第23回 灘たる寄席

        平成20年9月14日(日) 午後2時開演  
      神戸市灘区  原田の森ギャラリー401号室

会場は
(パンダが飼育されている)
灘区の王子動物園向かい
「原田の森ギャラリー」

時折、陽がさす薄曇

残暑は厳しい

気温29度
会場入り口を入ると、
矢印つきの案内掲示板

(4階の部屋へ辿りつくまでを
 会場側がご用意して下さってる)
予想外に会場作りが早く出来上がった
ものだから、

稽古に余念がない・・・・

いいえ、マイクテスト、カメラテスト。
マイクがない!マイクが、
開演15分前の会場

今回から
部屋を大きなところへ変更

座席も80席用意して8割がた
埋まった
サラ口(一番手)は


和朗亭南坊
わろうてい なんぼう
「犬の目」
二番手は

インターネットホームページ
からご来演

ゲストの 
茶渋家呆っ人  さん
ちゃしぶやぽっとさん

「桃太郎」

初高座とのことだが
とてもそうは思えない
どうどうとした語りっぷり
ファンも多い
じゅげむKOBEの人気者


風流亭半丸
ふうりゅうてい せみまる
「向こう付け」
中トリは

こちらもインターネットホームページ
からのご縁でご来演


芦廼家都丹蝶 さん
 
あしのや  とたんちょう  さん

桂 米団治作の


「代書屋」
20年来、神戸でご活躍とのこと

ベテランの味をたっぷりと披露して

いただき、場内を爆笑の渦に
           仲 入 り         休憩10分後

まずは


竹馬亭志ん友
 ちくばてい  しんゆう
「目黒のさんま」
続いては

浪華家久句
  なにわや くっく
「廻り猫」
本日の大トリ

三流亭志まね
  さんりゅうてい しまね
「死神」
最後の寿命をとっかえる
場面は迫真の演技

場内は
みんなが固唾を呑んで・・・・
                  本日のお茶子
                     写真撮影も
                 こうふく亭蜜柑
     こうふくてい みかん    
  
 (本人のを取り忘れ! せっかくの着物姿なのに、
     残念!)
ご来場のみな様方
まことにありがとうございました

次回は


11月8日土曜日です)
   午後2時開演
原田の森ギャラリー 401号室
   
入 場 無 料