳洞      風連鍾乳洞

吉四六ランド

グラウンドや野球場のある総合レジャーパークです。園地内にある2000本のソメイヨシノは大分県下有数のさくらの名所となっております。

吉四六ランド

金明孟宗竹

金明孟宗竹(きんめいもうそうちく)は孟宗竹(もうそうちく)の突然変異で発生したものです。特長は竹自体や葉に線が入っていることで縞の入り方でキンメイチク型と縦縞型に分けられます。他県にも数箇所金明孟宗竹が見られるところがありますが、2つの型の竹が同時に生えているのは野津町のこの地域だけで、学術的にも価値が高いといわれています。大分県指定の天然記念物にも指定されています。

金明孟宗竹 金明孟宗竹

九重塔普現寺普現寺

石造九重塔

(左の写真1枚)

鎌倉時代に建立された国指定の重要文化財です。

 

普現寺

(右の写真2枚)

お寺の境内には約200本ものもみじがあり、紅葉シーズンにはライトアップがあります。

落ち葉でできた赤や黄色のじゅうたんが目を楽しませてくれます。

 

▼野津町・臼杵市の観光の詳細はこちらへ

臼杵市の観光情報

野津町の観光情報