Trivandrum 

どんな町?

 

Website

ケララ州の州都。現在はTiruvananthapuramが正式名称。ただ、発音が非常に難しいので外人にはTrivandrumのほうが便利。街は海岸にも程近い丘陵地帯に位置し、メイン・ストリートのM.G.Roadを中心とした新市街と、Padmanabhaswamy Templeを中心とした旧市街にくっきりと分かれている。KSRTC Bus Stand横のIndian Coffee Houseがその螺旋形の不思議なつくりで有名。

また、南インド随一のリゾート・ビーチ、Kovalamはここからバスで40分ほど。

アクセス

同じケララの都市からはバスが便利。Chennaiなど隣州Tamilnaduの都市からは夜行列車が便利。インド最南端のKanyakumariからもバスや電車があり、そう遠くはない。

また、スリランカからの空路が非常に近くポピュラーなので、日本からコロンボ経由もお勧め。インド上空に差しかかると、美しい海岸線のパノラマを楽しむ事ができる。

カラリ道場

ケララの中でもCalicutと並んでもっとも外国人がカラリパヤットにアクセスしやすい町。以下に紹介するCVNはまさにKalaripayattuのメッカ的な存在。

人情

さすがに州都だけあって人々は忙しげに行き来している。だが、基本的なケララ人の人の良さは地方都市と共通する。大学も多く、若い人の姿が目立つ活気のある街。また、大型の英語書籍店が多く、ケララ関係の本を探すならここが一番。英語も通じやすい。

交通

市バス、近郊・長距離バスともによく整備され本数も多い。

メインは州営のKSRTC Bus Standで、鉄道駅のすぐ前にあるので便利がいい。市バスも本数が多いが英語表記がないと乗りこなすのは難しい。

宿泊

鉄道駅、バススタンド周辺に安宿が集中している。安くてシングル150ルピーくらいから泊まれるが、中には外国人お断りの所も。300ルピー以上の中級ホテルなら質は高い。お勧めはKSRTCバススタンドから徒歩15分のSurya Tourist Home/Single200Rs少々不便だが真新しくきれい。慢性的に満室状態のトリヴァンドラムの中で、部屋数の多さから飛び込みでもいつでも泊まれる。

食事

さすがに州都だけあって、やや物価は高いが様々な選択肢がある。私のお勧めはBeef Masala。こってりとしたビーフ・カレーで、日本で食べたら2千円以上しそうなグルメが40ルピーほどで食べられる。メニューでBeef Curryとあるのはどちらかと云うとさっぱりとしたカレー汁になる。有名なIndian Coffee Houseも一度は入ってみたい。南インドのコーヒーは美味いぞ。

 

 道場リスト 

             C.V.N. Kalari Trivandrum          web site

住所

Fort, Thiruvananthapuram, 695023, Kerala, India

 

Tel 0471-74182

 

 

 

 

 

 

マスター

Sathya Narayanan Gurukkal                          mail

沿革

Kalariルネッサンスの立役者だったC.V.Narayanan Nair Gurukkalによってその歴史が始まる。現在頭にC.V.Nを冠するすべての道場が彼の直接あるいは間接的な弟子に当たる。いわばKalariの世界の嘉納治五郎か。だとすれば、この道場はさしずめ講道館に当たる。もともとケララ州政府との半官半民で始まった準国立の道場なのでその権威は高い。二代目でこれも盛名の高かったGovindankutty Gurukkal2006年の初頭に亡くなり、現在は3代目のSathya Narayanan Gurukkalがあとを継いでいる。

コメント

すべてに渡って非常に完成度の高い道場で、万人に勧められる。外国人受け入れ経験も豊富で、日本人も。写真のSathya師は非常に温厚な人柄で、若き日に3mのハイキックをしていたとはとても思えない。道場は伝統とモダンが見事に調和した美しいたたずまい。街の喧騒の只中にありながら、道場内の静謐はさすが。稽古は朝が師範の指導で、夕方は自主トレになる。

滞在

月謝1ヶ月千5百ルピー。道場内にあるゲストルームは1ヶ月2千ルピー。食事は外食になるが、町の中心に位置するので不便はない。ただ、滞在は最低6ヶ月。LetterをもらってStudent Visaを取るのが基本。何らかの武道、あるいはダンスなどの経験者は、例外的にツーリスト・ヴィザで3ヶ月の修行も受け入れるが、原則としてそれ以下の短期は不可。ただ、どうしても1ヶ月しか時間がどれない、と云うような人は直接相談を。

アクセス

MG Roadや鉄道駅からオートで5分ほどのEast Fort地区に位置する。周囲はにぎやかな門前町で、中心となるPadmanabhaswamy Templeも近い。Kovalamから来る場合は、終点のバススタンドから歩いて5分。

        Madhava Matam C.V.N. kalari        web site

住所

Pappanamcode, Thiruvananthapuram, 695018, Kerala, India

Tel 0471-490551

 

 

 Photo Album

マスター

R.Ramachandram Nair Gurukkal                        mail

沿革

Govindankutty Nair, Velayudhan Nair両師 に師事。1969年、Kollamkodeで道場を開き1992年から当地にて。地元の子供達を中心に、最近ではダイエット目的の大人も入門している。道場の正面にはAmrithanandamaiの写真が飾られている。本当に土臭いローカルなカラリを見たい人はお勧め。

コメント

Ramachandram Gurukkalは非常にいい面構えをした、いかにも武術家という硬骨漢。写真左側の古参弟子Mr.Rajeshは非常に錬度の高いパフォーマンスを見せる。稽古は朝晩1時間程度行われる。

滞在

外国人受け入れ歴はあるが、あまり慣れてはいない。Gurukkalは英語が話せないので誰かしらの通訳が必要。月謝は3千ルピー前後。宿はトリヴァンドラム市内か、パーパナムコッド周辺のLodgeになる。

アクセス

トリヴァンドラムのKSRTCバススタンド1番ホームからKannyakumari方面の市バスに乗り10分ほどのPappanamcode Bus stop下車。歩いて5分ほど。少し判りにくい路地の奥にあるので、近所の人に尋ねると良い。

web site      Indian School of Martial Arts      movie link

住所

TC15/854,Kalariyil,Cottonhill,Thiruvananthapuram,695010,

Kerala, India

Tel 0471-2232686

 

 

 

 

Photo Album

マスター

Guru Balachandran Nair                              mail

沿革

南派の象徴的なKalari。元軍の高官だったGuru Balachandran Nairは代々武術の師範の家系に生まれ、その失われた伝統を一代で再興した名士。Nairの血筋に大変誇りを持っており、若き日の写真を見ると現在の温厚な表情からは想像できないほどの凄まじい戦士面をしている。

コメント

一派単立の道場。Guruが心血と財力を注いで作り上げたアシュラムは見事の一語。また、非常に濃密な師弟関係をモットーにしており、その慈父のような人柄には惹きつけられる。また、本来Kalaripayattuが併せ持っていた宗教的な側面を重視しており、彼が主催するプージャは異文化体験としても貴重だ。

今回はちょうどスイスのTV撮影クルーと行き合わせて、貴重なDemonstrationを見させていただいた。ただし当方は写真禁止。よって室外の記念写真しかないのが残念。ここでのMeypayattuは北派に劣らない柔軟性を見せて、南派に対する先入観が覆された。

Dear Swamiji. Thank you very much for inviting us to great Demo !

滞在

自前のゲストルームを持ち、月謝、宿泊、食事、すべてひっくるめて1ヶ月12千ルピーは少し高めな設定か。だが、状況にもよるが基本的に毎日のGurukkalによるマッサージ付きなので内容には不満はない。また、10日程度のショート・コースも可。道場は2箇所にあるが、郊外のParasuvykkalにあるアシュラムが右の写真にあるように素晴らしい環境でお勧め。Gurukkalの本拠地も現在はこちらに移っている。彼は非常に忙しい人なので訪問の際はあらかじめのアポは必須。滞在は運がよければ彼とのマンツーマン的な交流が期待できる。詳細は直接連絡の事。

アクセス

上記の住所は市内のCottonhillにある道場で、町の中心からオートで15分ほど。ParasuvykkalのアシュラムはKannyakumari行きのバスに乗って40Parasuvykkal Bus stopで下車、歩いて10分ほど。

       Agasthyar Marma Institute of Martial Arts       

住所

C14/1489(2),Parisroad,Vazhuthakkad,Thiruvananthapuram,695010,

Kerala, India

Tel 0471-2338781

 

マスター

C.Anthony Ashan

沿革

南派の道場。Anthony氏はN Kurishnan Kuty, Mudavan mughal Ashanに師事。名前からも分かるように敬虔なクリスチャン。ちなみに南インドのクリスチャンは、みんなジョセフとかクリスとかいうバタ臭い名前を持っていて、妙におかしい。

コメント

クリスチャンと云うこともあるのか、他の道場とは微妙に雰囲気が違う。一言で言えば土臭くない、だろうか。今回簡単な演武を見せていただいた。写真下の関節技など、北派ではあまり見ることはできない。それから、彼の一人娘は飛び切りの南インド美人。って、関係ないね。

滞在

宿泊は民家の空き部屋をアレンジ可能。1ヶ月千5百ルピー。稽古は月謝で5千ルピー、最低3ヶ月とちょっと高めの設定。

アクセス

市の中心から7km。オートで15分。静かな住宅街にあり稽古は自宅の屋上で行われる。

Bodhi Dharma Institute of Martial Arts

住所

Poonthura, Thiruvananthapuram, Kerala, India

Tel 0471-2478283

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo Album

マスター

Poonthura Soman Gurukkal

沿革

1987年設立の比較的新しい南派の道場。Radha Krishnan Ashan に師事。Soman氏は弁護士でもあり、様々なKalari協会の要職を歴任する。英語も達者。Kalaripayattuの歴史などにも造詣が深く、興味がある人は訪ねるべし。TrivandrumでこことCVN本部を訪ねれば、カラリパヤットのおよその全体像がつかめるだろう。

コメント

Poonthuraは海岸に面した漁師町。道場も海に近い椰子の林の下にあって雰囲気は最高。Kerala Kalaripayattu Associationなどのメジャーな競技会で多数の入賞経験を持つ。今回はスケジュールが合わず稽古を見ることができなかった。次回は是非、お願いしたい。また、アルバムに収められた写真のほとんどを提供していただいた。プロが撮影したと思われる、らしい写真は、トップページも飾っている。

Dear Master, thank you so much for giving me very nice photos !

滞在

町の中にいくつか安宿がある。詳細は道場に問い合わせを。

アクセス

Kovalam行きと同じバススタンドから、Poonthura行きに乗って10km30分。下車後歩いて15分。

           Dhanurveda Kalari Kovalam (V.K.M.Kalari)   movie link

マスター

V.K.M.KalariBinay師の下で、K.C.Vineesh(25)が師範代として指導している。彼のパフォーマンスは非常に高い。                 mail

Mobile:9895304228

Vineesh:9846415349

 

住所

KovalamHotel Neptuneにオフィスがあるので訪ねるとよい。

コメント

ここは外国人専用のカラリ・バケーション向け。だが、侮るなかれその稽古の質は高い。C.V.N.TrivandramGovindankuthy Gurukkalの元で長年修行してきたLise Noelというフランス人女性がグルッカルの死後、こちらに移籍して稽古している。彼女のレベルも極めて高く、リゾートだから悪かろうという事は決してない。外国人がまず手始めに体験する場所としてもお勧めだ。

滞在

滞在はコーヴァラムのリゾートホテルがシーズンにもよるが1150Rs程度から泊まれる。稽古は1100Rs。コスト・パフォーマンスは高い。食事は自炊、もしくは近在のレストランだが、リゾートなので質と比べて割高になる。

アクセス

トリヴァンドラムの旧市街にある市バス・スタンドからコーヴァラム行きに乗り40分。終点ひとつ手前で降り、坂を下ってビーチ沿いに歩き10分でオフィスへ。

 

Home    © 2006 Sangam Institute of Indian Martial Arts. All rights reserved      Next