香椎海岸一周ウォーキング

     (あいたか橋・片男佐橋・かたらい橋)

  

 平成25年3月3日、アイランドシティと香住丘を結ぶ「あいたか橋」(上記写真全景)が開通しました。全長430mは歩行者専用海上橋としては日本最長となります。「あいたか」と言う名称は博多弁のあいたかあ(会いたい)とソフトバンクホークスへの応援、「する」をもじっています。写真左上にアイランドタワースカイクラブが見えます。福岡県では2番目の高さを誇る超高層マンションで3棟(409戸)から成ります。途中には空中庭園があり、屋上はヘリポートとなっています。その周りには「香椎照葉(てりは)の町」の公園と新興住宅が広がります。「あいたか橋」の開通によって、香椎海岸一周のウォーキングが楽しめるようになりました。

美しい眺めと自然学習を楽しめる一周コースを紹介します。是非ご家族でお出かけ下さい。

  

ウォーキングコースまでのアクセス

C地点まで・・・西鉄香椎宮前駅から徒歩約9分、JR香椎駅から徒歩約15分

B地点まで・・・JR香椎駅・西鉄香椎駅から徒歩約13〜15分(「点と線」のコース、B地点が情死体発見場所)

A地点まで・・・西鉄香椎花園前駅から徒歩約4分

車利用の場合・・・香椎花園(シルバニアガーデン)とウォーキングを楽しむ時は、A地点の香椎花園駐車場(駐車料600円)、またはC地点のイオン駐車場(無料・お帰りに、是非お買い物かお食事をお楽しみ下さい)

天神方面からバスの場合・・・天神中央郵便局前から23B・27B・28B番(都市高速)に乗り、香椎浜出口を降りて留学生会館前停留所で下車。そこがイオン前のC地点です。

 

  

 

一周は2・9kmです。通常で歩かれても45分。学習ボード(印の所)で学びながらでも約1時間です。

●今回はC地点の片男佐橋から時計廻りに出発し、番号順に写真を紹介しています。番号に付いている矢印は写真の方向です。

●絵地図上、B地点と御島神社の間の線は「海参道」です。大潮の時のみ海が割れて道が現われます。(注)途中、水抜き溝が作られていますので、御島に渡ることは出来ません。

トイレはイオン内、地図上のトイレマークの所にあります。

 

学習ボード(上記地図中印の所に下記写真のような学習板)では、御島神社の由来、香椎海岸の歴史、海辺の生物、御島の野鳥類、香椎潟の万葉集、自然と見所、海の環境づくり、飛来する水鳥、などが学べます。

 

 

 

 

準備は宜しいですか?それではウォーキングに出発しましょう。

 

 片男佐橋から照葉の町方面

 

 片男佐橋からB地点(片男佐海岸)方面

 

 

 

 香椎浜北公園遊歩道

 

 御島神社、後方は「あいたか橋」

 

 

 

 

 

 

 御島神社の後方奥は立花山

 

 「かたらい橋」から照葉の町方面

 

 

 

 

照葉の海岸遊歩道

 

照葉の遊歩道から「あいたか橋」方面

 

 

 

 

「あいたか橋」の上から香椎花園方面

 

A地点付近からB地点の片男佐海岸

 

 

 

 

対岸の照葉の町を望む

 

C地点のイオン方面を望む

 

 

 

 

如何ですか。周回ウォーキングコースは、全てが専用遊歩道ですから安全安心です。ご家族揃っての健康・学習ウォーキングにぴったりです。

お時間がある方は照葉の西側に位置する「アイランドシティ中央公園」まで足を伸ばして下さい。2005年の「福岡花博覧会」会場跡で東京ドーム4個分の広さを誇る公園。木々や花壇、人工池など自然満喫。

 

 

 

BC地点間の石のベンチは全てが囲碁・将棋の盤になっています。囲碁石、将棋駒だけお持ち戴ければ自然の中での対局が楽しめます。

 

東区の皆さんは勿論、他区からも多くの方々が遊びに来て頂きますようお待ちしています。

 

B地点は松本清張「点と線」の殺人現場です。国鉄香椎駅・西鉄香椎駅からのルート歩きなど、詳しく楽しめるページは別途「点と線 ノスタルジック香椎」を見てください。

 

●「あいたか橋」全景の写真と地図はH・P「照葉NET」から転用させて頂きました。

 

香椎あれこれ に戻る                       香椎浪漫