第27回 灘たる寄席
   盗難治家晩黒還暦記念公演

     平成21年5月10日(日)午後2時〜  
    原田の森ギャラリー 401室

会場近くの小学校
まだ鯉のぼりが・・・


うす曇りだが
暑さを感じさせる
きょうは「母の日」


灘区ではだんじり祭りなど多彩な行事が催されている
神戸市立王子動物園の森。
4月初めにはピンクに染まった園内の木々は、
今はすっかり葉桜



(王子体育館屋上より
 大阪方面を望む)
王子動物園から右手(西方向)が原田の森ギャラリー。

高層ビルの手前
(横長の白いビル)
原田の森ギャラリー
玄関口では色鮮やかなつつじが出迎えてくれる。
ギャラリー職員の方々が  いつも館内各所に案内掲示をしてくださっている

(感謝をしながら会場へ)
受付では
お茶子さんの
天乃小てるさんが
「母の日プレゼント」を。

(プレゼントは
 母の味:ミルキー)

今回も神戸大ボランティアグループの皆さまに、目の不自由な方のための点字プログラムを提供していただいた。
さあ、開演、

まずは
盗難治家晩黒還暦祝いの「口上」から


司会
風流亭半丸
(ふうりゅうていせみまる)

盗難治家晩黒
(となじやばんこく)

竹馬亭志ん友
(ちくばていしんゆう)
お祝いの詞、
晩黒本人の詞を
述べて

吉例の三本締め
サラ口(トップ)は

西遊亭悟空
(さいゆうていごくう)

「 つ る 」



きょうが初高座

なかなかの出来!


(本人よりも写真班がハラハラドキドキ。撮り忘れてるわ。
これがようやくの1枚。

以下、公平を期すために
各人1枚限定)
2番手は

浪華家久句
(なにわやくっく)

「厩火事」

 
 (うまやかじ)

予定が
 延々と
身内話をしているうちに

お時間!
3番手は

和朗亭南坊
(わろうていなんぼう)

「延陽伯」
(えんようはく)

中トリはゲストの

芦廼家都丹蝶さん
(あしのやとたんちょう)

「船弁慶」

マスクをしてお出でになったからテッキリ…。

単なる風邪
とのこと。


病をおしての大熱演。
観客は勿論、スタッフも堪能。

  
              仲 入 り

仲入り後は

茶渋家呆っ人
(ちゃしぶやぽっと)

「天狗裁き」



高座歴半年とは思えない大きく、元気な声、

みんなの評価が
「化けたなあ!」

「秀逸!」の声も
さて、
大トリは


盗難治家晩黒
(となじやばんこく)

「野崎詣り」

3月に満60歳を迎えた

貫禄の一席、

季節的にもピッタリ。

会を締めくくる
見ごとな噺であった。
本日もご来場まことにありがとう存じました。

日増しに暑くなってまいります。
ますますのご健勝をお祈りしまして
次回
7月12日(日)もご来場賜りますよう
よろしくお願い申しあげます。
  
 活動報告 トップページへ