ス當乃椶諒杠眦啓

 

 

 香椎宮正面、参道から二の鳥居を通って、太鼓橋を渡ると左手に御池(菖蒲池)があります。その池の中島に鎮座しているのが弁財天社です。

弁財天(べんざいてん)様はインドの水の神様(女性)であり、音楽の神様とも言われています。もう一つ、言葉の神様とも言われています。仏教とともに日本に来た時の名前は、「弁才天」でした。「弁」(言葉)の「才」が優れた女神、と言うことでしょう.

 

 しかし日本では本来の水神として、水がもたらす五穀豊穣を願うために各地の川や池の周りに祀られました。私はこの御池はもともと香椎川から水を引き込んだ灌漑用水池だったのだと思います。当時はこの用水池が香椎高校、香椎駅辺りまでの水田を潤していたのでしょう。古代の稲作は水の管理が命です。人々は弁才天様に灌漑用水池の水を守ってもらっていたのです。

江戸時代になり「弁才天様にお参りすると財産が増えた」との話が広がり、各地の弁才天は蓄財の神様として信仰されるようになります。名前の文字も「弁才天」から「弁財天」に変わりました。そして「七福神」の一員として縁起物の「宝舟」に乗るようになります。

 

 

(香椎宮の弁財天様)

 御池の中島に渡り、祠を覗いてみると「弁財天様」が見えました。琵琶を弾いておられました。なるほど、音楽の神様ですからね。そう言えば「宝舟」の上でも琵琶を弾いていますね。話が逸れますが、「七福神」の中にただ一人日本の神様がいます、誰でしょう? 恵比寿(えびす)様です。弁才天様、大黒天(だいこくてん)様、毘沙門天(びしゃもんてん)様、3人がインドの神様。福禄寿(ふくろくじゅ)様、寿老人(じゅろうじん)様、布袋(ほてい)様、3人は中国の神様です。

 

 

 

 香椎の弁財天様は宗像大社(辺津宮)の水の神である市杵嶋姫神(いちきしまひめのかみ)と神仏習合して、神社の祭神として祀られるようになりました。神功皇后の朝鮮進出の時は、宗像の胸形氏(海人族)がその渡航を応援しました。水の神であり航海安全の女神である宗像の市杵嶋姫神が、ここ香椎宮の弁財天社に祀られているのは何か大きな縁で繋がっているのでしょう。市杵嶋姫神は水の神様ですから、日本各地の水に関わる神社にも祀られています。湘南の江の島神社、宮島の厳島神社などです。厳島(いつくしま)は市杵嶋(いちきしま)が転化したとのことです。香椎宮の二の鳥居を通って一番はじめの社(やしろ)ですから、必ずご挨拶しておきましょう。静かな池の真ん中で琵琶の音(ね)が聞こえたら、願が叶うそうです。

            香椎宮探訪

                         香椎浪漫