噺の会じゅげむ KOBE 第25回定例席

と き 平成21年1月11日(日)午後2時00分開演

ところ 原田の森 ギャラリー 401号室 (神戸市灘区)
 灘たる寄席
  〜新春顔見世公演〜

1月11日
日曜日 朝起きたら


「あら〜
  山は雪
だんべ」

六甲山は薄っすら
      雪化粧


会場の
原田の森ギャラリー前

寒ツバキも
プラタナスも
道行く人も

 さむう〜
新年明けて 間なし
 着物姿のお客さまも・・・

場内は次々とお客様で
  埋まっていき
会場の401室は

早くも熱気が〜

「新春顔見世公演」
かいえ〜ん!

さら口は
じゅげむKOBEを代表して

新年のごあいさつ

 竹馬亭志ん友
     (ちくばていしんゆう)
2番手は
噺の会じゅげむ
大阪本店から


世帯念仏
潮吹亭くじら
  (しおふくていくじら)

こちらのブログにも
  くじらさんの
 「灘たる寄席れぽーと」が掲載
   http://kujiraida.jugem.jp/
場内は
 
  大勢のお客様で・・・





(最後方で演台に向かって立っている人がいますが・・・
 
決して変な人ではありません。
ここにビデオカメラを設置して出演者を撮影しているのであります)
3番手は
大阪本店

花乃家めぞん
(はなのやめぞん)

動物物真似


ところがこのあと ハプニング

次の演者が着替えをしてなかった

ネタが続かない・・・
客席から助け舟も
その問題の

4番手は

和朗亭南坊
 (わろうてい なんぼう)
「上燗屋」



 楽屋で本物のお酒を飲んで
   稽古してたのでは・・・

 (酔っぱらいの演技が〜)
 仲 入 り
この時間帯を利用して、くじら・志ん友がこのあとに番組が組まれている「三題噺」のお題をお客様からいただく。



*いただいたお題
1.派遣切り
2.阪神タイガース
3.麻生太郎

三題噺に挑戦する哀楽・小輔ご両人、着替え前にしてすでに・・・。

さて、仲入り(休憩)が済んで
いよいよ第二部

じゅげむのイケメン

洋酒家巧駆
(ようしゅやこうく)
「マキシムドゼンザイ」
 
  場内を笑いの渦に
続いては
KOBEから
大阪本店に移籍した


三流亭志まね
 (さんりゅうていしまね)

里帰りの一席は 江戸落語
「町内の若い衆」
KOBE〜大阪本店
移籍組二人目
浪華家久句

 (なにわやくっく)
「懐かしの唄」


番組に艶やかな色を添え
 

演歌をたっぷりと。

 

場内のお客さまも
  うっとり 聞き惚れて




お茶子役の
 
 天乃 小てる
  (あまの こてる)
   =青い法被姿=

  
までが
客席にまわって
続いては

じゅげむKOBEが
誇るアイドルも
きょうは風邪気味


風流亭半丸
 (ふうりゅうていせみまる)

「桃太郎」
長丁場なので
 二回目の休憩


茶渋家呆っ人
 (ちゃしぶやぽっと)

「テレショップスペシャル

元は誰がやる落語かいな

あんまり聞いたことないけど
 おもろいやないかぁ。


ナント、自作自演の
  落語だったとは、
さあ、三題噺突入

順番はジャンケンで
負けた

文々亭小輔        (ぶんぶんていこすけ)
が先攻
 途中でうどんを食うなど
余裕を見せながら
 求職の筋で進め
「麻生太郎」のお題を
  総裁と相殺でかけて
 落ち!

大阪の寄席ではいつも
  お馴染みの「時事小咄」でのプロローグからすんなりと

後攻は

 喜怒家哀楽
     (きどやあいらく)
 
 お題は三題に絞ったのだが
お客様からは八つのお題をいただいている。
 これらすべてを見事に
盛り込んでの仕上がり。
 「あそうたらぅ いかん」などで
  
(焦ったらいかん・・・)
 阪神タイガースのお題を
 半信半疑として落ち!

大トリは
 噺の会じゅげむ 
  総代表

 寿亭司之助

   (ことぶきていしのすけ)

「明石飛脚」
 
 大阪〜明石まで
  地元阪神間の地名が
    続出


  「灘」では灘たる寄席の
  次回PRもしっかりと



ハメもの(音曲)と息も
   バッチリ ・・・


飛脚が
 走りに
  走っての
    大熱演








本年最初の寄席も
  盛会裏に無事終了




それにしても
 新春ならではの
  多彩な
   番組でした。


来場くださいました皆様方、
 まことにありがとうございました。
   心からお礼申しあげます。

  次回は
 3月7日(土)
   午後2:00〜
            原田の森ギャラリー
      401号室       

   
入場無料  

 
ご来場をお待ち申しあげております

 


 
噺の会じゅげむKOBE

 本年もどうぞよろしく
  お願い申しあげます


HPトップへ戻る

活動報告に戻る