甲子園2・3番町寄席

出前寄席

 甲子園球場(駅)から
 歩いて
 十分なところに
 あります


 甲子園二・三番町
    自治会館
 日時決定した当初に
 お知らせした
 演者、演目を
 いつも変更して
 ご迷惑をかけてばかり

 ところが、それを
 「ミステリーな会」と
 していただき
 自治会皆様の
 当意即妙、機知に
 富んだ対応には

 落語を演ってる者と
 しては勉強させられます 
 自治会役員
 伊藤様
 ごあいさつ
 自治会文化部
 村岡様から

 本日の番組等の紹介
 まずは、

 開口一番

 あしや乃雅っ都
 (あしやのがっつ)

 小咄で


 座を凍らせ

 たんですが、年齢的

 若さが

 救ってくれました。
 事実上

 一番手、

 風流亭半丸
 (ふうりゅうていせみまる)
 「老婆の休日」

 題名からして

 ウケました

 場内は

 ドッカン、ドッカンの

 爆笑
 続いては

 江戸落語

 「たがや」

 竹馬亭志ん友
 (ちくばていしんゆう)
 構えていた刀が・・・

 アドリブを入れた直後に

 また腰に差し戻している

 というヘマ


 またしても会場を凍らせ
  てしまいました
 
 きょうは若手と、年寄りが
 会場を凍らせ、

 そこで登場したのが
 中年おじさん

 戎家ぱんだ 歌謡ショー

 「川の流れのように」

 みんなで合唱しました

 (写真提供;村岡様)
 一息入れたところで

 三流亭志まね
 (さんりゅうていしまね)

 「私は弘遊さんの代演です」

 「志まねです」

 「次回も志まねを出演させろ

 と声をかけて下さい」
 さあ、どう判定しようか、

 と見守る自治会役員の

 皆様
 「権助魚」

 の一席で会場を

 沸かせました
 高座返しは

 あしや乃雅っ都
 そして登場したのは

 本日のトリ

 戎家ぱんだ
 (えびすやぱんだ)
 「月に群雲」
 
 新作で

 間抜けな泥棒の落語
 
 開演前にはにわか雨もあり

 蒸し暑い日でしたが

 大勢の皆様にお集まり

 いただきました

 噺の会じゅげむKOBEの
 落語会、

 楽しんでいただけ
   ましたでしょうか
 
 
   甲子園二・三番町の皆様、自治会役員の皆様

     本日はほんとうにありがとうございました



            KOBE発トピックス 表紙
 
 次回は来春

 1月下旬の予定を
  いただきました


    

平成23年7月30日(土)午後2時〜
甲子園2・3番町自治会館

恒例、夏の甲子園です。 ご依頼をいただいてというより
半ば、此方からまた演らせて下さい、とお願いをしての開催です。