香椎物語

 

 

「香椎物語」は町の中の小さな小さな短編物語です。

第一話  「病室の窓から見えた香椎海岸」

第二話  (未 定)

 

 

 

(作:うっちゃん)

 

 

第一話  「病室の窓から見えた香椎海岸」

 

 

 

この作品は亡き三小田尚子さん(当時香椎原病院勤務)に捧げます。

 

国道3号線が香椎川を渡り過ぎると、その少し先に御島橋(みしまばし)の交差点がある。交差点から西に少し入ったところに、4階建ての御島橋病院(仮称)がある。病院の前の道路は、松本清張「点と線」の事件現場(海岸)に向かう道として知られている。 3月下旬の春を感じる暖かい朝、3階の302号室に看護婦の前川千恵子(仮名)が入ってきた。

「尚ちゃん、おはよう。今日は体調どう。」

「あっ、千恵ちゃん、おはよう。今日は痛みも無いし、とても良いみたい。」

と三田尚子(仮名)が答えた。尚子は癌だった。今年の初めに余命6ヶ月との診断が出ていたが、家族の希望でそのことだけは本人に知らされていなかった。

尚子と千恵子は香椎小学校・香椎中学校の同級生で大の仲良しだった。尚子は仕事をしていた博多の会社近くの病院で、2年ほど治療をうけていたが、2週間ほど前に本人の希望で、生まれ育った香椎の、しかも幼なじみの千恵子のいる病院へ移ってきたばかりであった。

千恵子は窓のカーテンを開けながら「私たちが小さいころは、松林が続く香椎海岸で良く遊んだね。それからね、来週は香椎宮の桜も、長谷ダムの桜も満開になるらしいよ。今年は無理だけど、体が良くなったら、以前のように一緒に花見に行こうね。」千恵子は二人で遊んだ頃のことを懐かしく思い出しながら、尚子の不運を悲しんだ。そして、尚子に分らないように、あふれてきた涙をそっとハンカチで拭うと、言った。

「ところで、尚ちゃん。今日ね、平戸から腰を骨折した女性の患者さんが、この病院に越してくるの。御島橋病院の専門の先生に診てもらうのだって。それで、尚ちゃんと同室になるので宜しくね。」

「うん、分った。私の方が先輩だから、この病院のことを、その人にいろいろと教えてあげるよ。それからね、千恵ちゃん、大事な話なんだけど、千恵ちゃん、いま泣いてたでしょう。私ね、自分の体のこと知っているの。今は、千恵ちゃんが近くにいてくれるだけで幸せなの。だから・・・、だから、もう悲しまないで、お願いだから。」

千恵子は後ろを向き、肩を小さく震わせながら、そっと部屋を出て行った。

 

その日の午後、年齢は同じころと思われる女性が、ベッドに寝たまま、千恵子に連れられ入室してきた。

「私、吉田みゆき(仮名)と申します。不注意で階段から落ちて腰を骨折してしまいました。また、元のように歩けるのかどうか分りません。それが心配で、不安で・・・。それに、長崎から出たことが無いので、福岡や香椎のことは分りません。どうぞ宜しくお願いします。」

「みゆきさん、こちらこそ宜しく。私は三田尚子です。尚子と呼んでネ。腰のことは大丈夫、この病院の先生は、九州一の評判なんだよ。きっと又、歩けるようになるから。元気をだして。」

千恵子が言った。

「尚さんは、今までどおり窓辺のベッドで、みゆきさんはちょっと壁際になるけど我慢してくださいね。」

 

それから2・3日のあいだに尚子とみゆきは意気投合し、いろんなことを話し合った。尚子はみゆきに自分が癌の治療を受けていることは内緒にして、胃の手術をしたばかりだと嘘をついた。

みゆきは午前中の治療から戻ってきても、ベッドに寝たきり状態で上体を起こすことも出来なかった。そのため、壁際からは外が見えなかった。みゆきが尚子に尋ねた。

「尚子さん、香椎の町ってどんな町ですか?私、神功皇后香椎宮の話は少しだけ聞いたことあるんですが・・・。」

尚子は神功皇后の伝説や香椎宮の由来などを、みゆきに優しく教えてあげた。

「それから、香椎はね、平戸と同じように海岸がとっても綺麗なのよ。3階のこの部屋からも良く見えるわ。」

尚子は外を眺め、窓から見える香椎海岸の景色の一つ一つを、詳しくみゆきに話してあげた。

話を聞きながら、みゆきは平戸の海岸を思い出していた。

「もう一度、あの平戸の海岸を歩いてみたい」、と思わず口にしてしまった。

「みゆきさん、大丈夫よ。必ず歩けるようになるから。信じるのよ。平戸の海を思い出すことが出来るよう、これからも、この窓から見える美しい海の景色を話してあげるから。」

それからは、天気が良い日は、毎日のようにその日の香椎海岸の景色をみゆきに話してあげていた。

そして春が過ぎて、木々の淡い若葉が濃い緑色に変わり、夏を待つ季節になった。

 

6月上旬。その日は志賀島に落ちる夕日が、博多湾を黄金色に染めていた。波がきらきらと宝石のように輝いている。尚子は一つ一つの情景を、絵を描いているかのように詳しく話してあげた。みゆきはあたかも見えているかの如く、「きれいだね」と笑みを浮かべて頷いていた。

「尚子さん、私、元気になって歩けるような気がする。そしたら、尚子さんを平戸に招待するから、一緒に海岸を散歩しましょう。平戸の夕日も香椎と同じくらい、きれいなんだよ。」

「みゆきさんの元気な声、やっと聞けたよ。うれしいな。必ず平戸へ行くよ。」

「本当に来てくれるの。私、はやく元気にならなくちゃ。」

尚子はみゆきの元気な声を聞くと、なぜか力が抜けるような気だるい安らぎを感じた。尚子は眼を閉じて、夕日が島影に落ちたあとの僅かな黄昏の時間を、何かを懐かしむかのようにゆっくりと過ごしていた。

 

次の日の朝、みゆきが眼を覚ますと隣に尚子の姿は無かった。

「どうしたんだろう」。思わずベッドの淵に手を掛けて起き上がろうとした時、腰に痛みが走り、そのまま横に伏せてしまった。その時、ドアが開いて千恵子が入ってきた。眼が真っ赤で、唇が震えていた。

「みゆきさん、夜中にね、夜中に、尚ちゃんが死んじゃったの。」

「エーッ、なんで、どうしちゃったの。きのうは、二人で早く元気になって、一緒に平戸の海岸を散歩する約束をしたのに・・・。どうしてなの、どうして・・・。」大粒の涙が溢れ出した。

千恵子はみゆきに、尚子が幼なじみだったこと、彼女が癌に侵されていたこと、そして最後の余命を生まれ育った香椎で過ごすために、この病院に来たことなどを話してあげた。

「私、そんなこと知らずに、尚子さんに色々あまえてしまって・・・、尚子さん、自分がそんな状態なのに、私のこと、私のことを、沢山しんぱいしてくれて・・・。私が起き上がれないので、香椎海岸のきれいな景色を、いつもいつも話してくれたの。何度も聞いたので、どれが能古島で、どこに御島神社の鳥居があるか見なくても分るようになった。そうだ、千恵子さん、私のベッドを窓際まで移動させて、そして私の背中を支えて上半身だけ起き上がらせてくれませんか。」

千恵子はみゆきの言葉の意味を解しないまま、言われるとおりに介助してあげた。みゆきは窓際のベッドから頭を上げ、尚子から聞いた美しい景色を見たかったのだ。みゆきは窓の外を見た、その瞬間、「エ〜ッ」と叫んでしまった。

病室の窓の正面から右には10階建てのマンションが、左の方は都市高速の高架が先の視界を覆っていた。

「どうして・・・、正面には穏やかな香椎潟の波、遠く左側に能古島、左手前に名島、正面手前に御島神社の鳥居、右手手前に香椎海岸の松林、その奥に志賀島の山影が見えるはずよ。何故。」

みゆきはその方向を指で示しながら説明した。

千恵子はこの時、初めて状況を整理することができた。涙があふれてきた。

「さすが、私の尚ちゃん。ウッ、ウッ・・・。」

千恵子は込み上げるものを抑えながらみゆきに語った。

「みゆきさん、尚ちゃんの癌は視神経まで侵していたの。その影響で視力をほとんど無くし、この病院に来たときには、光をわずかに感じる程度だったの。だから、窓の外の景色は全く見えてないのよ。それに、・・・それに、みゆきさんがさっき言った景色は、現在は埋め立てられて、このように周りにはビルも建って・・・、もう何も無いの。あの景色は私と・・・、私と尚ちゃんが小学生のころ、香椎海岸で遊んでいた昔の景色よ。」

ここまで言うと、千恵子は我慢できずに嗚咽をあげて泣いた。そして話を続けた。

「尚ちゃんは、小さいころから誰にも優しい子だった。みゆきさんを元気付けようと思って、むかし見た美しい景色を、窓から見えているかのように話してあげたのじゃないかな。尚ちゃん自身は思い出を一つ一つ辿っていたのだと思う。尚ちゃんはみゆきさんの心の中に居るよ。だから早く良くなって、一緒に平戸の海岸を散歩してあげてね。尚ちゃん、すごく喜ぶと思うよ。」

 

一ヵ月後の七月中旬、みゆきは治療を終了し、無事に退院して、平戸へ帰って行った。

みゆきを送り出した次の休みの日、千恵子は住んでいる御島崎のマンションから、埋め立て後の香椎海岸(片男佐海岸)まで歩いた。夏の潮風が、輝く日差しの中をゆっくり吹いていた。右側の香椎花園までの浜辺は昔の面影を少しは残しているが、正面は照葉の町、左はイオンのショッピングモールとマンションで名島や能古島は見えない。御島神社の鳥居は、周りを埋め立てられて取り残された香椎潟の中で、何も語らずに建っていた。

千恵子は、ゆっくりとまぶたを閉じた。当時の香椎海岸が蘇ってきた。向こうの松の木かげから、おかっぱ頭の尚ちゃんが「千恵ちゃ〜ん」と呼んでいる。「尚ちゃ〜ん」と呼び返そうとした瞬間に、クーッというカモメの鳴き声で我に返った。一羽のカモメが羽を広げて、風に浮かんでいる。千恵子はカモメに向かって、小さな声で言った。

「尚ちゃん、ありがとう。また一緒に遊ぼうね」

 

                                   終わり

 

この作品は亡き三小田尚子さん(当時香椎原病院勤務)に捧げます。

 

香椎浪漫