Kottayam 

どんな所?

 

バック・ウォーターの基点となる内陸の丘陵に発達した町。昔からクリスチャンが多く独特な建築・文化を今に伝える。Malayala Manoramaという、マラヤーラム語で発行される物ではケララ第一の新聞本社があることでも知られる。

アクセス

コーチンのErnakramからKSRTCバスで3時間。西海岸のAlappuzhaからはボート・トリップが楽しい。南のKollamからはバスで4時間。ただ、本数は少ない。

カラリ道場

今回取材した道場は皆戦後になってから他所から移住してきたもの。本来この地域にはカラリの伝統は希薄だったという。どの道場もC.V.N.の影響下にあり、C.V.N.East HillGopalan Gurkkalの流れを汲む。

人情

ムスリムの巡礼宿が沢山あったので入っていったら、すべて宿泊は断られた。町も歩くには広く散漫としていて、イマイチ印象が薄い。

交通

市バス、近郊・長距離バスともによく整備され本数も多い。メインは州営のKSRTC Bus Stand。私バスも沢山走っているが、州営とはまったく連携しておらず、ターミナルも違うので注意が必要。

宿泊

バス・スタンド周辺に点在するが見つけにくい。

食事

特に気づかなかった。クリスチャンやムスリムが多いので彼らの料理があるはず。

 

 道場リスト

web page    E.P.V. Ayurveda Kalari Yoga Centre    movie link

住所

Temple Road Kaduthuruthy Kottayam Kerala India

Ph: 04829-282422

 

 

Photo Album

マスター

E.P.Vasudeva Gurukkal  (写真下)                     mail

沿革

1959Vasu Gurukkalによって設立される。師匠はC.V.N.EasthillGopalan Gurukkal。その実戦的な思想によりC.V.N.TrivandramGovindankuthi Gurukkalと袂を分かつ。1970年代に撮影されたBBCWay of Worriorsに出演。当時は鋭い眼をした戦士そのものだった。

コメント

心の底に静謐を湛えたマスター。年齢は70歳を越え、世代交代が急速に進むカラリ界では貴重な長老。ヨガや瞑想も併修し、ケララの取材では最もスピリチュアルな印象を受けた。カドゥトゥルティの道場は自身と長男のMadhu氏が指導と治療に当たり、少し離れたPalaでは次男のShaji氏が独立して道場を開いている。

Dr. Shaji : Kathedral Church Road Pala Kottayam / Tel 04822-215644

滞在

滞在は道場近くのコッテージが1日100Rs。月謝は入門料500Rs。月謝200Rs。周囲は森に包まれた丘陵地帯で、海岸地方とは違うケララの魅力を味わう事ができる。食事は自炊。道具はすべて用意されている。非常に低い価格設定はVasu Gurukkalの武術を商売にしないポリシーの表れ。その志の高さには頭が下がる。

アクセス

コーチンからKSRTCKottayam行きバスに乗ってKaduthuruthy下車。歩いて5分。有名なSiva Templeのとば口にあるのですぐに判る。南のコッタヤムからErnakram行きのバスに乗って以下同様。

website    Sreepathy C.V.N.Kalari & Ayurveda Hospital movie link

住所

Cheruvandoor Ettumanoor Kottayam 686631 Kerala, India

Ph:0481-2536387

マスター

K.G.Muraleedhara Gurukkal (写真上)                      mail

沿革

現在地に設立されたのは1970年と比較的新しいが。非常に古い歴史を持つVaidyarという療術師の家系。言い伝えによると、グルッカルの先祖はカリカットのザモリン王の重度の肩こりを、濡れ手ぬぐいを巻きつけるだけで治したという。現在でも親族には医療に携わる者が多い。またグルッカルは若き日にカラテやレスリングなどの大会に出場し、国内外で入賞経験も多い。

コメント

何よりも目を引くのは治療院としての充実だろう。父と3人の息子がすべて武術・療術を修め、特に三男のSiju氏はアーユルヴェーダの博士号を持つ。その科学に裏打ちされた伝統療術を求めて、内外から患者が訪れている。

滞在

武術稽古、滞在、食事、すべて込みで一ヶ月400ドルから。その他にもマッサージの講習コースや、難病の治療コースなど。詳細は問い合わせを。

道場はEttumanoor Shiva Templeに程近い丘陵地にあり、周囲はゴムのプランテーションが優先する緑に溢れた環境だ。

アクセス

コッタヤムのKSRTCバススタンドから、Pala行き、もしくはErnakram行きのバスに乗ってエトゥマヌール下車。乗り換えてチェルヴァンドゥールに。徒歩5分。乗換えが分かりにくいので直接エトゥマヌールからリクシャで行ったほうが楽。

website         C.V.N.Swaroopam Kalari

住所

Nheru Stadium Kottayam 686001 Kerala India

Ph:0481-2584371

マスター

Yogachyarya Malabar P.Vasudevan Gurukkal            mail

沿革

この道場はC.V.N.ムーヴメントがマラバールから中南部ケララに進出したとき、拠点になった歴史的道場。一番上のE.P.Vasudeva Gurukkalも初期にはここで合流して活動し、その後分かれたらしい。父の亡きあと、現在は子息が跡を継いで道場を運営している。

コメント

時間の都合で稽古は見られなかった。外観はバラックのような室内体育館だが、その内部にカラリ道場が再現されているという変り種。地元の生徒が中心で、外国人は次ページの道場が一般的。

滞在

詳細は問い合わせを。

アクセス

コッタヤムのKSRTCバススタンドからリキシャで10分ほど。町のランドマーク的なネルー・スタジアムにあるので誰でも知っている。

 

Home    © 2007 Sangam Institute of Indian Martial Arts. All rights reserved       Next