日本酒の飲み方

日本酒の飲み方

日本酒にはいろいろな飲み方がありますよね。

一番、一般的な飲み方といえば、冷酒、熱燗、冷や(常温)といった飲み方でしょうか?

ちょっと変わった日本酒の飲み方としては、玉子酒やヒレ酒、しょうが酒、ニンニク酒なんて飲み方があります。

最近では日本酒をベースにしたカクテルも若い女性を中心に人気が高いようです。

みぞれ酒といって、日本酒をシャーベット状で楽しむ方法も人気が出てきているようです。

いろいろな種類のお酒の中でも、とくに日本酒は飲み方のバリエーションの豊富な酒類だと思います。

一番、自分が日本酒をおいしく飲める飲み方を見つけるのが、日本酒を楽しむポイントでしょうね。

熱燗の方法

熱燗という飲み方は、外国ではかなり珍しい飲み方のようですね。

たしかに、日本酒のように、お酒を熱くして飲むというのは外国ではあまり例が無いようです。

おいしい熱燗の温度として「人肌くらい」とよくいわれます。人肌くらいのぬるすぎず、熱すぎない温度が、熱燗の温度として一番おいしい温度だといわれています。

しかし、なかにはちょっと湯気が立つくらいの熱めの熱燗が好きな人もいますね。熱いお酒が胃の中に流れていくのも格別です。

一般に言われていることにこだわるのではなく、一番おいしいと思える飲み方で日本酒を楽しんで下さい。

日本酒のオシャレな飲み方

日本酒もかなりイメージが変わりましたね。

昔は若い女性が「日本酒」というのは、ちょっとイメージが違ったかもしれませんが、最近では若い女性が日本酒をいろいろな飲み方で楽しんでいる姿を見かける機会も少なくありません。

カクテルやみぞれ酒のような、オシャレな日本酒の楽しみ方も多いですしね。

また、飲むわけではありませんが、日本酒風呂や日本酒を使った化粧水のように日本酒が美肌や美容に効果があるとも言われています。

そんなこともあって、若い女性の間でも、日本酒の人気が高まっているのでしょうね。