噺の会じゅげむ KOBE 第33回定例席

と き 平成22年5月9日(日)午後2時00分開演

ところ 原田の森 ギャラリー 401号室(神戸市灘区)
 
 風が吹く から季節は
 
 風薫るころになってきました

 日中気温が25℃

 薄ぐもりの「母の日」です
          客足がかなり
  鈍っているようです。

 暑くも寒くもない
  絶好の行楽日和です。

 そんな気候に負けたので
 しょうか・・・・・・
 じゅげむKOBEの
 メンバーの先陣を切って

 前説 (開演前の余興)

 賑わい亭六三
 (にぎわいていろくさん)

  元気に
  ゴールデンウィークの
  私生活を披露

 (自宅で家事手伝いだった、と)
 2時です、 開演!

  お客様も増えてきて

 一番目に登場は

 伴奏亭壱名
 (ばんそうていいちめい)

  手水回

   の一席です
 手水(ちょうず)を
  長頭と間違えて・・・
 二番手は

 竹馬亭志ん友
 (ちくばていしんゆう)
 江戸落語で
  堪忍袋
 三番手は
 噺の会じゅげむ大阪本店から

 潮吹亭くじら
 (しおふくていくじら)


  米揚げ笊
 
 前段では
 笊はイカキと読み「ザル」の
 こと などと落語の解説も…

  そして 
 大熱演です

 
 仲トリです

 「天狗裁き」

 戎家ぱんだ 
 (えびすやぱんだ)
 みんな
 よく笑ってもらってます
                                               そして 仲入り


 きょうもお茶子さん
  兼 受付係は

 大阪本店の
    天乃小てる
           いつも里帰りして
 ビデオ撮影して下さるのは

 元KOBE
 今大阪本店の
   三流亭志まね

 恒例によって島根県の
 Tシャツをお召しになってます
 中入り 休憩後は

 茶渋家呆っ人
 (ちゃしぶやぽっと)
 大安売り
  
  きょうから始まった
 夏場所にちなんで
 相撲の噺です
 さあ 大トリは

 風流亭半丸
 (ふうりゅうていせみまる)

 「千早振る」

 内容は

 百人一首にある歌の
 ワケを物知りに聞きに
 行ったんですが
          
          
 竜田川! という関取が登場
 「また、相撲ですかぁ」
 のアドリブに場内大爆笑

 「ネタがかぶる」という
 ことから番組編成上、
 避けるべきだったんですが
 逆手にとって
   うっちゃるなんざぁ
 
  さすが、本日の主任!

 各所にくすぐりも
 たっぷり入り 上出来の一席  


 ご来場いただきました皆さま方、
  ほんとうにありがとうございました。

 次回の噺の会じゅげむKOBEの寄席は

  NHK神戸放送局トアステーションで
  6月13日(日)午後2:00開演

    神戸しろうと寄席     です。

  「灘たる寄席」
   7月11日(日)午後2:00開演
   原田の森ギャラリー401室


  いずれも 入場無料 です。

      ぜひ お出で下さい。 お待ちしております。
 普段よりややお客様の入りが
 悪かったかもわかりません。

 でも、出演者一同が
 (二日酔いの者も三日酔いの
  者も高座歴2回目の者も皆)
 一生懸命努めました。

 ハナからシマイまで
 大いに笑っていただきました。
 
 お客さま方に支えられた
 すばらしい33回目の
       灘たる寄席でした。

 ありがとうございました。