梅雨明けが
  待ち遠しい・・・

 六甲山系にかかってるガス
 雨のなかでの
  開演です
 会場のギャラリー入口には
  パンダが・・・

 日本にパンダがいるのは
 和歌山の白浜と
 この会場向かいの
 王子動物園だけです

 そして、きょうの大トリは
  戎家ぱんだ
 4Fの会場は準備が
  すっかり出来上がりました

 雨天にもかかわらず
 お客様は前回よりも多く
 
  ぎっしり満員では
  ありませんが・・・
   開演です

 トップは

  茶渋家呆っ人
  (ちゃしぶやぽっと)
 「さよなら動物園」
 二番手は

  竹馬亭志ん友
  (ちくばていしんゆう)
 江戸落語で

   「野ざらし」
 きょうも
 いつものように
 定番の島根県Tシャツで
  各人の落語を
 収録してくれています

 大阪本店の
  三流亭志まね
 三番手は

  風流亭半丸
  (ふうりゅうていせみまる)
 おなじみの

  「代書屋」
 中トリは

 ビデオを自動に切り替えて

 高座に上がってまいりました
 三流亭志まね
 (さんりゅうていしまね)
 「死 神」


 演出によっては暗い噺なの
 ですが、きょうは
 明るく楽しく演じてました


 落ちも冴えてました
 
  お客さま方も堪能の様子です
          (休憩タイム)
 きょうも
 大阪本店から支援

 受付とお茶子さん

  天乃小てる
  (あまのこてる)
 一息いれたところで

 登場してまいりましたのは
 賑わい亭六三
 (にぎわいていろくさん)
 「つ る」
 さあ、本日の大トリ


 戎家ぱんだ
 (えびすやぱんだ)





   「壺 算」
 見事に30分を演じきった
 戎家ぱんだ、
  高座で感謝をこめての
   御礼


 お客さま方には
  満足していただけたこととぉ
  思います
 
 お足元の悪い中をご来場くださいましたお客さま方
  本当にありがとうございました。

  次回もまた、お誘い合わせのうえ、大勢様でお出で下さい。
   お待ちいたしております。
 
 次回は
  第35回灘たる寄席
  9月5日(日)
     午後2時開演

  原田の森ギャラリー401室
 恒例の打ち上げ

 九州久留米の落語長屋から
 お二人のお客様です
 
 落語談議で盛り上がりました
 此方側には

 入会希望者です

 9月から高座デビュー予定の

 末成亭鈴童さん(左)

 蒸し暑い梅雨の夜を
  吹き飛ばすかのように
 大いに呑んで食べて
  語り合って・・・

次回への英気を養いました
噺の会じゅげむ KOBE 第34回定例席

と き 平成22年7月11日(日)午後2時00分開演

ところ 原田の森 ギャラリー 401号室(神戸市灘区)