Puri 

どんな町?

 

 

オリッサの代表的なビーチ・リゾート。昔はヒッピー風の外人旅行者のメッカだったが、現在はインド人ミドルクラスのリゾートとして開発が進み、その姿を一変させた。インド人ホテル街は常に旅行者でごった返し、ピークには砂浜にメリーゴーランドなどのアミューズメント・パークが出現する。だが、外国人ホテル街のすぐ北には昔ながらの漁師の村が広がり、ゴージャズなリゾートホテルとの好対照を見せている。

また、古くからジャガンナート寺院を抱える門前町としても栄え、ここでもケバケバしいリゾートとの好対照を見ることができる。

アクセス

カルカッタから夜行列車で8時間ほど。夜に出て早朝に着く便が多い。州都のブバネシュワールからバスや電車で2時間ほど。

武術道場

 

今回の取材で、発見できたのはPaikaKushtiBanati3種類。Paikaはケララのカラリパヤットによく似た、しかしすでに衰退して武術的踊りになっているもの。Kushtiはジャガンナート寺院をムスリムなどの侵略者の手から守るためにブラフマン達によって修行・継承されてきた。Banatiはかつて戦場の先鋒で棒やロープの端に錘をつけた武器を回して士気を鼓舞した、もしくは降り注ぐ矢を払ったのが起源。

人情

インドの中でもオリッサ、特にプーリーのローカルはとてものんびりとして人懐こい。ある意味ケララよりも遥かに田舎と言えるかもしれない。ただ、精強を誇ったアショカ王(BC300)の軍隊を相手に最後まで奮戦して死屍累々の被害を被った、という歴史が物語るように、その根底には激しい戦士の気質が隠れていると見た。

交通

周辺の移動はバスが便利。市内はサイクル・リクシャがまだまだ現役だ。

宿泊

ビーチ沿いのCT.Road周辺に外国人向けの安宿が沢山ある。また、ジャガンナート寺院から北に伸びる大通り周辺にインド式巡礼宿が散在する。最近ではインド人リゾート・エリアが発展して、外国人エリアよりもリッチな装いを見せる。

食事

市内中心ではジャガンナートの影響でベジが圧倒的。外国人エリアでは美味しいイタリアンなども可。インド人エリアでは各州の料理が食べられるが、少々バブリー。

 

 道場リスト

               Rebana Nuagaon Paika Akhada Sangha   Youtube

住所

Rebana Nuagaon Puri Orissa India

Tel: 06752-235842

SANY0293

SANY0307

マスター

Brahmara Baral Guru

沿革

州政府の登録団体になったのは1979年と比較的新しいが、その歴史は数百年と古い。道具立てはケララのカラリパヤットに酷似しているが武術としての錬度は遥かに落ちる。現在はマーシャル・ダンスとして少年スポーツやイベントの出し物という性格が強いだろう。ただ、棒術に関しては非常に普及しており、村の男だったら必ずマスターし日常的に定着している。農作業の帰りにお爺が棒をクルクルと回しながら帰る姿を見たときはその巧みなテクニックに目を見張った。

コメント

長さ2mを超える長大な刀や、太い棒に重い鎖がじゃらじゃら付いた道具、また、ガラガラヘビの尻尾のようなシャカシャカなる棒などユニークな物が多い。ケララやタミルでも普遍的な棒術の回転技が発達しており、その歴史的連続性が興味深い。

滞在

ここは外国人が学ぶには言葉や宿泊の面でハードルが高すぎる。

アクセス

プーリーのバススタンドからBrahmagiri方面バスに乗り15KmNuagaon下車。

                  Bharatiya Banati Mahasangha          Youtube

住所

Nilamadhab Lane Baseli Sahi Puri 752001 Orissa

Ph:06752-230071

 

SANY0515

 

 

SANY0536

 

 

マスター

Sri Rama Chandra Suar Guru                    mail

沿革

その起源はアショカ王時代のカリンガ王朝にまで遡るだろう。ダヌルヴェーダ軍学に記述されるスーチ・ビューハ(針の陣形)などではこのバナーティの戦士が先陣を切って進み、敵の陣形とぶつかり合うと互いに一人が進み出て、一騎打ちを行い、どちらかが倒れた瞬間に、全軍が進撃を開始したという。バナーティとは本来は火の棒という意味だが、その後鎖の端に錘をつけたものを真ん中から回す形になり、現在は代わりにロープが使われる。昔は回転するバナーティによって、雨あられと降り注ぐ矢をすべて打ち払ったという。

コメント

今回は時期が悪く、学生の試験期間と重なり、練習を見ることはできなかった。けれど、スワロさん一家とベテラン・プレイヤーのデモを見ることができ、その妙技に舌を巻いた。基本的にケララやタミルで行われている棒術の回転技なのだが、同じ事をソリッドでないロープを使ってやるというのは、極めて難易度が高い。できたらマスターしてみたいと思う技のひとつ。

滞在

マスターの家はジャガンナート寺院のすぐ近くなので、Grand Road周辺に宿を取るのがいいだろう。100RS前後から宿泊可能。コーチングは月謝があいまいなので事前に確認のほどを。食事は町で外食、もしくは自炊になる。

アクセス

マスターの家は寺院裏手の複雑な路地を入った奥。ひとりでは難しいので事前に電話連絡すると案内してくれるだろう。弟子のBishnuさんが英語も話せ気さくなので、彼に連絡(メール)するといい。

                        Hanuman Akara                Youtube

住所

Neeladri Vihar Damodar Rd Baliapanda Puri Orissa India

SANY0251

 

SANY0235

マスター

Laxmi Narayana Guru (写真上真ん中)

沿革

マスターは代々ジャガンナート寺院で神様に捧げる食事を作るジャーティに属している。中世にムスリムが侵攻し武士階級のクシャトリアを殲滅してしまったので、それ以降、ブラフマンである彼らが、寺院を守護するためにクシュティの稽古を始めたという。マスターは清貧・清廉という言葉が相応しい人柄で、真の武人はかくありたいものだと思わずにはいられない。

コメント

小さなヒンドゥ寺院に付属する形でクシュティ道場がある。多くの生徒が稽古に励んでいるが、彼らの主目的はどうやらボディ・ビルにあるらしい。見栄えのする身体を獲得すると稽古を止めてしまいがちだと、ベテランがこぼしていた。

滞在

少し不便なところにあるので、市内ジャガンナート寺院の近くに泊まり、自転車などで通うのがベスト。月謝はただなので、心づけの寄付を道場へ。

アクセス

プーリーのビーチの南のはずれにあるLight House(灯台)から北西に入り、TVタワー鉄塔のふもとの小さなヒンドゥ寺院の中。連絡はカマル(写真上右)に。

                        その他の道場                 Youtube

道場名

Akhara Mangala Mukki Mahavir マスター:Hatti Pari Guru

SANY0559

住所

Load Jhagannath Dam Puri Orissa India   Mobile:9861110808

コメント

とても歴史のある広大な道場。クシュティをはじめバナーティや棒術など、総合道場だったが、現在ではほぼボディ・ビルと男達の親睦会場に限定されている。ただ、昔ならした古参弟子に頼めば、色々教えてくれる。

この道場も裏道をたどった果てにあるので、行くときは事前に電話をすべし。

道場名

Jhagannath Bhalaug    マスター:Kailash Sahoo Guru

SANY0612

住所

Ramchandi Sahi Near Presjapita P10 Puri-1 Orissa India

コメント

こちらも1913年設立と古いクシュティ道場。モダンなウェート・トレーニング・ジムを併設し、若い世代にも人気がある。マスター(写真左)はごっつい身体をしてすいすいとロープを登って行った。Grand Roadの中ほどを裏に抜けた場所にある。分かりにくいので、訪ねる時は連絡を。 Ph: 06752-233818

 

Home    © 2016 Sangam Institute of Indian Martial Arts. All rights reserved       Next