香椎宮の狛犬

 

神社で見かける「狛犬」(こまいぬ)の像、この対の狛犬にはどんな歴史と意味が込められているのでしょう。ルーツなど調べてみましたが、諸々の説があって定まっていません。そんな中で、一般的に理解されている各々の説を集めて、うっちゃんなりにまとめてみました。

狛犬は獅子や犬に似た空想上の生き物で、神社の守護獣です。まずルーツですが古代インドのようです。仏の両脇を守る動物としてライオンの像を置いたのが起源とされています。ライオンは夜寝ている間も、目を開けています。それで、守護獣として選ばれたのでしょう。仏教と共にライオンも中国に伝わりますが、中国にはライオンがいません。そこで空想のライオンとして産み出されたのが獅子です。中国では現在も家や墓の門番として、入り口に獅子が据えられています。平安時代の頃は、日本と中国は既に船で往来がありました。獅子は直接、日本に伝わってきます。一方朝鮮半島を経由して伝わった獅子は頭に一本の角がある高麗(こうらい)の犬、つまり高麗犬(こまいぬ)・狛犬として別の姿で日本に入ってきます。

 

 

 

日本の神社仏閣の最初の守護獣は、左に狛犬、右に獅子のスタイルがいつの間にか出来上がったみたいです。時代の流れの中で、この2頭を合わせて「狛犬」と呼ぶようになり、像形は左右とも獅子に似たものが主流となって行きます。高麗犬の角については、これぞという説が見つかりませんでした。現在は角の無い像の方が多く見られます。

 

         角がある左側の狛犬(口は吽形)

         右側の獅子(口は阿形)

全ての狛犬がそうではありませんが、右の狛犬は口を開け、[あ]と言っています。左は口を閉じて、[ん]と言っています。右が雄、左が雌との説もありますが、定かではありません。全国の所々に性器が掘られた狛犬がいます。それを見ると右が雄、左が雌となっているようですから、口の開け閉めによる説が全く間違いでもありません。口の開け閉めは、あ(阿)ん(吽)形式と言って、お寺の山門を守る仁王像と同じです。もう一度インドまで逆戻りますが、古代インドのサンスクリット語では「あ・阿」は「最初」と言う意味、「ん・吽」とは「最後」と言う意味です。阿吽(あん)とは、陽と陰など相対するもの、生と死、森羅万象、宇宙を意味しているそうです。ここまで話が進むと、良く解かりません。うっちゃんが知っている言葉は「阿吽(あん)の呼吸」だけ。しかし不思議なのは日本語のあいうえお50音は、「あ」が最初で「ん」が最後、なんでそうなるのでしょう。世界中の言語は何かで繋がっているのでしょうか。

さてここで香椎宮の綾杉手前の石段下、両脇の狛犬を見てみましょう。

     香椎宮狛犬(左)

  香椎宮狛犬(右)

1844年の江戸時代に制作されたものです。他の神社の狛犬を見て香椎宮に来られた方は少しびっくりされます。香椎宮の狛犬は顔が極端に小さくて、足は筋骨たくましい迫力ある姿をしています。凄まじい緊迫感が漂います。元来の狛犬(高麗犬)のように左側は角があります。うっちゃんは筥崎宮鳥居横の狛犬が同じ格好(頭はこれほど小さくは無い)をしているのを思いだしました。これは元寇を撃退した「八幡神」と関係あるのではないか、と。海外の敵から日本を守る八幡神(応神天皇)とその母を祀るのは筥崎宮と香椎宮。その狛犬たちは外敵に睨みを利かせる為に、どっしりと威風堂々の姿をしていなくてはいけないのです。体を大きく見せるテクニックが使われているのだと思います。立派な狛犬です。2匹の間を通り抜けて綾杉の方へ向かうと、力を分けて頂いた感じさえします。

*左側の狛犬(吽うん形)は香椎宮の開運スポットに繋がっています。

余談ですが、インドの守護獣であるライオンは西のメソポタミアやエジプトに向かい、エジプではスフィンクス(体がライオン、頭部が人間)が王家の墓を守っています。中世ヨーロッパでは名家の家紋に守護獣としてライオンが使用されています。英国王室チャールズ皇太子の紋章にもライオンが入っています。中国から琉球へ渡った獅子はシーサーとなって屋根の上から家を守っています。天神町の三越デパート入口の2頭のライオン、これも守護獣としての役割なのでしょうか。

香椎宮探訪

香椎浪漫