Madhya Pradesh

 

 

 

 

 

その名の通り、インド亜大陸のど真ん中に位置する海なし州。北をウッタル・プラデシュ州、西をラジャスタン州、南をマハラシュトラ州と接し、北インドのガンジス川流域の平野部と、デカン高原をつなぐ回廊に当たる。歴史的には重要な舞台となった土地だがその割に観光客の注目度は低い。

 

観光地としてはカーマ・スートラの彫刻で有名なカジュラホ、現存する最古のブッダ・ストゥーパのあるサンチー、インド四大聖地のひとつで12年に一度クンブ・メーラーが開催されるウジェイン、古都マンドゥ、古色豊かなヒンドゥの聖地オムカレシュワル、マヘシュワルなどがある。カジュラホ以外は観光客ずれしていない素朴な風情であふれているので、本来のインドらしい世界を味わいたい人はぜひここを旅して欲しいと思う。

 

またムスリム文化の影響を比較的強く受けていて、ある程度以上の大きさの町には、たいていムスリム街が存在し、独特のエキゾチックな風情を味わうことができる。中でも州都ボパールはムスリム文化の中心とも言える町で、巨大なマスジットや豪奢なパレス、旧市街のラビリンス的バザールを彷徨うのも楽しい。

 

武術に関しては、ベイトゥールなどの田舎には古式の形を保存した小さなクシュティ道場が散在し、ウジェインやインドールなどの大都市にはアカーラ・コンプレックスと呼びたくなるような複合施設が点在する。これらの都市型アカーラの人気は高く、多くの若者で賑わっている。ことクシュティに関しては次世代がしっかりと育っている印象を受けた。

 

 

 

 

Home © 2010 Sangam Institute of Indian Martial Arts. All Rights Reserved.  Next