最初に八景とは?-----日本で八景なるものが現れたのは、「近江八景」(江戸時代初期)が初めであるらしい。その直後「金沢八景」が選ばれています。これらの八景は、中国湖南省の洞庭湖(とうていこ)の景色を選んだ「瀟湘(しょうしょう)八景」(北宋時代)をモデルにしている、と言われています。

「瀟湘八景」のひとつ、「洞庭秋月(とうていしゅうげつ)」。漢字4文字で、前2文字は風景の対象地名である「洞庭」、後ろ2文字はそこでの事象(情景)を表した「秋月」、によって組み立てられています。

対象地(物)2文字プラス事象(情景)2文字の組み合わせが基本のようです。

瀟湘八景とそれをモデルとした近江八景、金沢八景の事象(情景)はまったく同じです。

\架髻覆擦い蕕鵝法 ´⊇月(しゅうげつ) L覬(やう)   さ帆(きはん) 

ト嫋癲覆个鵑靴腓Α法´ν邊隋覆蕕がん)  夕照(せきしょう)暮雪(ぼせつ)

瀟湘八景の「洞庭秋月」に対し、近江八景は「石山秋月」、金沢八景は「瀬戸秋月」となっています。江戸時代中期になると全国にこのスタイルの八景選びが広がっています。事象(情景)が決まっていますから、あとから対象地を探して選ぶという一種の遊びでもあったようです。後期になると、歌川(安藤)広重など浮世絵師がこぞって名所絵(風景画)を描きます。下記の絵は歌川広重の近江八景と金沢八景それぞれの「秋月」の名所絵です。

(近江八景・石山秋月)

(金沢八景・瀬戸秋月)

金沢八景の名所絵が出回ったとたんに江戸からの観光客が増えた、とのことですから、「八景」の創造は地域活性化でもあったのだろうと推測できます。

この地域活性化を、江戸時代より前の室町時代に香椎村で取り組んだ男がいたのです。彼の話は後ほど触れます。

さて「香椎宮編年記」に見える「香椎八景」を先に記しておきます。

祥瑞杉(しょずいさん)

降敵涛(こうてきとう)

豊賑姻(ほうしんえん)       

神光池(しんこうち)

分髪川(ふんかんせん)

霊香椎(れいこうすい)

不老泉(ふろうせん)

武備嶺(ぶびれい)

これらが香椎のどこなのか又どれなのか?文字の意味から推測できるものもあるのですが・・・。

まず構成する文字数が4文字ではなく3文字です。しかし良く見ると、前2文字が事象(情景)、後ろ1文字が対象地(物)になっていることが分かります。この3文字のスタイルも中国の影響を受けたものかどうか、調べてみましたが分かりませんでした。

香椎八景は最初は「香椎四景」であったことが、鎌倉時代後期(1318年)に書かれた「八幡愚童訓」(はちまんぐどうくん)で確認できます。「八幡愚童訓」とは蒙古襲来(元寇)にあたって、八幡神(応神天皇)の霊験・神徳を子供(愚童)でも分かるように説いた縁起物なのですが、何故そのような本に「香椎四景」が紹介されていたのでしょう。この本が書かれた40年程前が元寇(文永・弘安の役)です。八幡愚童訓の四景の説明には元寇のこと、そして再度襲ってくるかも知れない異賊に対する国家の警固・鎮守の想いが込められています。その想いを、八幡神の母である神功皇后を祀っている香椎宮に託したのではないか、と思っています。それでは「香椎四景」を「八幡愚童訓」の説明と共に一景ずつ解いていきましょう。

 

‐与霓(しょずいさん)

松杉、森々として、風は常域の敵を払い」、この風とは元寇のときの神風を言うのでしょう。祥瑞とは「王の徳によって平和が実現したことを表す印(しるし)」とあります。その印とは神功皇后が朝鮮進出を果たし、橿日宮(香椎)に凱旋した時、「永遠にこの国を守りたまえ」と祈りをこめて植えた「綾杉(あやすぎ)」そのものです。

 

降敵涛(こうてきとう)

潟海漫々として波、異賊の寇を没し」、これも元寇です。降敵涛=敵を降伏させた涛(波)、玄界灘と博多湾そして香椎潟の波を言うのでしょう。

 

 

K賑姻(ほうしんえん)

神に手向る木綿紙垂(ゆうしで)や、心を浄むる祝子栖(ほうしず)か、瓦かわら)を比べて竈(かまど)の煙も賑わいたり」。これは香椎宮の神人(じんにん・神事の補佐を行う下級神職を言いますが、元寇のこともありこの頃は武装化していた)の家々の食事を作る釜戸の姻(煙)が賑わっている様を言い、一瞬の平和な様子と、それでも異賊に対する警固が整っている様子を一景としています。神人達の官舎を言ってます。

*木綿紙垂=木綿の四手(しで) 

*祝子栖=神人の家(官舎)

      (写真はイメージです)

 

た生池(しんこうち)

清き池水の濁らぬ底に住み給う和光の影も知られたり」、和光とは神がその威光を和らげて、この世に現れ、人民を助ける、ことを言います。その神とは八幡大菩薩(応神天皇)とその母である聖母大菩薩(神功皇后)です。

 池とは勿論、御池(みいけ・菖蒲池)です。

 

 

 

以上のように鎌倉時代に出来た「香椎四景」は、後の世のように景色を楽しむ為のものとは異質であることが分かります。異賊が襲って来るかも知れない不安な時代背景からすると納得です。

それから約140年後の室町時代、香椎宮の大宮司は武内氏信(うじのぶ)。先に紹介した香椎村の地域活性化を図った男です。彼の祖先である武内公友、彼は平家を応援していた為、源頼朝に左遷させられます。そして香椎宮は、源氏の信頼が厚い石清水八幡宮の管轄下に入ってしまい、勢いを無くした時代が続いていたのです。

室町時代になり足利幕府からの信頼を厚く受けていたのですが一時の旺盛までは戻りませんでした。永らく落ちていた権威を、武内氏信はなんとか再生しようと立ち上がったのです。最も大きな取り組みは「香椎宮編年記」の再編集です。再編集した「香椎宮編年記」を朝廷や幕府に提出し、過去と現在の活躍を認めてもらうことにより香椎宮と武内家の権力回復を計ったのです。その中に、従来あった「四景」に新たな「四景」を加え「香椎八景」を作ったのです。それは香椎宮と香椎村の繁栄のためを思ってのことなのでしょう。加えられた四景とは

 

ナ髪川(ふんかんせん)

祓川(はらいかわ)です。祓川は「御飯の山」近辺が水源で、香椎宮東北側から流れ出て香椎川に合流します。「宮北川」とも言います。当時は神事の前に、この川で身体や髪を清めてお祓いをしたのでしょう。蛍が飛び交う綺麗な川だったと想像できます。神功皇后が髪を洗い、左右に分けて男髪にされたのは御島ではなく、この川だとも言えます。

 

ξ邱當如覆譴い海Δ垢ぁ

棺掛椎(かんかけのしい)です。神宮皇后が仲哀天皇の御棺を立て掛けた古宮跡の椎の木です。その時、素晴らしい香りが漂ったことが「香椎」の名の由来です。良い選択ですね。

 

不老泉(ふろうせん)

不老水(ふろうすい)です。武内宿禰が仲哀天皇と神功皇后の為に掘った井戸。老いの水、御飯の水(おいのみず)とも呼ぶ。本人もこの水を飲んで長生きしています。「日本の名水100選」のひとつ。素晴らしい選択です。

 

武備嶺(ぶびれい)

武具を装備した峰と解され、鎧坂(よろいざか)です。神宮皇后が御島神社(みしまじんじゃ)で男髪にされた後、ここで鎧を着けられました。参考とした資料には冑坂?となっていたのですが、鎧坂が正しいと思います。当時は和白方面への峠になっていて景色も良かったのでしょう。

(写真は明治後期の鎧坂の絵・香椎宮所蔵)

 

 

 

武内氏信の活動が必ずしも功を成したとは言えないかも知れませんが、行動を起こしたことは素晴らしいことです。出来れば現代の我々も香椎地区の新しい「香椎四景」なり「八景」を創造したいものです。

 

参考文献:「古代・中世の香椎」上巻(香椎宮残照)森田隆明先生

      :「香椎町制施行十周年記念誌」

      :「香椎宮史」

      :歌川広重の浮世絵画像の使用、パブリックドメイン確認済

香椎あれこれTOPに戻る

香椎浪漫