第37回 定例席

灘たる寄席
  ~新春顔見世公演

平成23年1月8日(土)午後1:30開演
原田の森ギャラリー401室

 日中の気温が9℃
  天候 晴れ

   3連休の初日 
 会場が一通りできあがった
 ところで最後のダメ出し

 大阪本店から長年の
 熟練のノウハウが・・・

  
 かくして
 総意による高座ができ
 あがっていくのでした
 そして
 1時半
     開演!!





 本年最初の顔は

 開口一番
   新年のご挨拶、
  


 竹馬亭志ん友
  (ちくばていしんゆう)

  

 二番手の顔

 茶渋家呆っ人
 
ちゃしぶやぽっと)


 

 
「カルシウム不足夫婦」


 次々に出てまいります・・・
  洋装で登場

  大阪本店

 浪華家久句
  (なにわやくっく)



 なつかしの話と 
     
  「かえり船」
 
 噺の会じゅげむ総代表

  寿亭司之助
  (ことぶきていしのすけ) 

 
  「酒 の 粕

 噺の会じゅげむの顔です

 今や、西日本を制覇して
 いる ルックスです
 


 そして、
  新婚ホヤホヤの
  顔でもあります
  仲入り  

 休憩ですが、
 この時間を利用して
 番組後半の
  「三題ばなし」の
 お題をお客様から
 ちょうだいしました
 海外出張が多く
  なかなか出演の機会が
  ありません
   
 久々の顔です

  盗難治家晩黒
  
(となじやばんこく)

 
  
 「ないもん買い
 今は東京に単身赴任中

 大阪本店

   悠々亭一光
   (ゆうゆうていいっこう) 
  
  トクさん
   トメさん


 
 やっぱり上方の顔でした
 色物として登場


  末成亭鈴童
  (すえなりていりんどう)

  


 
南京玉すだれ

 じゅげむKOBEの顔に
  なってきました
 つづいては
 噺の会じゅげむ大阪本店の

  
  阿遊亭弘遊
  (あ~ゆうていこうゆう)

 
  噺の会じゅげむの
    春団治!
 もっとも様になる高座姿


 手紙無筆」 

 場内を沸かせてくれました
お茶子さんは大阪本店から
   天乃小てる
   (あまのこてる)
 
  喘息で患っているところを
  無理して支援して
  くださいました
  
 じゅげむKOBEでは
  大きな顔です 
  
  賑わい亭六三
  (にぎわいていろくさん)

  
  雑壱枚起請
    (いちまいきしょう)

 
 2回目の
  仲入り



 いよいよ「三題ばなし」

 じゃんけんで順番を!


 お客様からいただいたお題

 「尖閣諸島」
 「海老蔵」
 「後期高齢者」

三題噺
 


  先攻は
 
  大阪本店

  文々亭小輔
  (ぶんぶんていこすけ)

 じゅげむの若手で通した
 顔もだんだん風格が~
 
  大阪本店の

  三流亭志まね
  (さんりゅうていしまね)

  が後攻
  
  「三題噺 

  久しぶりの挑戦と
      いうことで
  
  噺の展開が進まず
  苦戦する場面も・・・
 ギターを抱えたこの姿

 戎家ぱんだ
  (えびすやぱんだ)

 じゅげむKOBE
   新春顔見世公演の
 定番の顔になってきました
 昭和の歌謡曲

 懐かし あの歌 この歌
  をたっぷり披露 
 新春顔見世

  最後の顔 

   大トリは

  風流亭半丸
  (ふうりゅうていせみまる)

  千早振る

 
場内を爆笑の渦で
  見事に噺始めを
   飾りました
 
 多彩な番組でした
   それにしても3時間!
 長時間、お付き合いくださいまして
  ほんとうにありがとうございました。

  今年も
  噺の会じゅげむKOBEを
   どうぞよろしくお願い申しあげます。



  次回は

 3月13日(日)
  午後2時
開演
 原田の森ギャラリー401

 もちろん 
入場無料です
    お待ちしております
   活動報告 表紙