JR九州 香椎線

 

 

 2輌編成のディーゼルカーがゴトンゴトンと参道の踏み切りを通っていきます。中央区や博多区では見られない景色が、ここ香椎では生活の中に溶け込んでいます。うっちゃんが好きな景色なんです。香椎線についてお話しましょう。

1904年(明治37年)、博多湾鉄道が西戸崎・須恵間を開設します。鹿児島本線の赤間・博多間の開通が明治23年ですから、14年後ですね。

 須恵や志免にあった糟屋炭田の石炭を西戸崎港まで輸送するための鉄道です。当時の人々は「湾鉄(わんてつ)」と呼んでいたようです。1942年(昭和17年)九州電気軌道と合併し、西日本鉄道の糟屋線となりました。2年後の1944年(昭和19年)、戦時買収により国鉄香椎線となります。その後1987年(昭和62年)国鉄分割民営化を経て、JR九州香椎線として現在に至っています。

戦後、炭鉱が閉山し県内の多くの石炭輸送線が廃止となるなか、香椎線は通勤・通学線として生き残ってきました。香椎は福岡市東部の副都心として再開発が進んでいますが、香椎線は更に重要な交流交通路線となっていくでしょう。

香椎線について、もうちょっと知識を深めておきましょう。

西戸崎駅から宇美駅まで25.4km、駅はいくつあるでしょう?。16駅です。香椎線所属の駅として数えると14駅とのことです。香椎駅は鹿児島本線所属、長者原駅は篠栗線所属となるからです。なるほどね。

香椎線は「日本で唯一」、と言うある事柄があるようです。何でしょう?。分割後の各JR社も含め、起点・終点(西戸崎駅・宇美駅)の両方の駅で他路線との接続連絡が無い日本唯一の線だそうです。そうかなあ、他にもあるような気もするけど・・・。長者原駅が終点だったらそうはならないんだ。でも須恵や宇美の人々が困っちゃうから・・・、このままで良いのだ。

 「特急かもめ」が香椎線を走ってたって知ってますか?。昭和28年から32年まで京都・博多間を走っていた「特急かもめ」がこの香椎線に入り込んでいたのです。

  

 当時の座席は2人掛けの前方を向いたままの固定式。博多に到着した「かもめ」は再び京都に向かうために、車両ごと方向を変えなくてはいけません。さあどうしたのでしょうか?図,里茲Δ法博多駅に到着して、お客様を降ろした電車はそのままバックして香椎駅△泙婆瓩蠅泙后次に先頭車両から香椎線酒殿駅(さかど)・旅石連絡線(今は廃線)を経て志免(しめ)に向かいます。せ嵬髪悗ら勝田線(今は廃線)をもう一度バックイ杷鄲娠悗泙罵茲泙后これで180度、方向転換出来ました。新しい客車(座席が回転できる)が出来て、操車場のターンテーブルが完備できるまでは、日本各地でやってたそうです。このことを「デルタ線回し」または「三角線回し」と言います。

 

 現在、みんなが乗っている香椎線の車両は「キハ47系」と言います。「47系」は型の順序で、新幹線の500系・700系と同じ意味です。「キ」は気動車(ディーゼル)のキです。「ハ」は普通車を言います。昔は1等・2等・3等車に分かれていてイ・ロ・ハの記号で言ってました。3等車が現在の普通車で「ハ」です。2等車が現在のグリーン車で「ロ」の記号です。座席指定を「ザ」と言います。ですから「ハザ」は普通予約席、「ロザ」はグリーン予約席を言います。いかん、いかん、これ以上喋ると、うっちゃんの勤めていた会社の業種が分かってしまう。

とにかく「キハ」とは普通席の気動車と言う意味です。今度、電車に乗るときに注意して見て下さい。車輌の中央下に「キハ」と書かれてますから。

香椎線でもうひとつ紹介しておきたいのが「香椎川橋梁」です。開設した当時のままで現役です。レンガ造りで情緒ありますね。香椎線には他にも古い「橋梁」が沢山あります。橋梁巡りも楽しいですよ。

 

 

最後に「香椎神宮駅」の駅の名称について触れておきます。香椎宮は正しくは神宮ではありません。「神宮」という社号はもともとは「伊勢神宮」しか使用できませんでした。明治以降、天皇や皇室祖先神を祀る神社で幾つか「神宮」を名乗るところが出てきました。これには勅許、つまり天皇の許可が必要です(終戦後は神社本庁)。天皇家と深い関係のある神社に許可が下りています。神武天皇を祀る橿原神宮、桓武天皇を祀る平安神宮、明治天皇を祀る明治神宮などなど。

香椎宮は仲哀天皇、神功皇后を祀っていますので、「神宮」の社号は願い出れば許可が出たでしょう。ですから格式的には「香椎神宮」は問題ではありません。西鉄貝塚線の「香椎宮前」駅と混同しないよう、昭和63年JR九州が現駅名にしたのです。JR九州は上記のことを認識しています。俗名として、これからも使用していけば良いと思います。

 香椎あれこれトップに戻る

香椎浪漫