☆番外フェス☆
アウトプットだけじゃなくインプットも!!




記念すべき第1回の関西どやさ「番外フェス」が09年11月7、8日で藍野大学にて開催されました!!


講師は鹿児島の溝口整形外科、礒脇雄一先生!


どやさ所属のPTの元バイザー(!)、そしてフラットぷらっとのご縁もあり、今回の招聘が実現しました。


今回のテーマは「私は体幹から下肢をこう診る 〜解剖学的側面も含め〜」で、初日からエンジン全開。
豊富な解剖学的知見をもとに、話はMT、筋膜経線、姿勢・運動制御etc・・・
そして数多くの実技!!もう2日間で盛りだくさん!!、でももっともっと聞きたかった〜と感じる講習会でした。

懇親会もさすが九州男の礒脇先生が講師だけあって、「どちらが本番?」と思うくらいのナイトセミナーぶりでした☆


今回、臨床に活かせる知識と技術を数多く伝えていただきましたが、個人的には礒脇先生の臨床に取り組む姿勢に触れることができたことに心から喜びを感じました。
先生が如何に日々患者様と真剣勝負で向き合っているか・・・PTとして成長する為にそれに勝るモノはない!と確信しました。
PTという専門技術を持って患者様に向き合うことが出来る幸せを再認識した、そんな2日間でした。


参加して下さった皆さん!そして礒脇先生!!有難うございました。





第2回の関西どやさ「番外フェス」が2010年5月8,9日で大阪リハビリテーション専門学校にて開催されました!!


講師は第1回に引き続き、鹿児島の溝口整形外科、礒脇雄一先生☆そして鮫島整形外科の折尾龍作先生が講義の一部を行って下さいました!


前回の番外フェスが大好評であり、また会場を提供して頂いた大阪リハの校友会とのコラボ企画ということもあり、予定を上回る50名で開催しました!(申込いただいたのにお断りした皆さん申し訳ありませんm(_ _)m)


今回のテーマは「My opinion to Cervical & Thoracic」 頚部および胸郭についての興味深いお話を、「個々の機能異常によって生じる負の運動連鎖を如何に捉え、治療していくか」という観点の元、ご講義頂きました。今回も解剖学、MTが話の中心ではありましたが、認知系、筋膜系等々・・・いつもながら礒脇先生の知識、見解の幅広さ、奥深さには感嘆せずにはいられません!
折尾先生からは胸郭の「運動器」としての捉え方について、斬新な講義をして頂きました。



今回も礒脇先生の持つ「熱」をヒシヒシと肌で感じさせて頂きました。
そして会うたびに新たな見解を提示してくださり、先生が日々精進していることを痛切に感じました!
こうして日々積み重ねていくからこそ、結果が出せるようになり、患者様に喜んでいただける・・・だから理学療法は面白いんですね!!


参加して下さった皆さん!そして礒脇先生、折尾先生!!有難うございました。




HOME